• sgbc-devotion

ローマ信徒への手紙8:28~33

2018年4月18日(水)

ディボーション聖句

ローマ信徒への手紙8:28~33

28

神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。

29

なぜなら、神は、あらかじめ知っておられる人々を、御子イエスのかたちと同じ姿にあらかじめ定められたからです。それは、御子が多くの兄弟姉妹たちの中で長子となられるためです。

30

神はあらかじめ定めた人々をさらに召し、召した人々をさらに義と認め、義と認めた人々にはさらに栄光をお与えになりました。

31

では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。

32

私たちすべてのために、ご自分の御子イエスをさえ惜しまずに死に渡された方が、どうして、御子といっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう。

33

神に選ばれた人々を訴えるのはだれですか。神が義と認めてくださるのです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

では、聖句をあげてから説明します。

第1ペテロの手紙2:24~25『主イエスは神の愛のゆえに、ご自分から十字架の上で、あなたの罪をその身に負われました。それは、あなたが罪の滅びから離れ、神の義のために永遠に生きるためなのです。そして、イエスキリストの打ち傷のゆえに、信じるあなたは、いやされるのです。あなたは、この人生を まるで、羊のようにさまよっていましたが、今は、自分のたましいの牧者であり監督者であるお方、主のもとに帰って来たのです。』

28節,神の御子Jesusは ご自分の贖罪信仰を信じて礼拝する人々に、父なる神の無限なる愛と永遠なる神のゆるしを与えて下さると、約束してくれました。神の御子Jesusは世界人類の全ての罪悪と過ちを 十字架上の身代わりの死と弁護により贖うため(贖罪)、そして、あなたを永遠なる死と滅びから救い出す為に、自ら進んで十字架上の死に向かわれたのです。

そして聖書は...神の御子Jesusは、ご自分を信じて礼拝し続ける人々を 神の子として取り扱われ、自分本位に生き続ける世界人類が負うべき永遠の死の滅び、悪運(呪い)、病魔をも十字架上で引き受けて救い導く為に、ただ黙って、十字架上につけられ、一度死なれてから復活されたと、教え説くのです。ですから聖書は、神の御子Jesusへの礼拝生活を 大切に生き続ける人々の死や呪いは、永遠の命と神の赦しに変えられると約束するのです。

あなたは、Jesusへの感謝や礼拝生活を 大切に築いていますか?

それとも、神の御子Jesusへの感謝や礼拝の意味や大切さが分からず、永遠の命と神の赦しを手放す恐れがありませんか?

なぜなら聖書は、日々の聖書のみことばを大切に生き続ければ、永遠の命、神の赦しを確信できると約束するからです。

また聖書は、神の御子Jesusの十字架上の犠牲的な愛(贖罪信仰)に気づいて、今日から、新たな気持ちでJesusの十字架信仰にすがって悔い改める姿勢や礼拝生活さえ築くのなら、ただ、それだけで あなたの全てのマイナスは永遠にプラスになり変われると、約束してくれます。神の御子Jesusの十字架信仰とそのみことばを人生の糧として生きる人々は、永遠に特別に報われると約束するのです。神の子としての特権を生かして、未来や死後も報われる幸福人生を築くのか。神の子としての特権を認識できずに我が道を貫き、未来や死後を不安視する崖っぷち人生で終わるかは、当人次第だと教え説くのです。聖書の忠告に目をさましあいましょう。誰であっても、自分の未来や死を救える人など存在しないからです。しかし、Jesusの十字架とそのみことばに人生を託す人は皆、自分の未来や死を救えます。胸に書き記して下さい。

第二コリントの手紙8:9『あなたがたは、私たちの主イエス・キリストの恵みを知っています。すなわち、主は富んでおられたのに、あなたがたのために貧しくなられました。それは、あなたがたが、キリストの貧しさによって富む者となるためです。』

28~30節,またBibleは、天地万物の創造主なる神様の御子Jesusは、全世界を支配する権利を 父なる神様から相続していたのに、神のみことばと礼拝生活を大切に生きる神の子たちに神の国の権威と永遠なる幸福人生を相続させる為に、あえて全世界の支配権と全利権を放棄されて、ただ十字架上で贖罪の死を遂げられたと、教え説きます。神の御子Jesus(主イエス)は、真理と礼拝生活を 大切に生きる神の子たちの全ての問題を解決して、永遠の必要を満たす為に、ご自分の神の権力、欲望、プライドを犠牲に放棄して下さったと、教え説くのです。このあなたへの父なる神の愛と福音を しっかり 胸に書き記して下さい。

そして聖書は...もし、あなたが、日々のBibleのみことばを 真心から実践適用しようと祈りつつ尽力するのならば、あなたの祈りは、必ず、成就すると約束しています。このBibleの約束と預言を 堅く信じ、真理と礼拝生活を大切にして 永遠に報われる人生を刈り取るのか。Jesusのみことばを 適当に聞き流して、悔いや不安に満ちた死の訪れを待つかは、当人次第です。なぜなら聖書は、これらのJesusの約束と預言を、まるで 幼子のように素直に信じて夢見れる者たちだけに、神の偉大なる奇跡や永遠に報われる百倍の恩恵が任されると、教え説くからです。Jesusはご自身のみことばに、素直に聞き従う神の子たちを 永遠に見捨てないのです。

31節,『では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。』

このように聖書は...もし、あなたが、まるで幼子のように素直になり、父なる神様のみことばや真理を従順に表現し続けるクリスチャンライフを 築こうとするのならば、神様はあなたと大切な家族のすべてを保証して祝福して下さると、約束してくれます。Bibleからの真理に基づく生活習慣や人間関係さえ築こうと尽力するだけで、あなたの見えない敵(悪魔、サタン)や永遠のマイナスを呼び込む誘惑者たちは 全て退けられ、あなたの問題や死の問題はすべて解決すると預言するのです。神のみことばと神のカラダなる教会を大切に生きる人々は皆、親や子孫に至るまで、永遠にいく倍も報われると預言するのです。

使徒の働き16:31「主イエスを信じて従いなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます」

箴言29:25『人を恐れると人生のわなにかかる。 しかし主に信頼する者は守られる。』

第1テモテの手紙6:3〜6「聖書の真理と違ったことを教え、私たちの主イエス・キリストの健全なみことばと敬虔にかなう教えとに同意しない人がいるなら、その人は高慢になっており、何一つ悟らず、疑いをかけたり、ことばの争いをしたりする病気にかかっているのです。そういう人々は、ねたみ、争い、そしり、悪意の疑りが生じやすく、また、知性が腐ってしまって真理を失った人々、すなわち信仰を利得の手段と考えている人たちの間には、絶え間のない紛争が生じるのです。しかし、満ち足りる心を伴う敬虔な信仰生活こそが、まことの大きな利益を受ける道なのです。」

32~33節,そして聖書は...もし あなたが神のみことばと命令に聞き従おうとする時に、他者から誤解されて責められ嫌われたとしても、そういう人々に惑わされたり、恐れる必要などないと教え説きます。また、そういう人々を必要以上にうらんだり、怒る必要もないと忠告するのです。なぜなら聖書、そういう人々はただの無知な人々で、嫉妬や勘違いで満ちた哀れな人々だと、教え説くからです。人は皆、神のみことばと真理に反すれば、いつか必ず、神のジャッジを受けて叱責を受ける羽目になるからです。あなたの神様は神の言霊そのものお方であり、真理を通してジャッジされます。ですから聖書は、神のみことばと真理に反する人々を気にし過ぎては、共倒れするだけだと教え説くのです。神のみことばと真理に反する人たちにならぬよう、また、神のみことばと真理に反する人々の動向に振り回されないように、目をさましあいましょう。

また聖書は...あなたの神様は聖書のみことばと真理を 堅く握り締めて生きる人々とは親友となって下さり、いつも味方となって助けて導いて下さるお方だと約束しています。Jesus(主イエス)や使徒パウロたちも、神のみことばと真理に反する敵対者のひどい攻撃や無視などの仕打ちを そのまま復讐せずに受け入れ、結果、歴代のJesus信仰者たちは皆、永遠の勝者となり変われたのです。聖書は、神のみことばと真理を大切に生きている神の子たちには、恐れ、不安、うらみは必要ないと教え説くのです。肝にめいじあいましょう。

イザヤ書35:4主は言われた『不安で心騒ぐ者たちに言え。「強くあれ、恐れるな。 見よ、あなたがたの神を。 神からの復讐が、神の報いが来る。神は来て、あなたがたを救われる。」』

あなたのJesus(主イエス)は、Bibleのみことばと真理を 堅く信じ続けるあなたの不安、嘆き、患難、敵対者、迫害、永遠の死を 全て退け、あなたを完全に救い導く為に十字架上につかれて死んでから、復活されました。これが 神様からあなたへのGoodNews(福音)なのです。

そして、あなたの救い主Jesusは神のみことばと真理を追求し続ければ、あなたは、必ず、永遠に報われると約束してくれたのです。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆が、神の御子Jesus(主イエス)の十字架上での打ち傷はみことばに生きる者を癒す為であり、十字架上の死と復活とはみことばに生きる人々を永遠に救い導く為の福音であり、主イエスの全ての犠牲はみことばに生きる人々に、全ての恵みと必要な助けを相続させる為の愛の手段であったことを 確信させて下さい。

そうすれば 皆、神の御子Jesus(主イエス)からの奇跡的な癒し、感動的な奇跡、不思議な援護、永遠なる幸福人生を相続できるからです!主イエスのお名前で 期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.