• sgbc-devotion

ローマ信徒への手紙5:6~9

2018年3月27日(火) ディボーション聖句

ローマ信徒への手紙5:6~9 6

私たちがまだ弱かったとき、キリストは定められた時に、不敬虔な者のために死んでくださいました。

7

正しい人のためにでも死ぬ人はほとんどありません。情け深い人のためには、進んで死ぬ人があるいはいるでしょう。

8

しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。

9

ですから、今すでにキリストの血によって義と認められた私たちが、彼によって神の怒りから救われるのは、なおさらのことです。 [聖句メッセージ]

昨日の続きです。

では、聖句をあげてから説明します。

ルカ福音書5:31~32『イエスは答えて言われた。「医者を必要とするのは丈夫な者ではなく、病人です。わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招いて、悔い改めさせるために来たのです。」』

6節,このように聖書で...あなたの神様は、たとえ、どんなに自分勝手な罪深い人であったとしても、今、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護による贖罪を 祈り求め、昨日までの人生のあり方を悔い改めようとし続けるのならば、永遠に救い導いて下さると、約束してくれます。あなたの神様は敬虔かつ素晴らしい信仰者だけでなく、無知で、自分勝手な的外れな人生を歩んで来た人々が 滅び行くのを見ていられずに、ご自分の神の御子Jesusを 世界人類に送って下さったのです。そして聖書は...今こうして聖書の福音と真理を聞かされている あなたは神の御子Jesusに救われて悔い改め、永遠の裁きを免れる「神の子」で可能性が高いと、教え説いているのです。日々 Jesusの十字架信仰とみことばを胸に、真心から悔い改め続けられるように祈り続ける人は皆、必ず、永遠に報われると約束するのです。

ローマ信徒への手紙3:10~12『次のように聖書は書いています。「義人はいない。ひとりもいない。完全な悟りのある人はいない。また、神が招かなくては、神を求める人などいない。すべての人が人生に迷い出て、みな、ともに、的外れで、無益な者となっている。結局、善を行う人はいない。ひとりもいない。」』

そしてBibleは、人は皆、貧困や天災などで苦しんで餓死する子供たちさえ無視してまで、自国や自分の事ばかりに夢中になる程、貪欲で的外れな人生を送っており、愛に冷えた悪い社会に毒されていると、教え説きます。またBibleは、この世界には神の認める程に真の正しい義人などいやしないと、教え説くのです。

あなたは、神の御子Jesusの身代わりの死や弁護を受けられる十字架贖罪信仰による悔い改めなくして、永遠に報われると過信することはありませんか?

なぜなら聖書は、人は皆、不完全であり、神の御子Jesusの贖罪信仰による神礼拝や愛の奉仕活動などによる悔い改めなくして、永遠に報われる人生はなし得ないと、教え説くからです。目をさましあいましょう。

また聖書は、世界人類の無神論者たちが どんなに神の存在を否定しようとしても、結局のところ、何も立証などできていないと、教え説きます。聖書は、この世界の全ての物事を悟り語れる人など、誰一人として存在していないという常識を 教え説いているだけなのです。

そして聖書は、世界人類の全ての知恵や学問で神様の存在の有無を 立証できていないのは神様の知恵とご計画であり、あなたの神様はご自身を信じようとする素直な人々の心霊とみことばを通してしか、現れることはないと教え説いています。この神の摂理とご計画を しっかりと胸に刻んで下さい。神の摂理とご計画を悟れる人たちだけが、神体験と神の救いを獲得できるからです。人間の限界と限度を悟りつつ、幼児のような純粋な神信仰を認められる謙遜さと想像力や夢を 大切に生きる人だちだけが、永遠に救われるのです。しっかり胸に書き記して下さい。

ヨハネ福音書3:16~18『神は、実に、そのひとり子イエスをお与えになったほどに、この世を愛された。それは御子イエスを信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。神が御子イエスを世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、御子イエスの十字架によって世の人々が救われるためである。だから、御子イエスを信じる者はさばかれない。信じない者は神のひとり子イエスの御名を信じなかったので、すでに裁かれている。』

8〜9節,また聖書は...あなたの神様は 度重なる天変地異が起こる この国に対して、そして未来に様々な不安を抱えている全国民に、ご自分の存在と真理なるみことばの救いを 教え表す為に、あなたを特別に選んで救われたと教え説きます。あなたは この国の人々を 祈りで支え、出来る限り、一人でも多くの人々に神の御子Jesusの十字架の救い(福音)を 証し伝える為に、神様に選ばれたと教え説くのです。

全人生は、いつか 死を迎え、神のご計画通りに永遠の死後の世界に移されます。この現実と真理に目を醒まし、周囲に神の救い(福音)を宣べ伝える人は皆、永遠にいく倍も報われるのです。

あなたは、今、誰に福音を伝えるべきですか?

あなたの隣人愛と内なる聖霊を通して、周囲の人々が数多く救われる事を期待します。あなたに与えられた十字架のみことばと内なる聖霊には、それができるからです。AMEN

(祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、Jesusのように、周囲の全ての人々が神の救いを受けられるように真心から祈りつつ、一人でも多くの人々に福音を証し続けられるように助け導いて下さい。

そうすれば、皆の大切な人々が 救われたり、皆の全ての必要が満たされる幸福人生になり変わり続けるからです。主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「