• sgbc-devotion

ローマ信徒への手紙10:12~17

2018年4月28日(土) ディボーション聖句

ローマ信徒への手紙10:12~17

12

ユダヤ人と異国人との区別はありません。同じ主が、すべての人間の主であり、主を呼び求めるすべての人に対して恵み深くあられるからです。

13

「主イエスの御名を呼び求める者は、だれでも救われる」のです。

14

しかし、信じたことのない方を、どうして呼び求めることができるでしょう。聞いたことのない方を、どうして信じることができるでしょう。主イエスを宣べ伝える人がなくて、どうして聞くことができるでしょう。

15

あなたがたが遣わされなくては、どうして福音を 宣べ伝えることができるでしょう。次のように書かれているとおりです。「良いことの知らせを伝える人々の足は、なんと立派でしょう。」

16

しかし、すべての人が福音に従ったのではありません。「主よ。だれが私たちの知らせを信じましたか」と預言者イザヤは言っています。

17

そのように、本物の信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

では、聖句をあげてから説明します。

創世記1:1,1:27『初めに、創造主なる神が天と地の全てとを創造された。そして、神は人をご自身のかたちに似せて創造された。まず、神のかたちとして男を創造してから、男と女とに彼らを分けて、創造されたのである。』

創世記9:3『大洪水の後、神が生かされたノアの息子三人たちから、現在の全世界の民達は分かれ出たのである。』

12節,このようにBibleは あなたの神様は全宇宙、この地球の天地万物の創造主なる神様だと、教え説いています。聖書の教えるあなたの神様は世界人類の全ての父なる神様であり、全世界の主権者である神様だと、教え説くのです。この聖書のみことばを堅く信じて、神の御子Jesusの十字架贖罪信仰を 祈り求め悔い改め続ける人は皆、永遠にいく倍も報われて救われるのです。

マルコ福音書12:29~30『イエスは答えられた。「一番大切な人生の戒めはこれです。「人々よ、聞け。われらの神である主は、唯一の主である。心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ」』

13節,そして聖書は、神の御子Jesusのお名前を呼んで、その十字架贖罪信仰で神礼拝する人は皆、誰でも、永遠に神様から赦されるチャンスに恵まれると約束します。神の御子Jesusのお名前を祈り求めつつ、日々のみことばを通して悔い改め続ける あなたの肉体が死んだとしても、あなたの霊魂は、新しい霊的カラダが与えられ、永遠なる天国人生を生きられると約束するのです。神の赦しと永遠なる天国人生のチャンスを確保できるのか。はたまた、永遠のチャンスを棒にふる破滅的な人生と死で終わるかは、当人の信仰と生き様次第だと教え説くのです。肝にめいじ 目をさましあいましょう。

ヨハネの福音書14:6『イエスは言われた。「わたしが道であり、真理であり、永遠の命なのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父なる神様のみもとに来ることはありません。』

また聖書は、Jesus(主イエス)のお名前を礼拝する十字架贖罪信仰は、世界中の貧困者や餓死者を無視してまで、自分勝手な思考と欲望や経済を重要視して生きている、肉他の死後の裁きが確定している人々の唯一の神様の救いの道であり、世界人類のすべての罪悪や過ちをゆるせる、唯一の神様とのコネクションになれると、教え説きます。聖書は、自分本位な生活をしている人は皆、神の御子Jesusの贖罪信仰による神礼拝なくして、神の赦しと天国人生などあり得ないと教え説くのです。

あなたは神の御子Jesusの十字架上の贖罪信仰による神礼拝なくして、神様の赦しや肉体の死後の永遠なる天国人生を獲得できると、勘違いしたことはありませんか?

また、あなたの周囲には、肉体の死後、神の裁きやジャッジがあることを知らずに生きている絶望的な人はいませんか?

なぜなら聖書は...あなたは周囲の人々に神の赦しと永遠なる天国人生の救いを 宣べ伝える為に生かされていると教え説くからです。神の御子Jesusの贖罪信仰による 神の赦しなくして、人生の幸福と死後の救い(天国人生)などなし得ないと、教え説くからです。目をさまして、周囲に福音宣教してあげて下さい。聖書は、福音を伝え、真理を教える人がいなくては、永遠なる幸福人生はあり得ないと忠告するからです。

マタイ福音書10:7神の御子Jesusは全ての人々に命じました。『あなたがたは 出て行って「天の御国が近づきました。主イエスを信じなさい。」と宣べ伝えなさい。』

このように聖書は、神の赦し、天国人生のチャンスを獲得できた あなたは、周囲の人々にJesut(主イエス)のお名前と十字架贖罪信仰による永遠なる救いや、人生と死の真理であるみことばを宣べ伝える神の国の伝道者としての責任や義務があると、教え説きます。そしてBibleは、神に救われた「神の子」たちが この神の国の伝道者としての使命を 外れて生きれば、永遠なる幸福人生を悟れず、迷い多き、物足りない人生に成り下がると、預言するのです。

あなたは、神の赦しと永遠なるチャンスを獲得できた人々に与えられている 神の国の伝道者としての使命や責任を しっかり果たそうとしていますか?

なぜなら聖書は、神の国の使命と責任を第一に生きようと尽力しなければ、人生の未来や死は不安に支配されてしまうと、忠告するからです。あなたは未来や死が 不安だと感じたことはありませんか?

あなたはこの国の神の希望の光となるべき神の選民なはずです。ですから聖書は、そのあなたが神の国の福音宣教による使命や義務を軽んじれば、神の希望の光は衰え果てて、不安に支配されてしまうと忠告するのです。しかし聖書は、神の国拡大の使命と義務を 自覚して、神の国の伝道者としての人生へパラダイムシフトする人は皆、神の感動的な奇跡と幸福人生の恩恵を獲得できると約束するのです。しっかり 胸に書き記して下さい。

14~15節,そして聖書は、もし あなたがJesus(主イエス)の十字架のみことばを宣べ伝えなければ、あなたのご家族と周囲の人々は神の国とのパイプとコネクションが得られず、永遠なる人生とチャンスを見失うと、忠告しています。永遠の人生とチャンスを受けられた あなたには、それ相応の責任や使命も伴うのです。目をさまして、一人でも多くの人々にJesus(主イエス)の贖罪信仰による永遠なる救いを 宣べ伝えてあげて下さい。あなたには不可能と思えても、あなたの内なる聖霊にはそれができるからです。

マタイ福音書28:18~20『復活されたイエスは、最後に、こう言われた。「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。それゆえ、あなたがたは出て行って、あらゆる国の人々を救いなさい。そして、父なる神、子イエス、聖霊の御名によって洗礼を授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべての御ことばを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」』

15節,天地万物の主なる神様は言われました。『良いことの知らせを伝える人々の足は、なんとりっぱでしょう。』

このように聖書は、日々のマイペースな生活習慣や個々の欲望だけに縛られず、神の国拡大の福音を宣べ伝えることで、一人でも多くの人々を救う隣人愛を大切に生きる人は皆、神の認める立派な人生であり、そういう人には神の御子Jesusが起こした感動的な奇跡や永遠なる幸福人生も任されると、預言します。聖書は人生で何よりも大切な使命とは、実はJesus(主イエス)の永遠なる救いを宣べ伝える愛の使命だと、教え説くからです。人は皆、一人で裸で生まれでて、一人さびしく死んで行くもの。神の国拡大の福音を宣べ伝えなくては、人生や死に希望などないと教え説くのです。目をさましあいましょう。

マタイ福音書22:14(現代訳)『神様に招かれる人は沢山いますが、選ばれる人、つまり神の好意を素直に受け取る人はごくわずかです。』

16~17節,そして聖書は、全ての人々が神に選ばれる訳でもなく、また、誰もがみことばに素直になれて神の奇跡や永遠なる幸福人生を獲得できる訳でもなく、世界中の全員が神の国(天国)に行ける訳でもないと、教え説いています。あなたの神様は一人一人の本質とその人の生活習慣や心霊の深みや悔い改める姿を 見られるのです。

しかし、あなたは、Jesusの十字架贖罪信仰を堅く信じて悔い改める人生を築き、周囲にも滞りなく福音宣教する立派な人になり、永遠なる幸福人生を獲得できる逸材だと期待します。あなたの内なる聖霊はその為の救い主だからです。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、Jesus(主イエス)のお名前と十字架のみことばを 周囲に福音宣教し続けることを 第1の使命とする、立派な人生を 築けるように助け導いて下さい。

そうすれば 皆、周囲の大切な人々を救い導きながら、永遠なる幸福人生を 獲得できるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「