• sgbc-devotion

ローマ信徒への手紙5:10~13

2018年3月28日(水) ディボーション聖句

ローマ信徒への手紙5:10~13 10

もし神の敵であった私たちが、神の御子イエスの死によって神と和解させられたのなら、和解させられた私たちが、彼のいのちによって救いにあずかるのは、なおさらのことです。

11

そればかりでなく、私たちのために今や和解を成り立たせてくださった私たちの主イエス・キリストによって、私たちは神を大いに喜んでいるのです。

12

そういうわけで、ちょうどひとりの人によって罪が世界に入り、罪によって死が入り、こうして死が全人類に広がったのと同様に、――それというのも全人類が罪を犯したからです。

13

というのは、聖書の律法が与えられるまでの時期にも罪は世にあったからです。しかし罪は、何かの律法がなければ、認められないものです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

10~13節,このように使徒パウロは、昔の自分にも神信仰はありましたが、日々の生活習慣は「神の子」としては程遠く、それどころか、隣人愛に冷めており、むしろ、神のお名前とみことばを自分本位に悪用する神の敵対者であったと、自らの罪悪や勘違いを 告白しました。

あなたの日々の生活習慣と人間関係のあり方はまことの「神の子」と言えますか?

なぜなら聖書で、使徒パウロは 以前の自分は、人類の祖先たちの不信仰、過ちや罪悪の遺伝を継承しており(原罪)、貪欲な社会形成や常識に影響され過ぎて毒されていたので、何よりも大切な神信仰や隣人愛(人命、人心)よりも、自欲に関する富と快楽を 何より優先していた「悪魔の子」であったと分析して悔い改めたからです。

あなたの信仰や生活習慣に、以前のパウロのような神の祝福を妨げる性質はありませんか?

なぜなら聖書は..w使徒パウロのように、日々のみことばから自分自身を分析して、祈りつつ悔い改め続ける姿勢と生き様が まことの神信仰だと教え説くからです。

また聖書は...Jesusの十字架信仰は、あなたが先祖代々から受け継いでいる原罪や自らの人生での罪悪や勘違いを 身代わりに贖罪してくれる神の救いであり、あなたの内なるHolySpiritとは、神の祝福を受ける為に必要な生活習慣と人間関係形成を築くためのみことばを 生き様にする神の子に生まれ変えさせる為の永遠の助け主だと教え説きます。そしてあなたも、使徒パウロのように、内なるHoly Spiritの助けを借りて、永遠に報われる幸福人生に生まれ変われると期待します。

第一ヨハネの手紙3:10『神のこどもは罪を犯しません。そのことによって、神の子どもと悪魔の子どもとの区別がはっきりします。神の御ことばと、その義を行わない者はだれも、神から出た者ではありません。また、兄弟姉妹を愛さない者もそうなのです。』

また使徒パウロは、昔の自分にも神信仰はありましたが、当時は神のみことばと神の義やご計画を 軽んじて生活しており、献身的な教会の神の家族たちよりも、不信仰で俗悪な仲間たちを 大切にする悪魔の誘惑や罪悪に捕らわれてしまって、神の愛の鞭や不治の病をも背負って、日々悔い改め続ける人生を生きてきたと証し伝えています。

しかし後に使徒パウロは、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護による、神の愛に心打たれ、洗礼を受けてから心を一新にして、内なる聖霊からのみことばと教会生活を重んじるようになり、結果、神の子としての特別な権威や歴史に名を残すほどの神の百倍の恩恵を勝ち取る幸福人生になり変われたと、証ししたのです。

使徒パウロは Jesusのみことば通りに悔い改めて洗礼を受けることで人生の救い主・聖霊を受けられ、新たに、神の子としての祝福に満ちた永遠なる人生が始まったと教え説きました。日々、聖霊の助けを祈り求め続けることも重要なのです。

そして聖書は、あなたも、使徒パウロのように、かつては祖先たちの罪悪と過ちの遺伝や、経済至上主義の悪霊に支配された人生に振り回される人生を強いられてきましたが、今は神の御子Jesusの十字架の血潮により清められて神の養子とされており、聖書の教えるみことばのおかげで、永遠なる人生と死の摂理と真理を知り、永遠に報われる幸福人生を獲得できるチャンスに恵まれた幸運な人だと教え説くのです。神のみことばを 堅く信じて悔い改め続ける人は皆、使徒パウロのように、「神の子」としての特別な権威や永遠なる相続の特権を獲得できると約束するのです。全てはあなたの日々の信仰、生き様次第です。しっかり胸に書き記して下さい。

以下の聖句は、悪魔の支配と誘惑に捕らわれていた頃の昔のパウロと、神の国におられるJesusとの祈りによる会話の聖句です。

使徒の働き26:15~18『私パウロが『主よ。あなたはどなたですか』と言いますと、主がこう言われました。『わたしは、あなたが無視、迫害してきた主イエスである。起き上がって、自分の足で立ちなさい。わたしがあなたに現れ、御ことばを語るのは、あなたが見たこと、また、これから後、わたしがあなたに現れて、御ことばを示すことについて、あなたを奉仕者、またキリストの証人に任命するためである。わたしは、このイスラエルの民と全世界との中から、あなたを救い出し、あなたを遣わします。それは全世界の民の目を開いて、人々を暗やみから光に、サタン(悪霊)の支配から神に立ち返らせ、わたしイエスを信じる信仰によって、全ての人に罪の赦しを得させ、聖なるものとされた人々の中にあって、天の御国を受け継がせるためである。』

このようにBibleは...「神の子」とされたあなたも、現在は悪霊の支配下(神信仰、人命、人心、隣人愛よりも個々の経済と快楽や利便性を重要視する愛に冷えた悪い社会形成下)に置かれており、世界人類は死後の滅びに向かって生きるしかない世界情勢だと教え説きます。

しかし聖書は、この世界人類を永遠の死と滅びから救う為に神の御子Jesusは生まれ、世界人類の人々を悔い改めさせて救い導く為に、神様はJesusの贖罪信仰による福音や神の教会制度を設けられたと教え説くのです。神の教会に繋がる一人一人は、神の国の大使の一人であり、神のカラダの役割を果たす為に、神様が わざわざJesusの教会に集めたと教え説くのです。このように聖書は、あなたが見えずとも、また聞こえなくとも、間違いなく、あなたは神様に呼ばれて神の国の使命を果たす為に神の教会に繋がったと教え説くのです。

あなたは自分の選択と周囲の人の誘いだけで聖書の福音をしり、教会に繋がったと勘違いしていませんか?

なぜなら聖書は、神の福音を聞いたあなたは、わざわざ神様が教会に集めた「神の使命を担う器」だと教え説くからです。神の使命に目覚める人は皆、永遠にいく倍も報われるのです。

そして聖書は...神の子とされたあなたは神の教会のカラダの一部としてな天に宝を積む奉仕や献金などをして、神の福音や永遠の真理を教え伝える愛の伝道者としての使命も受けていると、教え説きます。また聖書は、この神の使命を しっかり自覚して立ち上がれる「神の子」たちには、神の特別な権威が任されたり、人生と死後の両方で願い以上を叶えられる奇跡も任され、すべての必要も満たされていく幸福人生になり変われると、約束するのです。新しく生まれ変わった使徒パウロのように、これら神の国の特別な権威と特権を 生かせるか。昔のパウロのように神様の摂理と真理を敵に回して、虚しく散っていくかは、当人次第だと教え説くのです。目をさましあいましょう。

なぜなら聖書は、この世界に振り回され過ぎて、昔のパウロのように神のみことばと教会から距離を置き続ける人生はサバイバルを強いられますが、内なるHolySpiritとそのみことばに人生を託せる人は神のリバイバルを体験して報われると預言するからです。

あなたが 昔のパウロのような虚しいサバイバルの信仰生活や教会生活ではなく、生まれ変わったパウロのように神のリバイバルを体験できる信仰&教会生活になり変われると期待します。あなたの内なる聖霊は、その為の助け主だからです。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、神の国の大使として、神のカラダなる教会で天に宝を積める奉仕者となり、説得力のある神の民になれるように助け導いて下さい。

そうすれば 皆の人生に、神の特別な権威と奇跡が任され、全ての必要も満たされていき、永遠に報われるリバイバル人生を獲得できるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「