ローマ信徒への手紙4:20~25

2018年3月25日(日) ディボーション聖句

ローマ信徒への手紙4:20~25

20

彼は、不信仰によって神の約束を疑うようなことをせず、反対に、信仰がますます強くなって、神に栄光を帰し、

21

神には約束されたことを成就する力があることを堅く信じました。

22

だからこそ、それが彼の義とみなされたのです。

23

しかし「彼の義とみなされた」と書いてあるのは、ただ彼のためだけでなく、

24

また私たちのためでもあるのです。すなわち、私たちの主イエスを死者の中からよみがえらせた方を信じる私たちも、その信仰を義とみなされるのです。

25

主イエスは、私たちの罪のために死に渡され、私たちが義と認められるために、蘇られたからです。

[聖句メッセージ]

本日でローマ信徒への手紙4章は終わりです。

20節,『彼』とは、世界人類の信仰の父と言われている『アブラハム』。

創世記18:18~21神は言われた。『アブラハムは必ず大いなる強い国民となり、地のすべての国々は、彼によって祝福される。わたしが彼を選び出したのは、彼がその子らと、彼の後の家族とに命じて主の道を守らせ、正義と公正とを行わせるためであり、主が、アブラハムについて約束したことを、彼の上に成就するためである。」』

このように聖書で...あなたの父なる神様は、もし、あなたが 信仰の父・アブラハムの信仰による生き様を人生の模範とすることで、日々のBibleのみことばを 堅く信じて行動に移せる真理と使命の開拓者の道を歩むのなら、あなたは全てのみことばの約束や必要な奇跡をも獲得できると、約束してくれています。あなたの人生に神の圧倒的な祝福、祈りの応答を獲得するのに重要なのは、あなたの信仰による生き様と使命感次第だと教え説くのです。Jesusが教える真理と周囲の人々に福音伝道し続ける愛の使命さえ、日常生活と人間関係形成に組み込めれば、人生は永遠に安泰だと、約束するのです。アブラハムのように不信仰や疑いを すべて捨て去り、神様との永遠の契約と祝福を喜んで期待して、誠心誠意、みことばと向き合い続ければ永遠に報われるのです。しっかり、胸に書き記して下さい。

マタイ福音書5:18Jesusは言った。『まことに、あなたがたに告げます。天地が滅びうせない限り、聖書の中の一点一画でも、決してすたれることはありません。全部が成就されるからです。』

21~25節,信仰の父・アブラハムは神のみことばの約束と預言は、必ず成就することを 確信していました。

そして あなたの救い主Jesusは、山をも動かせる まことの信仰とは、このアブラハムのように、聖書のみことばを堅く信頼し続ける姿勢と生き様が重要だと、教え説いたのです。あなたの神様は、あなたの信仰による姿勢や、神の教える真理と使命による生き様を見て、人生と死後の報いを振り分けられるのです。

あなたはアブラハムの信仰を模範にとして、日々 祈り、真理を通して 悔い改め続けようとしていますか?

それとも、アブラハムの信仰や神の教えた真理や使命から外れた 自己流の宗教に甘んじていませんか?

なぜなら聖書は、神のみことばによる 永遠の真理や使命から外れ続ければ、神様との契約は成立できないと忠告するからです。

マタイ福音書5:13~14Jesusは言った。『あなたがたは、地の塩です。もし塩が塩けをなくしたら、何によって塩けをつけるのでしょう。もう何の役にも立たず、外に捨てられて、人々に踏みつけられるだけです。そして、あなたがたは、世界の希望の光です。あなたがたの御ことばの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行いを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。』

そして聖書は、もし あなたが、今日から真理のみことばや神様から与えられた使命を 隠さずに、具体的に表面化して生きようと悔い改め続けるのならば、あなたはこの社会で神の希望と福音の光を放つことになり、結果、クリスチャンの少ない日本社会においても、神の国の塩気のきいた 尊い人生を築けると、約束してくれます。聖書は アブラハムのように、移ろい変わりやすい社会や周囲の人々に振り回されず、時には 思い切りよく、Jesusが教えた真理と福音による使命を表面化させていく暮らしに切り替える決断と勇気さえ働かせれば、永遠に尽きない幸福人生を刈り取れると、約束したのです。

また聖書は、もし 神の子たちが 神のみことばの光と福音宣教の愛の使命を 隠していては、人生の本来の目的と聖霊からの塩気をなくしてしまい、常に闇と影を引きずる 虚しいクリスチャンライフで終わってしまうと、預言するのです。目をさましあいましょう。

あなたはJesusからの真理と使命を 全面に出し切って、神の光の中で暮らせていますか?

それとも、神の光(真理と福音を出し切る生活)やクリスチャンとしての使命感(塩気)を全面に出し切れずに、常に闇と影の葛藤と支配につきまとわれる 弱々しいクリスチャンライフを強いられていませんか?

なぜなら聖書は、あなたの救い主Jesusからの真理と使命を 全面的に打ち出そうと決断する神の子(神の国と義を第一にする人生)たちだけが、全面的な神の祝福と希望や恩恵を受け取れると預言するからです。あなたの内なる聖霊と真理のみことばとは神の光。人間が放つ闇や影に支配されては、神の希望の光(永遠の自由と揺るがな幸福感)を放てないと教え説くのです。

マルコ福音書9:50Jesusは命じた。『塩は、ききめのあるものです。しかし、もし塩に塩けがなくなったら、何によって塩けを取り戻せましょう。あなたがたは、みことばを信じて行い、自分自身のうちに塩けを保ちなさい。そして、教会では互いに和合して暮らしなさい。』

しかしあなたはあなたの関わる神の教会の仲間たちと神の真理と使命の光を放てる、山をも動かせるまことの信仰となっていくと、期待します。あなたの内なる聖霊と真理のみことばに従う人は皆、永遠にいく倍も報われ続けるからです。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、信仰の父・アブラハムのように不信仰と疑いや恐れを 一切捨て去せ、神の教えた真理と福音による使命の光と塩気を しっかり放てる生活習慣と人間関係を築けるように助け導いて下さい。

そうすれば 皆、山をも動かせるまことの信仰力や聖霊力を 任されるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「