• sgbc-devotion

ローマ信徒への手紙8:26~27

2018年4月17日(火) ディボーション聖句

ローマ信徒への手紙8:26~27 26

神の御霊も同じようにして、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、どのように祈ったらよいかわからないのですが、御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。

27

人間の心を探り窮める方は、御霊の思いが何かをよく知っておられます。なぜなら、御霊は、神のみこころに従って、聖徒のためにとりなしをしてくださるからです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

では、聖句をあげてから説明します。

マタイ福音書6:7~8 主イエスは言われた。『あなたがたが祈るときは、神を知らない人達のように同じことばを、ただ、くり返して祈ってはいけません。彼らはことば数が多ければ聞かれると思っているのです。だから、彼らのまねをしてはいけません。あなたがたの父なる神は、あなたがたがお願いする先に、あなたがたに必要なものを知っておられるからです。』

26~27節,このように聖書は、自分のことばかり考え過ぎて貪欲になり、何度も同じ願い事を 繰り返し祈り続ける人は、かえって、神の奇跡や祈り以上の恩恵を受け取りにくいと預言します。聖書は、神の国拡大と真理から外れたことばかり祈る人は、貪欲なご利益宗教に成り下がってしまい、かえって、祈りの応答や願いごとを叶えにくいと忠告するのです。

あなたの日々の祈り課題や願い事の優先順位には、神の国拡大や真理に基づいた使命が 中心となっていますか?

それとも、神の国拡大や真理を 大切に祈れない、貪欲なご利益宗教の祈りの悪循環に陥っていませんか?

なぜなら聖書は、神の奇跡や願いの応答を受け取るのに大切なのは、自分本位の思考(自我)と欲望を 神様に完全に明け渡すことで、自欲よりも神の国拡大の使命や真理に伴う祈祷課題を 大切に祈り続ける姿勢が重要だと教え説くからです。自分に関わることばかり、繰り返し祈る 貪欲に陥ってしまえば、祈りの奇跡や願い事を手放す悪循環に陥ります。聖書とは、あなたへの神の国拡大の祈祷課題の宝箱でもあります。そして聖書は、神の国拡大の祈祷課題と使命を探し出して、大切に祈り続ける人々に神の感動的な奇跡や願い事が任されると教え説くのです。肝にめいじあいましょう。

また聖書は...あなたの父なる神様は、「神の子」とされた あなたとその大切な人々の全必要をご存知なお方なので、しつこく繰り返し催促するように、祈らない方がいいと、教え説きます。そういう祈りを繰り返しては、身勝手な焦りと苛立ちに捕らわれて 貪欲になり過ぎたり、見えない敵(サタン、悪霊)の誘惑に捕らえられて 神様を敵に回す危険性もあると、忠告するからです。目をさましあいましょう。

そしてBibleは、あなたが神の御子Jesusのお名前で真心から祈れるのならば、あなたのたった一度の祈りさえも、父なる神様は永遠に憶えて下さると、約束します。この聖書の祈りの法則と約束を確信し、ただひたすら 祈りの応答を期待しながら、日々のBibleの命令や真理を表現し続けることに専念し続ければ報われると約束するのです。これら神の圧倒的な奇跡と援軍を引き出せる祈祷術を 胸に書き記して下さい。なぜなら聖書は、人生での最大の武器はJesusへの祈りだと断言するからです。

あなたは「祈り」とは、困った時だけの神頼みだと考えていませんか?

あなたは「祈り」とは、世界人類の主なる神様との重要なコミュニケーションであり、人生で何よりの最大の武器であることを 忘れていませんか?

聖書は「祈り」とは困った時の神頼みだけでは手遅れになることも多く、天地万物の主なる神様との太いパイプと絆を深められる、神様との一番大切なコミュニケーション(会話)であり、人生での試練や攻撃に打ち勝てる、何よりの霊的武器だと教え説くのです。肝に命じあいましょう。あなたの人生に表れる、神の奇跡や援軍を引き出せる「祈り」に期待します。

マタイ福音書6:9~13Jesusは必要な祈りを教えられた。『だから、こう祈りなさい。「天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。御国が来ますように。みこころが天で行われるように地でも行われますように。私たちの日ごとの糧をきょうもお与えください。私たちの負いめをお赦しください。私たちも、私たちに負いめのある人たちを赦しました。私たちを試みに会わせないで、悪からお救いください。国と力と栄えは、とこしえにあなたのものだからです。アーメン。」』

もしあなたに神の御力と奇跡を より多く動かせる祈祷力が必要ならば、聖書から神の御心とご計画を深く探り、あなたの心と神の御心が 一つになれるように 真心から祈ろうとする姿勢が重要です。なぜなら聖書は、あなたの神様はあなたの祈る姿勢と心の深みを 探られて、祈りと奇跡の応答を振り分けられると教え説くからです。

あなたの祈りは、神の御心とご計画を 無視した、自分の欲望に満ちた祈りに片寄っていませんか?

神の御心(意思)とご計画を 数多くつかみ取れる人にだけ、人知をはるかに超えた奇跡的な祈祷力が 任されるからです。聖書は神の御心(ご意思)とあなたへの神のご計画を 知ることのできる、世界人類の祈り方の取扱説明書。日々のBibleのみことばを通して、神の奇跡と願い事を生み出せる祈りの方程式を つかみ取ろうとする熱心な人々の祈りは、必ず、いく倍も報われるのです。

では、Jesusが教えてくれた 神の奇跡や百倍の恩恵を引き出す為に知っておくべき神のご意思と祈り方を 7つ取りあげていきます。(聖霊からの7つの祈り課題)

一番目...主イエス(Jesus)のお名前と神の国の影響力が、あなたの関わる国や周囲に数多く表れるように、具体的に思考しながら祈る。

二番目...あなたの関係する国と都市や社会に、そして、あなたの周囲に神のご意志とご計画が滞りなく表れるように、具代的に思考しながら祈る。

三番目...あなたとご家族と教会の仲間たちに、必要な全ての糧が与えられるように、思考しながら祈る。

四番目...聖書の神のみことばから自らの足りなさと罪悪や過ちを省み、具体的に悔い改められるように、深く思考しながら祈る。

五番目...あなたの大切な人々と教会の仲間たちの罪悪や過ちが 神様のゆるしを受けられるように、具体的にとりなして祈ったり、自らを反省しながら祈る。

六番目...あなたとあなたのJesurFamilyたちが、全ての人々をゆるせるように。そして教会の仲間たち同志、福音宣教できる情熱と愛の使命を全うして生きられるように祈る。また、あなたとJesus信仰の仲間たちの全ての人間関係が、主イエス(Jesus)を知り、悔い改め、救われるように、具体的に名前をあげて祈り合う。

七番目...あなたとご家族と大切な仲間達が見えない敵や罪悪の誘惑に陥らぬように、また、見えない敵(悪霊、サタン)に影響され 支配されないように、具体的に祈る事も大切なのです。

聖書は、これらJesusが教えてくれた 七つの神の御心(思考)と祈り方を 真心に刻みつつ、いつも身勝手な動機に片寄らず、 バランス良く 絶えず祈り続けることが 何よりの人生での武器と防御となれると教え説きます。なぜなら聖書は、神の御子イエス(Jesus)のように思考して祈る人の祈りは数多く聞かれ、その人の万事は益となり、そういう人の祈りは大きな神の御力と奇跡を引き出せると、はっきり約束しているからです。

今日、神の奇跡と願い事を引き出せる神の知恵(思考力と祈り方)と祈り方を知った あなたの人生に表れる、Jesusのような不可能を可能にできる祈祷力に期待します。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆に Bibleのみことばから神の御心とご計画を深く悟らせ、Jesus(主イエス)のような祈りを 真心から祈れるように助け導いて下さい。

そうすれば、皆と周囲に、祈りによる感動的奇跡が続出するからです!主イエスのお名前で 期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「