• sgbc-devotion

ローマ信徒への手紙7:1

2018年4月5日(木) ディボーション聖句

ローマ信徒への手紙 7 : 1

それとも、兄弟姉妹たち。あなたがたは、聖書の律法が人に対して権限を持つのは、その人の生きている期間だけだ、ということを知らないのですか――私は聖書の律法を知っている人々に言っているのです。

[聖句メッセージ]

本日からローマ信徒への手紙は7章に入ります。では、聖句をあげてから説明します。

ヘブル人への手紙9:26~28『主イエスキリストは、ただ一度だけ、ご自身をいけにえとして、信じる人々の罪を取り除き救うために、来られたのです。そして、人間には、一度死ぬことと死後に神からのさばきを受けることが定まっているように、主イエスキリストも、多くの人の罪を負うために一度、ご自身をささげられましたが、二度目は、罪を負うためではなく、彼を待ち望んでいる人々の救いのために来られるのです。』

1節,このようにBibleは、人は皆、肉体の死後、その人がどう考えながら、どのような人生を築いて生きたのか、主なる神様からのジャッジ(神裁判)を受けることが定められていると、教え説きます。そして聖書は、世界人類の創造主なる神様は全人類が守るべき聖書の律法と真理を 軽視して生き続けた人々や、嘘、偽りなどの二心を多用したり、様々な社会的弱者に無関心に生きた身勝手な人たちを有罪と定めることで、全人生の死後に公平な裁きをして調整されると、教え説くのです。しかし聖書は、神の御子Jesusの十字架上の贖罪信仰を信じて祈りつつ、悔い改め続ける人生にパラダイムシフトする人は皆、肉体の死後の神の裁き、有罪による永遠の滅びを免れられると、約束するのです。これらの人生と死の神の摂理や真理を しっかり 胸に書き記して下さい。

あなたは自欲のまま、好き勝手に生き続けても、肉体の死後、神の裁きを免れると勘違いすることはありませんか?

聖書とは、全人生と死の永遠なる取扱説明書と言われています。人は皆、まことの自由と幸福人生を獲得する為、日々のBibleのみことばから人生と死の意味や行き先を しっかり吸収しながら、未来と死後の準備をし続けることが重要なのです。

聖書は、人は皆、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護による贖罪信仰を祈り求めて、日々の罪悪を悔い改めようと生活し続ければ、未来も安泰となって、肉体の死後のジャッジ(神裁判)でも完全無罪(永遠なる神のゆるしとチャンス)とされると、約束してくれます。神の御子Jesusは、あらかじめ、あなたの人生での罪悪と過ちを 身代わりに贖罪して、永遠のチャンスを与える為に十字架について命を捨てて下さったと、教え説くのです。

あなたは、Jesusの十字架信仰とそのみことばを生かして悔い改め、永遠のチャンスを ものにできそうですか?

それとも、真理による悔い改めが乏しく、永遠のチャンスを見失う恐れがありませんか?

あなたの内なる聖霊とは、あなたに悔い改める気力と行動力を授けて下さる助け主。聖霊の満たし、悔い改め力を 祈り求め続けることも大切です。

また聖書は、人は皆、生きている間に神の御子Jesusの贖罪信仰を信じ告白して悔い改めようと尽力し続ければ、永遠のゆるしと天国行きのチャンスを頂けると、約束してくれます。日々 Jesusに感謝しながら、十字架信仰とその真理を胸に 人生を歩み続ければ、それだけで永遠に報われると約束してくれたのです。

エゼキエル書3:18~19創造主なる神は言われた。『わたしが悪人に「あなたは必ず滅びる」と言うとき、もし、あなたが彼に警告を与えず、悪人に悪の道から離れて救われるように語って、警告しないなら、その悪人は自分の不義のために滅びる。そして、わたし・神は彼の血の責任を、みことばを伝えることを怠ったあなたにも問う。もしあなたが悪人に警告を与えても、彼がその悪を悔い改めず、その悪の道から立ち返らないなら、彼は自分の不義のために死ななければならない。しかし、みことばで警告したあなたは、自分のいのちを救うことになる。』

このように聖書は、永遠の神の赦しと救いを受けられる あなたは、周囲の人々に神の御子Jesusの十字架による福音(永遠の救い)を宣べ伝える責任と義務が生じたと教え説きます。

あなたは、周囲の人々に、とどこおりなく、永遠なる救い(Jesusの十字架贖罪信仰)を しっかり宣べ伝えていますか?

もし、神が命じた福音宣教の義務や責任を 怠っているのならば、なぜ 怠ってしまうのですか?

なぜなら聖書は Jesusの福音宣教の義務と責任を軽視すると、あなたが受けられるはずの神の偉大なる恩恵や幸福人生を 手放す羽目になり、その怠惰の責任を いつか刈り取ることになると、教え説くからです。周囲への福音宣教の義務と責任だけは、絶対に果たすべき神の使命なのです。

聖書はこれらの点を よく自問自答しながら生き抜くことも、人生と死の幸福やまことの隣人愛には欠かせないと教え説くからです。

そして聖書は...神の赦しを受けられる あなたには、Jesusの十字架贖罪信仰による永遠なる救いと真理を宣べ伝え続ける責任や義務はありますが、人生での義務と責任は そこまでであり、最後まで救い導けるかどうかは、あなたの責任ではなく、福音宣教を教え伝えた相手自身と、あとは神様次第だと教え説きます。聖書は、あなたは福音宣教をするだけの愛の使命と役割だけを しっかり果たすべきであり、相手の反応や結果を 気にし過ぎることはないと教え説くのです。福音宣教による隣人愛の義務と責任を 堅苦しくネガティブに考えず、ポジティブかつ気楽に天国行きの仲間を 増殖させてあげて下さい。

また聖書は、あなたの見えない敵(サタン、悪霊)の支配から解放されて、サタン(悪魔)に打ち勝てる人生を築くには、Jesus信仰を 宣べ伝える生活習慣と隣人愛形成が 何よりも効力があると、教え説きます。あなたの見えない敵(悪魔、悪霊、サタン)が 一番恐れて 嫌がることこそが 神愛と隣人愛に基づく福音宣教活動だからです。福音宣教による隣人愛を 重要視し続ける人生からサタン、悪霊、悪魔は退けられていくことになるのです。しっかり胸に書き記して下さい。

更にあなたが Jesusの十字架上の贖罪信仰による神の愛と救いを 宣べ伝える人生と生活習慣を 築いていき、永遠に報われる幸福人生を獲得できると期待します。あなたの内なる聖霊とは、その為の救い主だからです。 AMEN

(祈り)

主なる神様、皆が周囲のすべての人々に神の御子Jesusの十字架贖罪信仰(福音)とその真理を 宣べ伝える義務と責任を しっかり、また気楽に生き様に表せるように助け導いて下さい。

そうすれば皆、人生に必要な神の奇跡や、天国行きの洗礼者も獲得できるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「