• sgbc-devotion

使徒の働き1:15~19

2018年6月1日(金) ディボーション聖句 使徒の働き1:15~19 15 そのころ、百二十名ほどの兄弟姉妹たちが集まっていたが、ペテロはその中に立ってこう言った。 16 「兄弟姉妹たち。イエスを捕らえた者どもの手引きをしたユダについて、聖霊がダビデの口を通して預言された聖書のみことばは、成就しなければならなかったのです。 17 ユダは私たちの仲間として数えられており、この務めを受けていました。」 18 (ところがこの男は、不正なことをして得た報酬で地所を手に入れたが、まっさかさまに落ち、からだは真っ二つに裂け、はらわたが全部飛び出してしまった。 19 このことが、エルサレムの住民全部に知れて、その地所は彼らの国語でアケルダマ、すなわち『血の地所』と呼ばれるようになった。』 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 15節,神の実子・Jesusは、聖書のみことば通りに完全な生活を築いていましたが、30歳までは実家の家業である大工仕事をしたりなど、ごく普通の暮らしをしてきました。

あなたは、みことばに生きることと普通の暮らしには大差があると勘違いしていませんか?

なぜなら聖書は、Jesusや歴史に名を残した偉人クリスチャンたちも普通の暮らしもしていたと、教え説くからです。大切なのは、生きる姿勢、使命感など、生きる動機や何を大切に生きているかなのです。目をさましあいましょう。

そしてJesusは、30歳になった時、突然 父なる神のみことばの啓示を受けた為に、それから約3年(30~33歳)の間、出会う全ての人々に福音宣教や真理教育をしながらみことばで救霊活動をして、心霊体を癒して救う神の働きや奉仕活動に生活を 費やされたのでした。 このようにJesusは、たった3年間しか救霊活動や神の働きをしなかったのに、今や世界中から救い主として崇められており、世界中のクリスマスの主役となる神様として認められているのです。これが まさに神様にしかできない奇跡なのです。

そして聖書で...Jesusはその3年間に、数万人の相談者たちの全ての問題を みことばと祈りで完全に解決してあげたり、全ての重病患者をも癒しながら、Jesus信仰による天国行きの内定者たちを 選んで救い導いていたと教え説くのです。そして聖書は...もし、あなたが、何事が起きても、聖書のみことばを第一にしながら、真心からJesusを信頼する教会礼拝生活を築き続けるのなら、あなたの人生と死の問題やすべてBestに解決できると約束します。普通の暮らしをしながらも、神の国と神の義を 第一にできる教会礼拝奉仕、福音宣教活動、祈祷会さえ大切に参加し続ければ、人生や死後にひどい結末はあり得ないと、約束するのです。

あなたは何よりも神のみことば(永遠なる真理)を、そして、誰よりもJesusを 第一に信頼して暮らしていますか? なぜなら聖書は、何を、そして 誰を重視するかで、人生や死後の神様からの恩恵に大差が生じてしまうと預言するからです。個々の信仰生活のあり方や信じ方によっては、永遠に報われる幸福人生や虚しいご利益宗教の両極端になることもあるのです。Bibleとは、永遠なる幸福人生の取扱い説明書。神のみことばとJesusを 第一に信頼して生き続ければ、何をしても報われる幸福人生は容易いのです。

ルカ福音書17:17~18『主イエスは,癒しを求めた10人のらい病患者(現在でも不治の難病)を癒された後で、言われた。「10人きよめられ,癒されたではないか。9人はどこにいるのか。」』 「困った時の神頼み」「のど元 過ぎれば、熱さ忘れる」という ことわざがありますが...聖書は...多くの人たちは、何か問題がある時だけはJesus & Bibleのみことばに耳を傾けたり、神様を祈り求められますが、物事が解決したり、癒されてしまうと、何事もなかったかのように 元の不信仰な生活に戻る罪深いズルさや霊的無知さがあり、自分勝手で薄情な性質があると教え説きます。

あなたの信仰生活には、このような悪循環がありませんか? なぜならBibleで...聖書のみことばとJesus信仰とは問題を解決する為だけにあるのではなく、それよりも、あなたが永遠なる幸い感や永遠に揺るがない成功的かつ勝利的人生を築くための糧だと、教え説くからです。困った時の神頼み的なJesus信仰では、何をしても報われ続ける幸福人生はなし得ないと、教え説くのです。 あなたの信仰は、困った時の神頼み的なご利益宗教の罠に陥っていませんか? これらの点を しっかり吟味し続けることも重要だからです。 15節,Jesusは、ユダヤ中で 何十万人もの問題を解決して、重病を癒してあげたり、天国行きの救いやその資格を 与えてあげました。しかしJesusが十字架につき、死から復活して神の国に戻られると、わずか120名の弟子(クリスチャン)しか 戻ってこなかったのです。多くの人は皆、虚しいご利益だけを頂いて、裏切り散ってしまったのです。しかし聖書は、父なる神様はこのわずか120名から世界中に神の教会を造るご計画や不可能を可能にする教会形成の奇跡を 始められたのです。

あなたは、この日本にはクリスチャンが あまりいないとか、教会のJesus Familyたちが少ないとか卑下したことはありませんか?

なぜなら聖書は、少なければ少ないほど、問題が大きければ大きい程、あなたの神様は少数の本物のクリスチャンの祈りに神の奇跡を表されると、預言するからです。大切なのは、数や量ではなく、本物かどうかと質や動機なのです。

尚、この聖句の時代のユダヤは 現在の日本のJesus信仰者の1000分の1程しか いなかったのに、Bible&Jesus信仰のみことばと教会の奇跡は、あっという間に 世界中へ広まっていったのです。本物の信仰さえあれば、むしろクリスチャン人口が少ない国や都市の方が神の奇跡や百倍の報いは、圧倒的に起こりやすいのです。 すべては、あなたの信仰生活と姿勢次第なのです。しっかり胸に書き記して下さい。 ヨシュア記23:10「あなたがたのひとりだけで千人を追うことができる。あなたがたの神、主ご自身が、あなたがたに約束したとおり、あなたがたのために戦われるからである。」 そして聖書は、あなたが導かれた教会から教えられてきたJesus & Bibleのみことばを スポンジのように吸収しながら、しっかり毎日の生活に適用して生き続けるのなら、あなたの内なる聖霊は、あなたの代わりに苦難や試練と戦って下さるので、あなたは たった一人でも 1000人力の恵みや幸運をも引き出せると約束してくれます。Bible&Jesusのみことばと神の教会礼拝を 大切に生きているあなたは、何も恐れる必要などないと、約束するのです。目を覚ましあいましょう。

あなたは、聖書のみことば、福音宣教、教会礼拝、天に宝を積む奉仕を 大切に生活し続けているのに、未来や死後を不安視していませんか?

なぜなら聖書は、これら四つの神の使命を大切に生き続ければ、未来や死後も大崩れはしないと約束するからです。安心すべきです。 16~19節,神の救い主で、恩人でもあったJesusを 銀貨30枚で売ったのが 12弟子の一人,イスカリオテ・ユダでした。聖書は 使徒ユダのように神愛、隣人愛、家族愛、友愛よりも、経済や権力の魅力や快楽ごとに心奪われるようになると、段々と悪霊や悪い思考に毒されていって、やがて愛力が冷めていき、人生で大切なモノを見失いやすくなり、徐々に心霊も飢え渇いていくと預言します。使徒ユダも銀貨30枚や権力者とのコネクションを手に入れましたが、みことばと友愛を裏切った罪悪に後悔してしまい、自らのいのちを 断つことになってしまったのです。なぜならBibleは、人は皆、どんなに肉体が健康であろうとも、また富や地位に恵まれたとしても、真理や隣人愛を軽視し始めると、心霊が飢え渇きやすくなり、決して永遠なる幸福人生はなし得ないと、預言するからです。

第一ヨハネの手紙4:15~17『だれでも、イエスを神の御子と信じて告白するなら、神はその人のうちにおられ、その人も神のうちにいます。私たちは、私たちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛なのです。愛のうちにいる者は神のうちにおり、神もその人のうちにおられます。このことによって、愛が私たちにおいても完全なものとなりました。』 第一ヨハネの手紙4:18『愛には恐れがありません。全き愛は恐れを締め出します。なぜなら恐れには刑罰が伴っているからです。恐れる者の愛は、全きものとなっていないのです。』 しかしあなたは、日々のみことばから神愛と隣人愛を 充電していき、Jesusのような愛の御業や感動的な神の奇跡を表せると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たして、Bibleのみことばを 徹底的に信じて行える人たちにしてあげて下さい。 そうすれば、皆に神の情熱的な愛ちからと聖霊力が満ち溢れていき、神の感動的な奇跡が表れ続けるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.