• sgbc-devotion

ローマ信徒への手紙9:22~26

2018年4月24日(火)

ディボーション聖句

ローマ人への手紙9:22~26

22

ですが、もし神が、怒りを示してご自分の力を知らせようと望んでおられるのに、その滅ぼされるべき怒りの器を、豊かな寛容をもって忍耐してくださったとしたら、どうでしょうか。

23

それも、神が栄光のためにあらかじめ用意しておられたあわれみの器に対して、その豊かな栄光を知らせてくださるためになのです。

24

神は、このあわれみの器として、私たちを、ユダヤ人の中からだけでなく、神を知らない異邦人の中からも召してくださったのです。

25

それは、旧約聖書のホセア書でも言っておられるとおりです。「わたしは、わが民でない者をわが民と呼び、愛さなかった者を愛する者と呼ぶ。』

26

『あなたがたは、わたしの民ではない』と、わたしが言ったその場所で、彼らは、生ける神の子どもと呼ばれる。」

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

では、聖句をあげてから説明します。

創世記18:19~20,32創造主なる神様は言われた。『「わたしが彼らを特別に選び出したのは、彼らがその子孫達と、彼の後の家族達とに命じて、主の道と御ことばを守らせ、正義と公正とを行わせるためであった。それはわたしが、アブラハムについて語った御ことばの約束を、神の民たちの上に成就するためである。しかし、今のソドムとゴモラの大都市の状況は、非常にひどく、また、彼らのわたしへの罪はきわめて重い。彼らは、御ことばの公義と公正を、全く無視して、子孫達にも教えようとせずに、好き勝手に生きている。」これらの主の怒りの御ことばを聞いたアブラハムは、主に祈った。「主よ。どうかお怒りにならないで下さい。今一度だけ私の祈りを聞いて下さい。もしや、その街に10人だけでも、御ことばからの正しい道に生きている人が、見つかるかもしれません。どうか、10人でもいましたら、災いを起こさないで下さい。」すると主は仰せられた。「もしその街に、10人、みことばに生きる者がいるのならば、滅ぼすまい。その10人のためにゆるそう。」』

22節,このように聖書で...創造主なる神様は 人命、人心、隣人愛と神信仰よりも自らの欲望や快楽に没頭して、自分勝手に生きている個人や社会に対して、様々な試練や天変地異、事故災い、病気などを用いて警告を発して、悔い改めを促されると教え説きます。

あなたに降りかかる諸々のピンチと事故や、この国の天変地異などの災害は、あなたとあなたの関わる国を より良く、希望ある世界に修整する為の神のしるしや警告だと教え説くのです。あなたに降りかかっているピンチや事故災いには、あなたへの神様からのメッセージや警告が 隠されていませんか?

なぜなら聖書は、あなたに降りかかる試練や事故災い、病魔には、神様からの隠されたメッセージや警告が隠されており、その神のメッセージや警告を通して、悔い改める人は皆、より良くなり、新しく恵まれる人生に造り変えられるチャンスだと預言するからです。チャンスを生かすか、殺すかは当人次第。しっかり 胸に書き記して下さい。

また聖書は...日々、神の教会から語られるBibleのみことばとは、実はあなたへの神の警告や合図を 教え諭す為の神の摂理、神の国のシステムだと教え説きます。このJesusが設けられた神の摂理と神の国のシステムを悟りつつ、祈り悔い改め続ける人は皆、永遠に報われる幸福人生を勝ち取れると約束するのです。目をさましあいましょう。

またBibleは...人は皆、永遠なる真理(みことば)を大切に生きようとする時だけ、揺るがぬ幸福感と自由感に満ち溢れるように造られており、人は皆、神信仰と隣人愛を 大切に生きるために造られているので、その本来の神の意図とご計画から外れた個人と社会に対しては、神は世界人類の創造主の責任者として、神のジャッジや後始末をなされると、教え説きます。世界常識を考えてみても、罪や過ちを犯すと悔い改めなければ、健全な社会生活は成り立たず、有害なものは取り除けられ、また犯罪を犯し続ける人々は法に裁かれなければなりません。目に見えずとも、人生と死の隠された神の摂理やしくみも、それらと全く同じだと教え説くのです。

またBibleは...聖書を読む時は、人間の目線ばかりで読まず、神の視点から自分自身や社会を省みれる視点を 持てなければ、神様からの知恵と神の祈りの奇跡を引き出せる聖霊力(インスピレーション)は引き出せないと、教え説きます。しかし聖書は、日々のみことばを通して、自分の生活習慣と人間関係を 神の視点から見ながら、罪悪や誤りを 悔い改め続ければ、神の知恵や祈りの奇跡を手にする聖霊力が養い育つと、預言するのです。この神の約束と預言を 堅く信じて、永遠に報われる神の知恵やインスピレーション(聖霊力)を獲得できるのか。適当に信じて、永遠に報われる人生を手放すハンディを背負わされるかは、すべて当人次第だと教え説くのです。

あなたは、Bible&メッセージを読み聞きする時、自分本位の視点ばかりで読み取ろうとせず、常に神の視点から、あなたへの神の知恵と忠告を 読み取ろうとしていますか?

なぜなら聖書は、神の視点でみことばを読み聞きしながら、自分の心霊や状況を 見極めて 悔い改め続けなければ、永遠に報われる幸福人生は獲得できないと、預言するからです。

ホセア書6:6創造主なる神様は言われた。『わたしは誠実な人を喜ぶが、いけにえは喜ばない。 いけにえより、むしろ人が皆、わたし 神を知ることを喜ぶ。』

23~24節, また聖書は...世界人類の創造主なる神様は、人間の痛み、苦しみ、悲しみ、さばきや、いけにえによる血の報いを喜ばれる訳ではないと、教え説きます。ですから父なる神様は、ご自分の分身でもある神の御子Jesusを 人間の味わう最大級の屈辱、痛み、苦しみとなる十字架上の処刑による身代わりの死と弁護を信じて悔い改めようとさえすれば、あなたへの人生での罪悪や過ちをゆるせる、永遠なるチャンスを与えて下さったと、教え説くのです。父なる神様と、神の御子Jesusが受けた屈辱、痛み、苦しみは、人間が受ける人生での苦しみ以上の出来事でもありました。あなたの救い主Jesusは、あなたの昨日までの罪悪や身勝手さを赦し、永遠に報われるチャンスを与えるためだけに、十字架上での屈辱、痛み、苦しみ、死をも耐え忍んて受け入れ、蘇られたのです。しっかり 胸に書き記して下さい。

あなたは、あなたとあなたの周囲の人々に神の赦しと悔い改めるチャンスを授ける為だけに、ご自分の分身でもあられる神の御子Jesusのいのちを捧げて下さった 父なる神様のあなたへの無限なる愛、親心を 理解できていますか?

God is Love. これが神の無限なる愛なのです。

詩篇51:17『神へのいけにえは、砕かれた霊。 砕かれた、悔いた心。 神よ。あなたは、それをさげすまれません。』

24節,また聖書は...世界人類を愛して やまない父なる神様は、聖書のみことばを純粋に信じて心砕かれ、自らの思考や生活習慣を 悔い改めようとし続ける人々を全員救おうと、決心されたと教え説きます。聖書は、日々のBibleのみことばに真心を傾けて、素直に悔い改め続けようとする人は皆、特別に永遠にいく倍も報われて、救われると教え説くのです。

ヨハネ福音書3:16~18Jesusは言った。『神は、実に、そのひとり子イエスをお与えになったほどに、世を愛された。それは御子イエスを信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子イエスによって世が救われるためである。御子を信じる者はさばかれない。信じない者は神のひとり子イエスの御名を信じなかったので、すでにさばかれている。』

25~26節,また聖書は...世界人類の創造主なる神様は霊的に鈍感無知で、死んで滅びいくしかない人々を見ていられずになり、世界人類を救う愛の為に、わざわざ この世界にご自分の分身であられる御子イエス(Jesus)を誕生させ、彼には神の御子としての身分とプライドを一切捨てさせて、ただ人々の救いと癒しのために奴隷のように働かせ、最期は十字架について、ご自分を信じて悔い改め続ける 全人類のいけにえとされたと、教え説きます。神の御子Jesus(主イエス)の十字架贖罪信仰による救いは、人間の生まれ育ち、善人や悪人、富裕者と貧困者、賢者と愚か者の差別はなく、ただ、自分の人生での罪悪や誤りを素直に省みて、Jesusの十字架信仰を信じ悔い改め続けるのならば、神の永遠なる救いを受けられ、肉体が死んでも「天国人・神の子」としての人生が約束されていると、教え説くのです。これが神様からのGood News (福音)なのです。

そしてあなたは、父なる神様からのあなたへの無限なる愛とご計画を悟り、更に、神愛と隣人愛(福音宣教、教会奉仕)のために生きられるようになって、父なる神様からの永遠の相続財産や祈りの感動的な奇跡を手に入れられる 幸福人生になっていくと期待します。これが聖書の教える神のご計画だからです。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、日々のBibleのみことばを読み聞きする時、父なる神様の御心や神の視点になり、自分自身の心の在り方、人間関係のあり方、生活習慣や生きる目的や使命を 深く黙想しながら、真心から祈り悔い改め続けられるように助け導いて下さい。

それさえできれば、皆、神の深いご計画と恵みを知るようになり、永遠に報われる幸福人生を獲得できるからです!主イエスのお名前で 期待して祈ります。AMEN!!!

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「