• sgbc-devotion

ローマ信徒への手紙6:11~14

2018年4月2日(月) ディボーション聖句

ローマ信徒への手紙6:11~14

11

このようにあなたがたも、自分は罪に対しては死んだ者であり、神に対してはキリスト・イエスにあって 新しく生まれた者だと思いなさい。

12

ですから、あなたがたの死ぬべきだった体を罪の支配にゆだねて、その情欲に従ってはいけません。

13

また、あなたがたの手足を不義の器として罪にささげてはいけません。むしろ、死者の中から生かされた者として、あなたがた自身とその手足を義の器として神にささげて生きなさい。

14

というのは、罪はあなたがたを支配することがないからです。なぜなら、あなたがたは律法の下にはなく、すでに恵みの下にあるからです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

では、聖句をあげてから説明します。

エペソの手紙4:17~24『もはや、神に選ばれたあなたは、神を知らない異邦人たちのように、虚しい心で人生を歩んではなりません。彼らは、その知性において暗く、彼らのうちの霊的な無知さと、頑固な心とのゆえに、彼らは神の永遠の命から遠く離れているからです。その為に、信仰と道徳的に無感覚となっている彼らは、ただ、好色と欲望に身をゆだねるしかなく、あらゆる不潔な行いや罪をむさぼるようになっています。しかし、神を知った あなたがたは、主イエスから、このようには学びませんでした。ほんとうにあなたがたが、主イエスのみことばに聞き、主にあって教えられているのならばです。まさしく、真理は主イエスにあるのですから、あなたは心を一新にして生活しなさい。その教えとは、あなたがたの以前の生活について言うならば、人を欺く自分勝手と情欲によって、滅びて行く古い人を脱ぎ捨てるべきこと、また、あなたがたの心に住む聖霊において新しくされ、真理のみことばに基づく、神の義と聖をもって、神にかたどり造り出された、新しい人生を身に着るべきことなのです。』

11~13節, このようにBibleは、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護による贖罪信仰を 信じて救われた あなたは、今や、この国の特別な聖なる器で、真の「神の子」とされたのだから、もう、Bible&Jesusのみことばや真理を知らなかった 昔のような生活はせず、自分は一度死んで生まれ変わったかのように、新たな気持ちで真理に基づいた生活習慣を築くようにと、教え説いています。

あなたはJesusの福音や真理を知る前と、大して代わり映えのない古い生活習慣や人間関係形成を 継続させていませんか?

なぜなら聖書は、神の救いを受けたクリスチャンたちが真理に基づいた 新しい生活習慣を築こうとしなければ、結局、神を知らない異邦人たちと代わり映えのない苦労や虚しい人生を強いられると、預言するからです。神の永続的な祝福と永遠の恩恵を獲得し続けるのに大切なのは、Jesusの忠告を素直に聞き入れて、新しい真理に基づいた生活習慣にパラダイムシフトし続ける姿勢と生き様が重要なのです。目をさましあいましょう。

ローマ信徒への手紙7:19~20使徒パウロは言いました。『しかし私は、自分でしたいと思う、みことばの善を行わないで、かえって、したくない悪を行っています。もし私が自分でしたくないことをしているのであれば、それを行っているのは、もはや私ではなくて、私のうちに住む悪霊からの罪なのです。』

13~14節,また聖書は...もし、あなたが聖書のみことばが正しいとして「アーメン」と祈りながらも、聖書のみことばを 数多く行えなていないのなら、その大きな原因は、あなたの生まれながらの性質によって残されている 悪霊の影響による悪い実であり、それこそが聖書の指す、あなたの人生をおとしめている原罪だと、教え諭しています。この原罪が残っているので、多くの神の民たちも真理に従えずに、悪霊のコントロール下で振り回され続けていると、教え説くのです。

そして聖書で...あなたの救い主Jesusは、あなたの人生をおとしめている 悪霊の影響や原罪を退けるには、ただ 聖書のみことば通りに身を委ねようとする姿勢と生き様が重要であり、主イエスのお名前で祈り求め続ける信仰を働かせなければ、なし得ないと教え説くのです。聖書は、これらのあなたの人生をおとしめている 悪霊の影響と原罪による悪の実のメカニズムに気づいて、真理に基づいた生活習慣に悔い改め続けなければ、まことの幸福感や揺るがぬ自由は獲得できないと教え説くのです。

あなたは、神の福音や真理を信じて悔い改めようとしなくとも、まことの自由や幸福人生を獲得できると過信することはありませんか?

なぜから聖書は、人は皆、神の福音や真理を 通して悔い改め続けようと祈り求めなくては、生まれながらの性質のままでは、まことの自由や幸福人生は獲得できないと教え説くからです。人は皆、人生の未来や死後、身勝手な欲望や快楽に生きた悪の実や原罪を 刈り取らなくてはならないのです。主イエスのお名前で、原罪や悪霊のコントロール下から自由になって、新しい真理に基づいた生活習慣にパラダイムシフトできるように、祈り続けることも重要です。

しかし聖書は、今日から本気で神の御子Jesusの十字架とそのみことばにすがって 改善しようと祈り続けるのならば、あなたには神の感動的な奇跡や祈り以上の幸福人生を獲得できるチャンスが巡ってくると、約束してくれます。この神の摂理や真理を 信じるか、信じられないかはお任せします。しかし聖書は、真心から聖書のみことば通りに改善しようと新しい人生に乗り換えられる人は皆、古い自我とその性質を選択し続ける人よりも百倍の恩恵と、自由や幸福人生を獲得できると預言するからです。新しく改善し続けて百倍報われる人生のチャンスを獲得するか、古い自我を手放せずに、未来や死を恐れる険しい人生を刈り取るかは当人次第なのです。

しかし、あなたは代わり映えのない古い性質による自我とその生活習慣を 脱ぎ捨てられ、段々と神の御子Jesusに似ていく新しい人生を歩むようになり、今までなかった程の神の感動的な奇跡と百倍の恩恵を獲得できる幸福人生になり変われると期待します。なぜなら、あなたの内なる聖霊は その為の救い主だからです。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、神様の存在とJesusの福音や奥義を知らなかった時の古い自分のセルフイメージや価値観を脱ぎ捨てさせ、日々のBibleのみことばから新しい神の子としての正しいセルフイメージと新しい生活習慣に切り替えられるように助けて導いて下さい。

そうすれば 皆、主なる神様からの特別な権威と百倍の恩恵を受け取れる 永遠なる自由感と幸福人生を獲得できるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「