• sgbc-devotion

ローマ信徒への手紙8:34~39

2018年4月19日(木)

ディボーション聖句

ローマ信徒への手紙8:34~39

34

罪に定めようとするのはだれですか。死んでくださった方、いや、よみがえられた方であるキリスト・イエスが、神の右の座に着き、私たちのためにとりなしていてくださるのです。

35

私たちをキリストの愛から引き離すのはだれですか。患難ですか、苦しみですか、迫害ですか、飢えですか、裸ですか、危険ですか、剣ですか。

36

「あなたのために、私たちは一日中、死に定められている。私たちは、ほふられる羊とみなされた。」と書いてあるとおりです。

37

しかし、私たちは、私たちを愛してくださった方によって、これらすべてのことの中にあっても、圧倒的な勝利者となるのです。

38

私はこう確信しています。死も、いのちも、御使いも、権威ある者も、今あるものも、後に来るものも、力ある者も、

39

高さも、深さも、そのほかのどんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。

[聖句メッセージ]

本日で使徒の働き8章は終わりです。

では、聖句をあげてから説明します。

ローマ信徒への手紙8:1~2『今は、キリスト・イエスを信じる者が罪に定められることは決してありません。なぜなら、キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理が、罪と死の原理から、あなたを解放したからです。』

マタイ福音書10:28Jesusは言った。『からだを殺しても、たましいを殺せない人たちなどを恐れてはなりません。そんな者たちより、魂もからだも、ともにゲヘナで滅ぼすことのできるお方、主だけを恐れなさい。』

34節,このように聖書は...もし、あなたが自らの罪悪と過ちや咎を認めて、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護を 祈り求めて悔い改め続けられるのなら、あなたは神様から永遠にゆるされると、約束してくれます。たとえ、あなたが自分自身の罪悪と過ちを どんなに卑下していたとしても、また他人に強く責められる罪や過ちを犯したとしても、天地万物の主なる神様は、素直に悔い改め続ける あなたには猶予を与え、決して裁くようなことはしないと約束するのです。あなたは神の御子Jesusの十字架贖罪信仰により、悔い改める猶予期間と天国行きの内定を受けられたのです。しっかり 胸に書き記して下さい。聖書を信じて 悔い改め続ける人は皆、必ず、永遠に報われるのです。

また聖書は...あなたの救い主Jesusの十字架贖罪信仰は、いくらでも、あなたにやり直せるチャンスを与えられると、教え諭します。たとえ、あなたが どんなに大きな失敗や過ちを 繰り返し犯してしまったとしても、決してあきらめたり、投げやりにならず、ただJesusの十字架のみことばを 堅く信じて、悔い改め続けられるのなら、あなたは永遠なるチャンスと恩恵を受けられると、約束するのです。

あなたは、この神の特別なゆるしと猶予期間や、永遠なるチャンスを受けられているのに、日々のBibleのみことばを聞いても、殆ど悔い改めようとしない悪循環に陥ることはありませんか?

なぜなら聖書は、神の感動的な祈りの奇跡やまことの夢とビジョンを獲得するには、日々悔い改め続ける姿勢が問われると預言するからです。主イエスの十字架贖罪信仰による神のチャンスを棒にふるような生活習慣と人間関係形成に捕らわれないことも重要なのです。目をさましあいましょう。

34節,そして聖書は..神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護(贖罪)は、父なる神様からのあなたへの無限なる愛の形だと教え説きます。神の御子Jesusの十字架上の犠牲の死による愛は、不完全なあなたを完全に弁護、贖罪できる唯一の神の救いであり、永遠なる希望なのです。これぞ 福音なのです。神の御子Jesusは

、真理を大切に生き続ける人々を 決して見捨てお方です。

35~36節,また使徒パウロは、以下のように無限なる神の愛を 力説しました。『主イエスの十字架にすがった 私たちをイエスキリストの愛と救いから、引き離せるものなど、あり得ません。もし、あなたがたが あると考えるのなら...それは、人生での辛い患難や苦しみですか?それとも他者からの迫害や飢えと貧しさですか?また、すべてを失い、裸一貫にされる程の危機や災害でか?それとも、剣で殺されるような事件ですか?しかし、それらは神の愛からあなたを引き離す力はないのです。 』

しかし聖書は...神の御子Jesusの十字架上の犠牲による愛と救いは、あなたの人生のすべての悲しみ、苦しみ、痛み、敵の攻撃や死のピンチからも救い出せる神の唯一の道だと教え説きます。聖書は、神の御子Jesusの十字架贖罪信仰を祈り求められる あなたは、何が起ころうとも、どんな危険にさらされようとも、いつも安心してみことばにすがり、人生の一瞬一瞬を大切にして悔い改め続ければ、すべての問題は解決していく預言します。神の御子Jesusの十字架上の犠牲の愛とみことばは完全であり、素直に悔い改めようとする あなたを神の救いから引き離せる者など、存在しないと教え説くのです。しっかり 胸に書き記して下さい。

第1コリントの手紙1:18『十字架のことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、神の力です。』

第1ヨハネの手紙4:10『私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪と咎のために、なだめのいけにえとして、御子イエスを遣わされ、十字架上での救いを果たされました。ここに神の愛があるのです。』

38~39節, また聖書は...もし あなたが 神の御子Jesusのお名前と十字架のみことばを 拒みさえしなければ、あなたと父なる神様との無限なる愛と信頼関係を壊すことはあり得ないと預言します。聖書は、あなたがJesusの十字架とみことばを仰ぎ見ながら、Jesusのお名前で祈り悔い改め続けるのなら、あなたの人生のすべてのマイナスと思われる物事は、必ずプラスになり変われると約束したのです。この聖書の約束と預言を 堅く信じて、内なる聖霊に悔い改める意志や行動力さえ祈り求め続ければ、あなたは永遠に報われると約束するのです。

ヨハネ福音書12:47~48主イエスは言った。『だれかが、わたしの言うみことばを聞いて それを完全に守れなくても、わたしはその人をさばきません。わたしは世を裁くために来たのではなく、世を救うために来たからです。しかし、わたしを拒み、わたしの言うみことばを受け入れて悔い改めようとしない者には、その人を裁くものがあります。わたしが話したみことばが、終わりの日に、その人を裁くことになるのです。』

ローマ信徒への手紙8:28『神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された あなたのためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。』

そして聖書は...神の御子Jesusの十字架のみことばを 信じ受けいれて悔い改め続けようとする人は皆、 永遠に安泰だと教え説きます。この聖書の約束と預言を 確信しながら、日々のBibleのみことばを通して 自らを省みて祈り、悔い改めようとし続ければ、あなたの人生の全ての責任を 神様が取って助け導いて下さると、約束するのです。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、神の御子Jesusの十字架贖罪信仰から神の無限なる愛と永遠なる救いを 真心から悟らせて下さい。

そうすれば 皆、何ものも、死をも恐れなくなり、全ての神のみことばを悟り行えるようになり、人生の圧倒的勝利者になり変われるからです!主イエスのお名前で 期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「