• sgbc-devotion

ローマ信徒への手紙6:20~23

2018年4月4日(水) ディボーション聖句

ローマ信徒への手紙6:20~23

20

罪の奴隷であった時は、あなたがたは神の義については、自由にふるまっていました。

21

その当時、今ではあなたがたが恥じているそのような自由から、何か良い実を得たと言えるでしょうか。それらの自由の行き着く所は、すべて死です。

22

しかし今は、罪から解放されて神の奴隷となっており、聖潔に至る実を得られたのです。その行き着く所は永遠のいのちです。

23

罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちなのです。

[聖句メッセージ]

本日でローマ信徒への手紙6章は終わりです。

では、聖句をあげてから説明します。

ガラテヤの手紙4:5~9『主イエスの十字架は、信じる者たちを、神様以外の支配と死後の滅びから贖い出すためでした。その結果、主イエスを信じた私たちは、今は神の子としての身分を受けるようになれたのです。そして、あなたがたは神の子であるゆえに、神は「アバ、父」と呼ぶ、御子イエスの聖霊を、私たちの心に遣わしてくださいました。あなたはもう、一人ではないのです。私たちの内には、主の聖霊が住まわれています。ですから、あなたがたは、もはや、何かの奴隷ではなく、神の子です。子ならば、神のみことばの約束の相続人となれるのです。しかし、神を知らなかった当時、あなたがたは本来は神でない神々や、貪欲や快楽の奴隷でした。しかし、今は本当の自由があるのです。ところが、あなたがたは聖書のみことばを知っているのに、いや、むしろ神に知られ選ばれているのに、どうしてあの無力、無価値の幼稚な社会の教えと生き方に逆戻りして、再び新たに、偽物の神の奴隷になろうとするのですか。お願いです。兄弟姉妹たち。わたし使徒パウロのようになってください。私も主イエスを模範にしてきたのですから。』

20~21節,このように聖書は、人は皆、聖書から創造主なる神様の存在と、人生と死の意味と真理や、神の御子Jesusの福音を知らなかった時は、いくら自由だとしても、結局は罪悪と見えない敵(サタン)の奴隷に過ぎず、永遠の死と滅びに向かうしかなかったと、教え説きます。聖書は、数多くの人々は、創造主なる神様の存在や人生と死の意味と真理を知らずに生きており、死後の行き先も分からないまま、永遠の死と滅びに向かうしかないままだと、教え説いているのです。

聖書で...あなたは永遠の死と滅びに向かうしかない、周囲の人々にJesusの贖罪信仰による福音や人生と死の意味や真理を 教え伝える神の国の働き人(奉仕者)としての使命を任されたと教え説くのです。そして聖書は、神の国の奉仕者や伝道者としての使命を 大切に生き続けられれば、永遠にいく倍も報われると約束したのです。

あなたは、これらの神の国の奉仕者、伝道者としての使命を しっかり果たそうとしていますか?

なぜなら聖書は、神の国の奉仕者や伝道者としての使命を おろそかにしていれば、結局、自身の罪悪やサタンの奴隷になるばかりだと教え説くからです。目をさましあいましょう。

また聖書は、創造主なる神様のみことば(真理)と福音を知った あなたは、永遠の自由と幸福人生を獲得するチャンスを手に入れたと教え説きます。神の御子Jesusの十字架信仰とそのみことばを 大切に生きられる人生とは、人生での負(罪悪)の遺産や悪霊の支配から開放されて永遠の自由や幸福人生を獲得できる、唯一の救いの道だと教え説くのです。しっかり 胸に書き記して下さい。

聖書は、日々 Bibleのみことばの知恵を しっかり吸収しながら祈りつつ、真理の糧を生活習慣と人間関係に具体的に表現して生き続ければ、結果、何者も死をも恐れなくなり、また、何ものにも縛られない永遠なる自由や神の奥義を 手に入れられると約束しています。聖書からJesusの福音や真理を悟り行う人の試練や艱難とは、その人の心霊を整えて祝福できる神教育となり変わり、Jesusが命じた神の国の働きや使命を大切に生きられる人の死とは、永遠なる幸福人生の始まりになり変わると約束するのです。

ガラテヤの手紙5:1『イエスキリストは、あなたに永遠の自由を得させるために、私たちを解放してくださいました。ですから、あなたがたは、しっかり立って、また、神以外の奴隷のくびきを負わせられないように注意しなさい。』

イザヤ書41:17『主なる神は、信じる者を見捨てない。』

21~23節,そしてBibleは、創造主なる神様以外の他の神々の教えやこの世界での教育では、永遠の救いと揺るがぬ自由は獲得できないと、はっきり教え説いており、神の御子Jesusの十字架上の贖罪信仰を信じて、その御名前を呼ぶ者だけが永遠なる神の赦し(救い)と尽きぬ自由を与えられると、教え説いています。

このように聖書は...天地万物の創造主なる神様は、ご自分の御子Jesus(イエス)の御名前を呼び、その十字架上の贖罪を祈り求めて悔い改め続ける 人々を、絶対に見捨てずに裏切りません。安心して、Bible信仰を人生の糧としながら、祈りつつ悔い改め続けられる姿勢や生き様さえ養い育てていけば、永遠に報われるのです。

あなたは、何を 悔い改めれば、更に神様からの祈りの奇跡や永遠の幸福人生を 獲得できると思われますか?

なぜなら聖書は...永遠に尽きない幸福人生とは、真理による悔い改めの実を結べるように祈り尽力し続ければ、あなたの全てのマイナスがプラスに転じることになり、あなたの全ての必要も永遠に満たされ続けることになると、約束するからです。肝にめいじあいましょう。

第一ペテロの手紙3:2『神を恐れかしこむ、あなたがたの清い心と生き方を すべての人々に見せなさい。』

あなたの生き様に表れる、Jesusの似姿と偉大なる神の御業に期待します。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、日々のBibleのみことば(真理)を通して、神愛と隣人愛に基づく悔い改めの実を結ばせる人生を 大切に祈り目指せるように助けて導いて下さい。

そうすれば、皆のすべての必要が満たされ、永遠なる自由感と幸福感を 獲得できるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「