• sgbc-devotion

ローマ信徒への手紙8:23~25

2018年4月16日(月)

ディボーション聖句

ローマ信徒への手紙8:23~25

23

そればかりでなく、御霊の初穂をいただいている私たち自身も、心の中でうめきながら、子にしていただくこと、すなわち、私たちのからだの贖われることを待ち望んでいます。

24

私たちは、この望みによって救われているのです。目に見える望みは、望みではありません。だれでも目で見ていることを、どうしてさらに望むでしょう。

25

もしまだ見ていないものを望んでいるのなら、私たちは、忍耐をもって熱心に待ちます。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

では、聖句をあげてから説明します。

使徒の働き2:38~29『そこでペテロは彼らに答えた。「悔い改めなさい。そして、それぞれ罪を赦していただくために、イエス・キリストの名によって洗礼を受けなさい。そうすれば、神様からの賜物として聖霊を受けるでしょう。なぜなら、この約束は、あなたがたと、その子どもたち、ならびにすべての遠くにいる人々、すなわち、私たちの神である主がお召しになる、全ての人々に与えらるからです。」』

23節,このようにBibleは、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護による贖罪信仰を信じて洗礼さえ受けられれば、その恩恵として神様の奇跡とインスピレーションを引き出せる永遠なる救い主『聖霊』を、父なる神様からプレゼントされると約束してくれました。そして、その聖霊様が あなたの問題を解決したり、あなたの大切な人々を救い導ける神の知恵とインスピレーションを授けて下さると、約束したのです。聖書のみことばを 堅く信じて、聖霊様の奇跡や助言を引き出すのか。いまいち信じられずに、聖霊の奇跡や助言を手放すかは、あなたの信仰生活次第なのです。また聖書は Jesusのみことばを信じて洗礼を受け、日々、神のみことばによる真理を探究し続ければ、Jesusのような神の奇跡や百倍の恩恵のチャンスに恵まれると、約束しています。Jesusの勧め通りに洗礼を受け、日々のBible&メッセージをしっかり吸収しながら、真理を 具体的に表現し続ければ、必ずいく倍も報われると約束するのです。形式的な虚しいクリスチャンライフのスパイラルに陥らぬことが問われるのです。目をさましあいましょう。

ガラテヤの手紙5:24~26『キリスト・イエスを信じて ついてきた洗礼者は、自分の肉体を、さまざまの情欲や欲望とともに、十字架に明け渡せたのです。そして、もし私たちが聖霊の助けで生きるのなら、与えられた聖霊に導かれるままに、みことば通りに進もうではありませんか。仲間たちと互いにいどみ合ったり、そねみ合ったりして、虚栄に走ることのないように協力し合いしましょう。』

24節,またBibleで、洗礼を受けた人に与えられる「聖霊」は目には見えないのですが、永遠なる幸福的人生を築くには必要不可欠な救い主であり、何よりも偉大な神様からの贈り物だと教え説きます。どんな人にも限界や限度があるのですが、人は皆、この聖霊力に満たされていくと、その人の限界や限度を超えた神の御力やインスピレーションが表れていくと、約束するのです。聖霊力が満たされるように、祈り求め続ける姿勢と生活習慣も重要なのです。

また聖書は、人生で本当に大切なものは、むしろ、目に見えないものごとであると強調しています。目に見えるもの、形あるものにはすべて終わりがあり、朽ち果てるものばかりだからです。

あはたは、目に見える物事や人々に希望や期待を置く人生を 築いてしまっていませんか?

なぜなら聖書は、目に見える物事や人々に期待を置く人生に揺るがぬ希望、幸福人生はなし得ないと教え説くからです。目に見える物事や人々に期待し過ぎる人生だけは築かぬように目をさましあいましょう。

なぜなら聖書は、目に見えないものごとである、神様(聖霊)、愛、言霊(真理)、人心、永遠の生命、夢、希望、信仰(信じる力)、祈り(霊的才能)、神の国(死後の世界)は、非常に大切であり、まことの幸福人生には欠かせないと教え説きます。これらの物事に人生の使命や希望を置く人は賢い、幸福人生を築けると教え説くのです。

あなたは目に見える物事ばかりに固執したり、希望をおき過ぎてしまって、本当に大切な物事を 見失って生きていませんか?

聖書は幸福人生に必要な奥義が書かれた、神の知恵の書。聖書から人生と死の真理や奥義を 探し出した人々だけが、永遠に報われる幸福人生を獲得できると、預言するのです。しっかり 胸に書き記してください。

ヨハネ福音書20:22『主イエスは、信じる者達に息を吹きかけて言われた。「さあ、聖霊を受けなさい。」」

使徒の働き1:8~9『聖霊があなたがたの上に満ち溢れるとき、あなたがたは神の力を受けられます。そして、世界全土、および地の果てにまで、わたしの証人となれる力さえも受けられるのです。」こう言ってから、主イエスは彼らが見ている間に天に上げられ、雲に包まれて、見えなくなられた。』

25節,このように聖書は、あなたの内に住まわれる「聖霊」は周囲の人々に福音宣教(永遠の幸福人生宣教)しようとする 神の愛に満ちた霊であり、人は皆、この福音宣教のために人生を費やそうと決断して生き続けられれば、自然と聖霊力に満ち溢れていき、そういう人は皆、大切な人々を救い導けたり、必要な神の奇跡さえも起こせる信仰力が備わっていくと預言します。

聖書は、人は皆、目の前の物事に捕らわれ過ぎて、身勝手な欲望や快楽を追いかけ回すよりも、隣人を救う福音宣教の愛の労やBibleの教える真理を 従順にこなしていく方が、結果、神の聖霊力に満ち溢れていき、圧倒的な神の奇跡や永遠なる幸福人生を獲得できると、約束するのです。

あなたは 聖書の真理なくして、人生や死後を幸福にできると過信することはありませんか?

あなたは、福音宣教しなくとも、大切な人々が救われる、何とかなると、根拠のない思考を持つことはありませんか?

なぜなら聖書は、そういう意識では、永遠に幸福になれないと預言するからです。目をさましあいましょう。

また聖書は、福音宣教や神の国拡大の愛の使命のために汗水たらさずに、神の奇跡や永遠なる幸福人生はなし得ないと忠告します。日々のBibleのみことばを通して、人生や生活習慣の優先順位を 再確認、微調整することも重要なのです。

ヨハネの黙示録3:15〜16神は言われた。『わたしは、あなたの行いを知っている。あなたは、冷たくもなく、熱くもない。わたしはむしろ、あなたが冷たいか、熱いかであってほしい。このように、あなたの信仰はなまぬるく、熱くも冷たくもないので、わたしの口からあなたを吐き出そう。』

また聖書は、人生で永遠なる幸福感や自由感を持続させながら、不可能さえ可能にできる聖霊力を引き出すのには、神のみことば(真理)を通して与えられる愛の使命と生きる情熱が必要不可欠だと教え説きます。日々のBibleのみことばを通して、あなたへの神様からのご計画と命懸けになれる使命や情熱的な愛力を 如何にして掴み取れるかがキーポイントだと、教え説くのです。

あなたには、しっかりした生きる使命や情熱的に愛せる家族や仲間が 存在していますか?

もし、しっかりした生きる使命感や情熱的に愛せる人々が存在するのなら、具体的に何をすべきですか?

なぜなら聖書は、それを掴みとれなくては、人生は虚しく、死は恐ろしいと預言するからです。

しかし、あなたは日々のBible&メッセージを通してあなたへの神のご計画、命懸けになれる使命、情熱的な愛力を 掴み取れる幸福人生を獲得できると期待します。あなたの内なる聖霊と神の言霊は、その為の救い主だからです。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆の霊の目を開いて、神のみことばへの絶対的な信頼感、命懸けになれる生きる使命、情熱的な愛力や、不可能を可能にする聖霊力や信仰力を 増し加えて下さい。

そうすれば 皆、永遠なる幸福感や自由感に満ちていき、Jesusのような偉大なる神の奇跡と感動的な愛の御業を引き出せるからです!主イエスのお名前で 期待して祈ります。AMEN!!!

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「