• sgbc-devotion

ローマ信徒への手紙10:6~11

2018年4月27日(金) ディボーション聖句

ローマ信徒への手紙10:6~11

6

しかし、信仰による義はこう言います。「あなたは心の中で、だれが天に上るだろうか、と言ってはいけない。」それはキリストを引き降ろすことです。

7

また、「だれが地の奥底に下るだろうか、と言ってはいけない。」それはキリストを死者の中から引き上げることです。

8

では、どう言っていますか。「聖書のみことばはあなたの近くにある。あなたの口にあり、あなたの心にある。」これは私たちの宣べ伝えている信仰のみことばのことです。

9

なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。

10

人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。

11

聖書はこう言っています。「主イエスに信頼する主者は、失望させられることがない。」

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

6~7節,このようにBibleは、誰が神の国(天国)に行けて、誰が地獄(ゲヘナ、ハデス)におとされるのかなどと、あれこれ詮索や噂などせず、そんな暇があるのなら、神を恐れて真理を指針としながら、周囲に天国行きの福音を 宣教すべきだと教え説きます。なぜなら誰が天国に行き、誰が地獄に堕ちるのか、それを決められるのは天の父なる神様の領域であり、人は皆、それらを言及する資格など全くないと、教え説くからです。そういう余談は避けて、ただ、神の御子Jesusの十字架とそのみことばを仰ぎ見続けて神の教会で礼拝しながら、自分自身の救いに努めれば良いだけと教え説くのです。すべてはあなたの生き様と天の神様次第だからです。目をさましあいましょう。

ローマ信徒への手紙5:8~10『しかし私たちが、以前、神の御心を無視して生きた罪人であったとき、キリストイエスが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。ですから、今すでにイエスキリストの十字架の血潮の贖いを信じて、義と認められた私たちが、イエスのおかげで、神の怒りから救われるのは、なおさらのことです。もし、昔、神の敵のようであった 罪深い私たちが、御子イエスの死によって神と和解させられたのなら、和解させられた私たちが、イエスの命の身代わりによって救いにあずかるのは、なおさらのことです。』

マタイ福音書5:18Jesusは言った。『まことに、あなたがたに告げます。天地が滅びうせない限り、聖書の律法の中の一点一画でも決してすたれることはありません。全部が成就されます。だから、聖書の戒めのうち最も小さいものの一つでも、これを破ったり、また破るように人に教えたりする者は、天の御国で、最も小さい者と呼ばれます。しかし、御ことばを守り、また守るように教える者は、天の御国で、偉大な者と呼ばれます。』

そしてBibleは、人は皆、自分自身の身勝手さと人生での罪悪と過ちを真心から省みて、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護(贖罪信仰)を祈り求めて 悔い改め続けるのなら、それだけで神様と和解できて、必ず 神の国(天国)行きの内定が受けられると約束してくれます。神の御子Jesus贖罪信仰とあなたとの関係性や、永遠なる真理であるみことばを しっかりと 胸に刻みつつ悔い改め続ければ、永遠に救われるのです。

あなたは神の御子Jesusの十字架上の犠牲の愛のおかげだけで、神様の赦しや永遠なる天国人生のチャンスを受け取れた恵みを感謝しながら信仰生活を 築けていますか?

それさえ確保できれば、永遠に安泰だからです。神礼拝(神愛)と隣人愛(福音宣教)やみことばを 大切に生き続ければ、何も問題ないと約束するのです。

9節『もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです』

また聖書は...今日の聖句通り、もし、あなたが神の救い主Jesusは、天地万物の主権者である神の実子(後継ぎ)であり、そのお方が十字架上で、自分自身の身代わりの完全ないけにえとなって命を捨てて贖罪して下さったと信じ告白して、神の御子Jesusは死からよみがえって、あなたを天国まで永遠に助け導いて下さると、子どものように素直に夢見て悔い改め続けるのなら、必ず、永遠に救われると約束します。それさえできれば、何の心配もせずに、ただ Bible&Jesusのみことばを 日々吸収しながら、堅く信じて悔い改め続ければいいと、教え説いているのです。BibleのみことばとJesusの教会から語られるBibleに耳を傾けて悔い改め続ける人は皆、永遠に安泰なのです。

8~11節,このように聖書は...もしあなたが 神のみことばを信頼して聞き従い続けようと尽力するならば、神様は あなたの面倒を永遠に保証して下さると、約束してくれます。天地万物の創造主なる神様は人間とは違い、真実と完全な完璧な愛なるお方なので、ご自分を信じて従う人々を、決して失望させることがありません。

あなたは、ただ安心して Bible&Jesusのみことばについていけば、永遠に失望などあり得ないと約束するのです。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護(贖罪信仰)による永遠の神の赦しと、神の御子Jesusの復活信仰(死後の天国人生)を 確信させて、日々 悔い改め続けられるように助け導いて下さい。

そうすれば、死や何ものも恐れず、また何ごとにも縛られなくなって、永遠の自由を体感しながら みことばに生きられるようになり、神の圧倒的な奇跡、成功、繁栄、幸福人生を獲得できるからです!主イエスのお名前で 期待して祈ります。AMEN!!!

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.