• sgbc-devotion

ローマ信徒への手紙11:7~12

2018年5月1日(火) ディボーション聖句

ローマ信徒への手紙11:7~12

7

では、どうなるのでしょう。イスラエルは追い求めていたものを獲得できませんでした。神に選ばれた者は獲得できましたが、他の者は、かたくなにされたのです。

8

こう聖書に書かれているとおりです。「神は、彼らに鈍い心と見えない目と聞こえない耳を与えられた。今日に至るまで。」

9

ダビデもこう言います。「彼らの食卓は、彼らにとってわなとなり、網となり、つまずきとなり、報いとなれ。

10

その目はくらんで見えなくなり、その背はいつまでもかがんでおれ。」

11

では尋ねましょう。彼らがつまずいたのは倒れるためなのでしょうか。絶対にそんなことはありません。かえって、彼らの罪や違反によって、救いが神を知らない異邦人たちに及んだのです。それは、神の民たちにねたみを起こさせるためです。

12

もし彼らの罪や違反が世界の富となり、彼らの失敗が神を知らない異邦人たちの富となるのなら、彼らの失敗と完成は、それ以上の、どんなにかすばらしいものを、もたらすことでしょう。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

7節,聖書は『イスラエル人』たちは神様の特別な選民(神の子)であったのに、それぞれが神の特権と権威のおかげで平和ボケに陥って自分勝手になり過ぎて、神のみことばと神の御子Jesusに反抗してしまった為に、結果、神の感動的な奇跡と永遠なる天国行きを逃してしまったと、教え説きます。

あなたは、昔のイスラエル人たちのように死後の永遠なる救いや、ある程度の人生の恵みを受けられていると安心しきってしまい、神礼拝や聖書のみことばを 大切に生きることを 怠ってしまっていませんか?

なぜなら聖書は...あなたの神様は神の子(クリスチャン)たちだけの神様ではなく、天地万物の創造主なる神様でもあるため、毎週の神礼拝や日々のBibleのみことばを軽んじる高慢と怠慢に陥れば、破滅的人生で終わると預言するからです。神礼拝や聖書のみことばを 大切に生き続ける神の民たちは永遠にいく倍も報われますが、神礼拝や聖書のみことばの違反をし続ける神の民たちは、破滅的人生を強いられると預言するのです。肝にめいじあいましょう。

マタイ福音書22:14Jesusは言った。『父なる神に招かれる人は沢山いますが、選ばれる人、つまり神の好意を素直に受け取る人はごくわずかです。』

第一サムエル16:7『主は仰せられた。「人の容貌や持ち物、背の高さなど、見せかけを見てはならない。わたしは見かけだけの人を退ける。主は人が見るようには人を見ないからだ。人はうわべを見るが、主は心を見る。』

8~12節,このように聖書で...あなたの神様はイスラエル人(神の子・クリスチャン)だけではなく、すべての人々に平等な愛と同じ救いのみことばを送られると教え説きます。そして聖書は...あなたの神様は神愛(礼拝)とみことばを拒んで霊的に眠り続けて生きる人々を、やむを得ず、そのまま 試練に合わせながら放って置かれると、忠告します。永遠に報われる幸福人生を刈り取るか、また破滅的人生を刈り取るかは、個々の人々の信仰による姿勢と生き様次第だと、教え説くのです。肝に命じあいましょう。

ヨハネ黙示録3:17~18神は言われた。『あなたは、自分は富んでいる、豊かになった、乏しいものは何もないと言っているようだが、実は自分がみじめで、哀れで、貧しくて、盲目で、裸で死んでいく者であることを忘れている。わたしはあなたに忠告する。豊かな者となるために、火で精錬された金となるみことばをわたしから買いなさい。また、あなたの裸の恥を現さないために着る白い衣となるみことばの知恵を得なさい。また、霊の目が見えるようになるため、目に塗る為のみことばの目薬を入れなさい。』

また聖書は、日々のBibleのみことばから 自分自身の罪悪、過ち、弱さや足りなさを悟って、祈り悔い改め続けようとする素直で純真な人は皆、何度失敗したとしても、Jesus(主イエス)の十字架のみことばでゆるされ、神の永遠なるチャンスを獲得できると約束してくれます。神礼拝や日々のみことばを 大切にして悔い改め続けるのなら、Jesus(主イエス)の十字架のみことばは 神の救いと奇跡をもたらせるのです。しっかり 胸に書き記して下さい。

あなたは、神礼拝や日々のみことばを大切に悔い改め続けようとしている神の民ですか?

それとも、神礼拝や聖書のみことばを 軽んじる神の違反者ですか?

これらの点を 吟味し続けることが 何よりも重要だからです。

ヨハネ福音書5:24~29Jesusは言った。『まことに、まことに、あなたがたに告げます。わたしのみことばを聞いて、わたしを遣わした父なる神を信じる者は、永遠のいのちを持ち、さばきに会うことがなく、死からいのちに移っているのです。まことに、まことに、あなたがたに告げます。死人が神の子の声を聞く時が来ます。今がその時です。そして、みことばに聞く者は永遠に生きるのです。それは、父なる神がご自分のうちにいのちを持っておられるように、子イエスにも、自分のうちにいのちを持つようにしてくださったからです。また、父なる神はさばきを行う権利を子イエスに与えられました。御子は人の子として、みことば通りに生きたからです。みことばから善を行った者は、よみがえっていのちを受け、悪を行った者は、よみがえってさばきを受けるのです。』

また聖書は、神の御子Jesus(主イエス)の十字架上の身代わりの死と弁護を祈り求めて悔い改め続けようとしている あなたは神に良しとされており、肉体が死んでも永遠に生きられると、約束してくれます。そういう人生なら、もう、死や何ものも恐れる必要がないと約束するのです。

ヨハネ福音書15:14Jesusは約束した。『わたしが、あなたがたに命じる御ことばをあなたがたが行うなら、あなたがたは、もう、わたしの友です。』

そして、今日からのあなたは 毎週の神礼拝や日々のBibleのみことばを喜んで、大切にする生活習慣となっていき、いつの日か 神の友と認められるようになって、Jesus(主イエス)のような大きな感動的な奇跡や永遠に報われる幸福人生を刈り取れるようになれると、期待します。

なぜなら、それこそが 毎週の神礼拝を大切にして、日々のみことばで悔い改め続けようとする素直な人々に与えられた神の約束だからです。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、毎週の神礼拝や日々のBibleのみことばを 大切に生きる、素直な神の子として下さい。

そうすれば 皆、Jesus(主イエス)のように、神の感動的な奇跡や永遠に報われる幸福人生を刈り取れるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。Amen!!!

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「