• sgbc-devotion

使徒の働き1:5

2018年5月27日(日) ディボーション聖句 使徒の働き1:5 ヨハネは水でバプテスマを授けたが、もう間もなく、あなたがたは聖霊のバプテスマを受けるからです。』 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 では、聖句をあげてから説明します。 マタイの福音書28:18~19『イエスはこう言われた。「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマ(洗礼)を授けてあげなさい。』 マタイの福音書16:15~16『イエスはこう言われた。「あなたがたは全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。信じてバプテスマ(洗礼)を受ける者は、救われます。しかし、信じない者は罪に定められます。そして、信じる人々には次のようなしるしが伴います。すなわち、わたし・イエスの名によって悪霊を追い出したり、新しいみことばを語ったり、たとい毒を飲んでも決して害を受けなかったり、また、病人に手を置けば病人がいやされることもあるのです。」』 5節,では神の御子であり、世界人類の救い主と言われているJesusが 世界中に教え勧めている、神の子としての特別な権威と聖霊力を受けられるバプテスマ(洗礼)について、探っていきましょう。なぜならBibleは バプテスマ(洗礼)を受けると、受けないとでは、いつの日か 人生や死後に大差が生じると預言するからです。

あなたは洗礼を 終えられましたか?

現在、幼児洗礼者を含めると、世界人口の約3分の1の人々が、すでにバプテスマ(洗礼)を受けていると言われています。今や洗礼はクリスマスと同じ世界常識の一つに数えられているのです。あなたは、この現実をご存知でしたか?

5節,この「ヨハネ」とは、世界人類に初めて洗礼を授けることを 教え伝えた、神に選ばれし預言者で、洗礼者ヨハネのことです。

このヨハネは、血縁的には Jesusの肉親の従兄弟(いとこ)にあたる人で、彼は父なる神様のみことばを聞いて、世界中に罪のゆるしの洗礼式を言い広めた「洗礼者ヨハネ」とも、呼ばれている人なのです。 尚、洗礼者ヨハネは、当時、ヨルダン川の河畔で、人々に「悔い改め」のバプテスマ(洗礼式)を行なっていました。このヨハネの「悔い改めの洗礼」とは 道徳的な改心やただの宗教的な儀式ではなく、人間が生きるのに大切にすべき神信仰(真理)や隣人愛を軽視して、この世の富や個々の欲望を重視に生きてきた人々が その罪悪や過ち(自分勝手さ)を悔い改めて、神の赦しを求めて、永遠なる真理と隣人愛重視の価値観に悔い改める「回心」の意味があり、神の赦しの聖典の意味も含んでおりました。 このバプテスマ(洗礼)を受ける行為とは、決して 宗教的な儀式だけではなく、神の赦しを受けて清められる意味や効力もあり、神の御子・Jesusと隣人を信じ愛そうとする立派な信仰告白にもなり、父なる神様の存在と自らの人生での罪悪や過ちを素直に認め、神の恵みである水に浸ることにより神に清められて赦され、心新たに生まれ変わろうとする回心に必要不可欠な神が定めた礼典でもあるのです。 あなたはバプテスマ(洗礼)を ただのキリスト教の儀式として考えたことはありませんか? 神の永遠なる赦し、天国行きを確保するには、Bible&Jesusを信じて洗礼を受けなくてならないのです。 ヨハネ福音書14:16~18『主イエスは言った。「わたしは父なる神にお願いします。そうすれば、父はもうひとりの助け主・聖霊をあなたがたにお与えになります。その助け主がいつまでもあなたがたと、ともにおられるためにです。その方は、真理の御霊です。その方はあなたがたとともに住み、あなたがたのうちにおられるからです。わたしは、あなたがたを捨てて孤児にはしません。」』 そして聖書はJesusのみことばを信頼して バプテスマ(洗礼)を受けた人は皆、見えずとも、永遠の助け主・聖霊が与えられると約束します。 この聖霊は、Jesusと父なる神様と同質のHoly Spiritであり、あなたを永遠に見捨てずに幸福にできる人生の助け主で、神の霊感と無限の愛に満ちた神と同じ霊魂だと教え説くのです。 もし あなたが すでに洗礼を受けた人ならば、更に、神の愛力と聖霊力が満たされるように、本気で祈り求め続ければ、永遠に報われる幸福人生に近づけるのです。なぜならBibleは、人は皆、聖霊力とJesus Loveに満たされていくと、神のみことばや御心を 大切に生きられるように生まれ変わり、全ての必要が永遠に満たされ続けるようになれると、約束するからです。聖霊の満たしとJesusのLove を祈り求め続けることは、何よりも重要なのです。

また あなたの救い主Jesusは、バプテスマ(洗礼)を 受けて、永遠なる助け主「聖霊」を 授かることは、人生で何よりも重要な真理だと教え説きました。洗礼を 受け、日々のみことばを大切に生きられるように聖霊力の満たしを祈り求め続ける神の子たちだけが、Jesusのような感動的な奇跡や愛の御業を 任されるからです。しっかり 胸に書き記して下さい。 あなたは洗礼を受けましたか?

もし、洗礼を受けたなら聖霊に満たされ続けるように、日々 祈ることも大切です。聖霊の充電を祈り続けましょう。 また、もし あなたが洗礼を受けていないのなら、周囲の仲間から洗礼を受けるように勧められた経験はありませんか? もし、洗礼を勧められた経験があるのなら、ただJesusと仲間達を素直に信頼して、近い将来にバプテスマ(洗礼)を受け、あなたを永遠に助け導いて下さるJesusLove& Holy Spiritの力を伝授すれば良いだけです。素直に洗礼を 受けられなければ、神の永遠なる救い主聖霊はあなたに宿り続けることは皆無なのです。

あなたが、神様からの聖霊力と愛力に満ち溢れていき、Jesusのような感動的な奇跡や永遠に報われる幸福人生を 獲得できることを 祈ります。AMEN

(祈り) 主なる神様、皆にバプテスマ(洗礼)の重要な恵みを悟らせ、一人一人を聖霊とJesus Loveに満たして下さい。 そうすれば、皆の人生に 神の感動的な奇跡や愛の御業が任され、人生と死後の全必要も不思議に 満たされ続ける幸福人生になり変われるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.