• sgbc-devotion

ローマ信徒への手紙6:15~19

2018年4月3日(火) ディボーション聖句 ローマ信徒への手紙6:15~19 15 それではどうなのでしょう。私たちは、律法の下にではなく、恵みの下にあるのだから聖書の罪を犯してもいいということになるのでしょうか。絶対にそんなことはありません。 16 あなたがたはこのことを知らないのですか。あなたがたが自分の身をささげて奴隷として服従すれば、その服従する相手の奴隷であって、あるいは罪の奴隷となって死に至り、あるいは聖書の従順の奴隷となって神の義に至れるのです。 17 神に感謝すべきことには、あなたがたは、もとは罪の奴隷でしたが、伝えられたみことばの教えの規準に心から服従し、 18 罪から解放されて、神の義の奴隷となったのです。 19 あなたがたにある肉の弱さのために、私は人間的な言い方をしています。あなたがたは、以前は自分の手足を汚れと聖書の不法の奴隷としてささげて、不法に進みましたが、今は、その手足を義の奴隷としてささげて、聖潔に進みなさい。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 15節, 聖書は...神の御子Jesusの十字架贖罪信仰を信じて 悔い改め続けようとしている あなたは、何をしてもJesusの十字架上の身代わりの死と弁護により贖われる為に、神様にゆるされるチャンスを受けられ、永遠の自由を手に入れられると約束してくれます。聖書に従順になろうとしているあなたは、神様公認の永遠なる自由人だと教え説くのです。 この聖書が約束する 神の御子Jesusの十字架による贖罪信仰による永遠の自由を生かして報われるのか。聖書の教える罪に支配されたままで永遠なる自由と幸福感を殺すかは、あなたの信仰生活次第だと教え説くのです。 あなたは、聖書に従順になろうと尽力している、永遠の自由を生かせる人生を築こうとしていますか? それとも、聖書の教える罪悪の奴隷となってしまい、未来や死後に不安を感じていませんか?肝に命じあいましょう。 第一コリントの手紙6:12『すべてのことが私には許されたことです。しかし、すべてが 私の人生の益になるわけではありません。主イエスの十字架により、私にはすべてのことが許されています。しかし、私はどんなことにも支配されはしません。』 15~17節, またBibleは、何でもありの、やりたい放題の自由とは、実は、真の自由人のすることではなく、そういう人生は身勝手なメチャクチャな罪人に成り下がるので、いつの日か自分の思考と行動の罪悪と過ちの刈り取りに縛られることになり、真の自由や幸福感を失ってしまうと忠告しています。 Bibleは、そういう身勝手な自由では、結局、神の御心や真理に背く罪悪に縛られるばかりで、自制できない愚かさを露呈しているだけであると教え説くのです。 あなたは、まことの自由の意味を 取り違えてしまって、かえって罪悪に縛られ、不自由な生活やストレスを生じさせていませんか? なぜなら聖書は...人生は真理に基づく自制ができずに、自らの欲望と快楽の奴隷になってしまえば、最初は楽しくても、最後は愚かで虚しい人生を刈り取る羽目になると、教え説くからです。ルール、真理に目をとめられない自制なき自由では、結局、不自由や罪悪の奴隷に成り下がるのです。目をさましあいましょう。 第一ペテロの手紙2:16~17『あなたがたは、神の真の自由人として行動しなさい。しかし、その自由を、悪の口実に用いないで、むしろ、神の奴隷のようになることで用いなさい。そうすれば、あなたは全ての物事の束縛から開放され、神はあなたに豊かに報いて下さるからです。自由人として、すべての人を敬い、兄弟姉妹たちを愛し、神を恐れ、権威を尊びなさい。』 第二コリントの手紙3:16~17『人が主の御言葉に心を向けるなら、心の壁と束縛感は取り除かれるのです。主はあなたの内に住まわれる聖霊です。そして、主のみことばに従うところに聖霊からの自由が与えられるのです。』 第一コリントの手紙9:19『私は主イエスの福音により、だれに対しても自由ですが、より多くの人を救うために、すべての人の奴隷となるように心掛けました。』 18節,またBibleは、神様から与えられた数多くの自由なひとときや恵みを 自慢し過ぎたり、自分勝手な欲望ばかりに用いる怠惰を起こさず、周囲の人々に福音や真理を蓄えながら教えたり、助けてあげる隣人愛や、神愛の為に仕える奉仕に費やすことを忘れてはいけないと、教え説きます。自由とは神様からあなたに与えられた、神の使命を行う為の恵みの一つでもあるのです。 あなたの自由の意識、自由の使い道は真理に叶っていますか? なぜなら聖書は...あなたの自由なひとときを どう用いて生かすかで、将来や死後の神の祝福や恩恵にも大差が生じてしまうと預言するからです。 しかしあなたは 聖書から真理を掴み取り、神様から与えられた自由を 神の使命と自欲や隣人愛の為にバランス良く用いて、未来や死後も報われる幸福人生を刈り取れると期待します。聖書の真理に従順になる人は皆、永遠なる自由と幸福感を勝ち取れるからです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆にJesusの十字架贖罪信仰とそのみことば(真理)から真の自由を 悟らせて下さい。 そうすれば 皆、神様から与えられて任された自由のひとときを 神の使命、自欲、隣人愛の為にバランス良く用いて、将来や死後、数多く、いく倍も報われる幸福人生を獲得できるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.