• sgbc-devotion

ローマ信徒への手紙5:14~18

2018年3月29日(木)

ディボーション聖句

ローマ信徒への手紙5:14~18

14

ところが死は、アダムからモーセまでの間も、アダムの違反と同じようには罪を犯さなかった人々をさえ支配しました。アダムはきたるべき方のひな型です。

15

ただし、恵みには違反の場合とは違う点があります。もしひとりの違反によって多くの人が死んだとすれば、それにもまして、神の恵みとひとりの人イエス・キリストの恵みによる賜物とは、多くの人々に満ちあふれるのです。

16

また、賜物には、罪を犯したひとりによる場合と違った点があります。さばきの場合は、一つの違反のために罪に定められたのですが、恵みの場合は、多くの違反が義と認められるからです。

17

もしひとりの違反により、ひとりによって死が支配するようになったとすれば、なおさらのこと、恵みと義の賜物とを豊かに受けている人々は、ひとりのイエス・キリストにより、いのちにあって支配するのです。

18

こういうわけで、ちょうどひとりの違反によってすべての人が罪に定められたのと同様に、ひとりの義の行為によってすべての人が義と認められ、永遠のいのちを与えられるのです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

では、聖句をあげてから説明します。

創世記2:7~8『神である主は土地のちりで、世界人類最初の人・アダムを形造り、その鼻にいのちの息を吹き込まれた。そこで人は生きものとなれた。神である主は東の方エデンに園を設け、そこに主の形造った最初の人・アダムを置かれた。これが世界人類初の創造である。』

創世記3:17創造主なる神様は、神のみことばの違反したアダムに言った。『アダムよ、あなたはわたしが、絶対に食べてはいけないと命じておいた木から食べたので、この世界の土地は、あなたのゆえにのろわれてしまった。したがって、わたしの御言葉の忠告通り、あなたやあなたの子孫達は、一生、苦しんで働き、食を得なければならなくなる。』

14〜16節,このように聖書は...創造主なる神様によって造られた 最初の人・アダム(世界人類の祖先)は、神様から「絶対にしてはならない」と忠告された罪を犯してしまったので、彼の子孫である世界人類は寿命(死)が定められるようになり、人生で様々な病気や苦しみを背負わされたり、一生涯、労働して生きていかなくてはならなくなり、肉体の死後、神様から裁かれて、行き先が天国と地獄の二つに分けられるようになったと、教え説きます。

このようにBibleは、私たち人間の祖先をたどっていけば、最初はアダムとエバに行き着くと教え説きます。そして世界人類は、最初の祖先アダムとエバの神への大罪によって、全てのアダムの子孫たち(人間)は 罪の遺伝と呪いを受け継ぐようになり、神に反抗する悪い霊の性質も遺伝することになってしまったと、教え説くのです。人は皆、祖先から不完全な人間性と罪性も遺伝している為に、神の御子Jesusの十字架上の贖罪信仰がなければ、神様に赦され、救われる訳がないと教え説くのです。

出エジプト記 34:7『神は罰すべき者は必ず罰して報いるお方。父の罪と咎は子に、子の子に、三代に、四代にまで及ぶ。』

ガラテヤの手紙3:10『聖書に書いてある、すべてのことを堅く守って実行しなければ、誰でも皆、のろわれる。』

またBibleは、神のみことば(聖書、真理)に従おうと尽力する人々たちへの報いは親子千代までに及ぶと約束してくれますが、逆に、神のみことばに反抗し続ける人々のマイナスの報い(聖書のみことば、真理に反する罪)は、その人の人生どころか、親子代々にまで呪いとなって受け継がれてしまうと教え説くのです。誰でも、祖先から遺伝して生まれ出るのです。目をさましあいましょう。しかし、神のみことばから人生と死の真理と摂理を 知った あなたは大丈夫なはずです。なぜなら聖書は、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護を 祈り求めて、自らの人生での罪悪と過ちを 悔い改めよ続けようとする礼拝生活を大切に生きる人は皆、神と和解できて、遺伝した罪悪や呪いを十字架が引き受けて清めて下さると、約束するからです。

あなたは人生のマイナス要素や祖先たちから遺伝した罪性や呪いを、自分の力だけで取り去れると勘違いしていませんか?

なぜなら聖書は、神の御子Jesusの十字架による贖罪信仰による悔い改めなくして、あなたの背負うべき罪悪のマイナスの報いや祖先からの遺伝した原罪や呪いを取り去ることは不可能だと、教え説くからです。主イエスの十字架を仰ぎ見つつ、真理を通して、絶えず悔い改め続けながら 礼拝し続ける神の子たちは皆、全てのマイナスや呪いから完全に解放されるのです。

ガラテヤの手紙3:13『キリストは、私たちのために自ら十字架につき、のろわれた者となって、主イエスを信じる私たちを、律法ののろいから贖い出して、救ってくださいました。なぜなら「木にかけられる者はすべてのろわれたものである」と聖書に書いてあるからです。』

17〜18節, また聖書は、神の御子Jesusの贖罪信仰を 信じ、祈り悔い改め続けようとする あなたは、人生での全てのマイナスの刈り取りや遺伝的な呪いから開放されて救われる「神の子」となる特権を獲得できたと、約束します。神の御子Jesusの十字架信仰と神の教会にしっかり繋がり続けられれば、全てのマイナスや呪いはプラスになり変わり、永遠にいく倍も報われると約束するのです。Jesus信仰を 大切にし続ける人は皆、父なる神様から永遠にゆるされる特権や神のカラダなる教会に繋がることで、見えない悪霊や罪悪に勝利できる特別な権威を任されると、教え説くのです。しっかり胸に書き記して下さい。

あなたの人生にも、全てのマイナスや遺伝的な呪いをプラスに変えられるJesusの十字架信仰力と神の教会力が 表れることを 期待します。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆が受けるべき、全ての罪悪のマイナスの刈り取りや呪いを 神の御子Jesusの十字架力で完全に清めて贖い、神のみことばとその教会にしっかり繋がり続けられるように、助け導いて下さい。

そうすれば皆、人生でのマイナス的な刈り取りや遺伝的な呪いから開放されていき、全ての物事が プラスに転じる幸福人生になり変われるからです!主イエスのお名前に感謝して祈ります。AMEN!!!

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.