• sgbc-devotion

ローマ信徒への手紙11:13~18

2018年5月2日(水) ディボーション聖句

ローマ信徒への手紙11:13~18 13

そこで、神を知らない異邦人の方々に言いますが、私は異邦人の為の神の使徒ですから、自分の務めを重んじています。

14

そして、それによって何とか私の同国人にねたみを引き起こさせて、その中の幾人でも救おうと願っているのです。

15

もし彼らが捨てられることが世界の和解であるとしたら、彼らの受け入れられることは、死者の中から生き返ることでなくて何でしょう。

16

初物が聖ければ、粉の全部が聖いのです。根が聖ければ、枝も聖いのです。

17

もしも、枝の中のあるものが折られて、野生種のオリーブであるあなたがその枝に混じってつがれ、そしてオリーブの根の豊かな養分をともに受けているのだとしたら、

18

あなたはその枝に対して誇ってはいけません。誇ったとしても、あなたが根をささえているのではなく、根があなたをささえているのです。 [聖句メッセージ]

昨日の続きです。

13節,『異邦人』とは神の選民・イスラエル人(神の子)以外の異国人の総称。また、Bible信仰を持たない未信徒たちの略称を意味します。

ローマ信徒への手紙15:9~12『いつの日か イスラエル人だけでなく、異邦人も、神のあわれみのゆえに救われて、神を礼拝するようになるのです。それは旧約聖書にこう書かれているとおりです。「それゆえ、私は異邦人の中で、主をほめたたえ、主の御名をほめ歌おう。」また、こうも書かれています。「異邦人よ。主の民とともに喜べ。」さらにまた、「すべての異邦人よ。主をほめたたえよ。もろもろの全ての国民よ。主をたたえよ。」さらにまた、イザヤ書がこう書いています。「エッサイの根が起こる。主は異邦人を治めるために立ち上がるお方である。異邦人はこのお方、主に望みをかけるようになる。」』

このように聖書は...神の御子Jesusの十字架贖罪信仰はすべての国々の人々に宣べ伝えられるようになり、世界中で崇められ 喜ばれるようになると、約2000年くらい前から預言されていました。そして聖書のみことばの預言通り、神の御子Jesus(主イエス)の誕生を祝う「Xmas」とJesus(主イエス)の復活を祝う「イースター復活祭」は、今や世界中、この日本でも祝われており、世界中の人々を喜ばせる神の偉大な祭典、福音として根付いているのです。このような神信仰や宗教は、後にも先にもJesus信仰(キリスト教)だけの神の奇跡なのです。そして聖書はJesus(主イエス)の預言通り、すべての聖書のみことばは全て成就すると預言しています。神の御子Jesusの十字架贖罪信仰を信じて、神のみことばを生き様に悔い改め続ければ、神の赦しと永遠なる天国人生が約束されており、神の御子Jesusの贖罪信仰を信じ求められず、悔い改めなければ、自分の人生での罪悪や過ちを償うことになり、未来や死後に神の永遠なる裁きを刈り取らなければならないと、預言するのです。尚、メリークリスマスとは、「めでたい、あなたの救い主キリストの祭り! 」と言う意味になるのです。Jesus信仰を信じて、真理なるみことばで悔い改め続ければ、永遠にめでたい幸福人生が待っているのです。

使徒の働き9:18『主はこう言われた。「あのパウロは、わたしイエスの名を、異邦人、王たち、イスラエルの子孫の前に運び伝える、わたしの選びの器です。』

13~14節,この新約聖書「ローマ信徒への手紙」の著者・使徒パウロは、約1950年位前に、神様が異邦人(ユダヤ人以外の異国人)の救霊の為に立てた、世界人類初の宣教師となった牧師でもあります。また聖書は「神の子」とされたあなたも 周囲の人々を救霊する福音宣教をする為に、神様から選ばれていると、教え説くのです。これら、人生と死の真理と摂理を しっかり胸に書き記して下さい。なぜなら聖書は、人生と死の真理や神様からあなたへのご計画や摂理を 知らない人生と死は惨めに終わると、預言するからです。肝にめいじあいましょう。

そして聖書は、福音宣教(救霊)の使命に情熱を燃やそうとする者たちだけが、使徒パウロたちのような、神の特別な奇跡や肉体の死後の幸福人生を確信できると約束しています。自分の計画と欲望や本能を重視して生活している人に、神の偉大なる奇跡と肉体の死後の天国人生の希望は悟れないのです。肝に命じあいましょう。

あなたは、あなたの生きる意味と使命や、肉体の死後、あなたは どうなるのかを しっかり知りながら、生きていますか?

それとも、なぜ 生まれて、何をすべきであり、肉体の死後、どうなるのか?それをあまり分からない、虚しく惨めな未来や死に向かっていませんか?

なぜなら聖書は、神の御子Jesusの贖罪信仰と人生と死の真理であるみことばを 祈り求め、周囲の人々に福音宣教する使命を 怠れば、未来や死は虚しく惨めに散るしかないと預言するからです。目をさましあいましょう。

現在のあなたは福音伝道の使命の為に、いったい、誰の為に祈り、そして宣べ伝えるべきでしょうか?何人の福音伝道活動を進めていますか?

あなたを通して、数多くの人々が救われ、人生と死の意味、真理、使命を 獲得できる人々が多数起こされることを期待します。あなたの内なる聖霊は、その為の救い主だからです。

14節,また聖書は、あなたの父なる神様は、不信仰に陥った為に、霊的にどん底に落ちぶれたイスラエル人たちを、決して見捨てようとしたのではなく、神を知らない異邦人たちが ご自分の御子Jesusの十字架贖罪信仰を通して救われていくのを見させ、イスラエル人たちにねたみを引き起こさせて、少しでも多くのイスラエル人たちの霊の目を醒まして救おうと、考えられたと教え説きます。

このように聖書は...あなたの神様は 一人でも多くの人々が救われるためなら、どんなことでもしようと考えて下さる哀れみ深いお方だと教え説くのです。あなたが誰かをねたんでいるなら、それはあなたを悔い改めさせて救おうとする神様の摂理やご計画が隠されているのです。目をさましあいましょう。

16節『初物が聖ければ、粉の全部が聖いのです。根が聖ければ、枝も聖いのです。』

この「初物」とは世界人類で唯一、完全に聖いお方である、神の御子Jesus(主イエス)の事を指しています。そして「粉の一粒一粒」とは、神の御子Jesus(主イエス)の十字架上の身代わりの死と弁護を信じて、贖われて救われた神の子一人一人のことを指しているのです。

このように聖書は、神の御子Jesusの十字架上の血潮で贖罪されたクリスチャンたちは聖霊を受けられる為に、ただそれだけで、聖くなれると約束します。神の御子Jesus(主イエス)を信じた あなたの心は、Jesusのおかげで清くなれたため、あなたの祈りはみことばさえ大切に生き続けられれば、父なる神様に聞かれるようになったと約束するのです。あなたの祈りは、あなたが罪深くても、今日から悔い改めれば、神の御子Jesusの十字架贖罪信仰のおかげで聞き届けられるのです。この真理を堅く信じて祈りつつ、悔い改め続ける人は皆、必ず報われるのです。

また聖書は 神の御子Jesus信仰を持ったあなたの心霊は、見えずとも、神の聖霊と霊魂の根が繋がっていると約束します。そして、もしあなたが 日々のBibleのみことばを 信じて従おうとするのならば、あなたは神の枝とされていき、絶えず、神様からの栄養分(油注ぎ)や知恵が注がれると約束するのです。こうして、日々のディボーションを読み蓄え、そして祈りつつ悔い改めて生きる人は皆、神の聖霊力や永遠なる幸運が増し加わっていくと教え説くのです。ただただ、日々のBibleのみことばと内なる聖霊の根に期待して生き続ける者は皆、必ずいく倍も報われるのです。しっかり 胸に書き記してください。

マタイ福音書13:19~23Jesusは言った。『みことばを聞いても悟らないと、悪い者が来て、その人の心に蒔かれたものを奪って行きます。道ばたに蒔かれるとは、このような人のことです。また岩地に蒔かれるとは、御ことばを聞くと、すぐに喜んで受け入れる人のことです。しかし、自分のうちに根がないため、しばらくの間そうするだけで、みことばのために困難や迫害が起こると、すぐにつまずいてしまいます。また、いばらの中に蒔かれるとは、みことばを聞くが、この世の心づかいと富の惑わしとが御ことばをふさぐため、行いが伴わずに、実を結ばない人のことです。ところが、良い地に蒔かれるとは、御ことばを聞いてそれを悟り行う人のことで、その人は根がしっかりしており、ほんとうに実を結び、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結びます。」』

そして聖書は、全くブレることのない神の聖霊の根を張って永遠なる幸福人生を刈り取るのに大切な事は、日々のBibleのみことばを地道に蓄えながら祈り、聞いたみことばを 出来る限り早く実践適用するという姿勢と生活の積み重ねだと、教え説きます。ただただ Jesu&Bibleに期待しながら、少しでも早く悔い改めようと尽力しつつ、一歩でも前に歩み出そうとするならば、その人は永遠に報われると約束するのです。AMEN

(祈り) 主なる神様、皆に 毎日のBibeのみことばから神の聖霊力と知恵を増し加え、しっかりとした、神様の使命に生きる信仰の根を 張れるよう助け導いて下さい。

そうすれば皆、今よりも百倍以上の報いや永遠なる天国人生への確信と幸福感を引き出せるからです!主イエスのお名前で 期待して祈ります。AMEN!!!

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「