• sgbc-devotion

ローマ信徒への手紙4:11~15

2018年3月23日(金) ディボーション聖句

ローマ信徒への手紙4:11~15

11

彼は、割礼を受けていないとき信仰によって義と認められたことの証印として、割礼というしるしを受けたのです。それは、彼が、割礼を受けないままで信じて義と認められるすべての人の父となり、

12

また割礼のある者の父となるためです。すなわち、割礼を受けているだけではなく、私たちの父アブラハムが無割礼のときに持った信仰の足跡に従って歩む者の父となるためです。

13

というのは、世界の相続人となるという約束が、アブラハムに、あるいはまた、その子孫に与えられたのは、律法によってではなく、信仰の義によったからです。

14

もし律法による者が相続人であるとするなら、信仰はむなしくなり、約束は無効になってしまいます。

15

律法は怒りを招くものであり、律法のないところには違反もありません。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

では、聖句をあげてから説明します。

創世記17:10~12創造主なる神様は言われた。『次のことが、わたしとあなたがたと、またあなたの後のあなたの子孫との間で、あなたがたが守るべきわたし・神との契約である。あなたがたの中のすべての男子は割礼を受けなさい。あなたがたは、あなたがたの性器の包皮の肉を切り捨てなさい。それが、わたしとあなたがたの間の契約のしるしである。あなたがたの中の男子はみな、代々にわたり、生まれて八日目に、割礼を受けなければならない。』

11節, 神の救い主Jesusが出現する以前の旧約聖書の時代は、神信仰を持つ「神の子」たちは、その証しとして、性器の包皮をカットする割礼手術が 通常的に行われていました。「割礼」を受けていた人は皆、「神の子」と認められていたのです。

尚、この旧約聖書の影響もあり、現在は欧米諸国などでも、この男性器の包皮切除(割礼)が 習慣ともなっています。Bibleは世界の法令だけではなく、様々な世界常識と習慣の基盤ともなる世界的な真理を果たし続けているのです。しっかり 胸に書き記して下さい。

ルカの福音書5:12『彼らがイエスのみことばを信じる信仰を見て、イエスは「友よ。あなたの罪は赦されました」と言われた。』

11節,このJesusのみことば通り...人は皆『割礼』を受けなくとも、新約聖書のJesusの十字架のみことばを 信じ、祈り悔い改め続ければ、永遠に救われます。これが、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護による贖罪信仰を 受け入れられた信仰者たちへの神様からの特別な約束(遺言)、福音なのです。

マタイ福音書28:18~20『イエスは神を信じる人々に、こう言われた。「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子(.クリスチャン)としてあげなさい。そして、父、子、聖霊の御名によって洗礼(バプテスマ)を授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのみことばを守るように、みなを教えなさい。見よ。そうすれば、わたしは、世の終わりまで、いつも あなたがたと共にいます。」』

12~15節,このように新約聖書で...神の御子Jesusは『割礼』など、特別なことをしなくとも、ただご自分を信じて洗礼さえ受ければ、それで良いと教えてくれたのです。人は皆、Bible&Jesusのみことばを信じさえすれば救われることになり、ただ 洗礼を受けさえすれば 神様からの永遠なる助け主・聖霊が与えられると、約束するのです。

ルカの福音書11:9,11,13 主イエスは約束した。

「わたしは、あなたがたに言います。求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。あなたがたの中で、子どもが魚を下さいと言うときに、魚の代わりに蛇を与えるような父親が、いったいいるでしょうか。してみると、あなたがたも、悪い者ではあっても、自分の子どもには良い物を与えることを知っているのです。とすれば、なおのこと、天の父が、求める人たちに、どうして、あなたの助け主 聖霊を下さらないことがありましょう。」

そしてBibleは この洗礼を通して与えられる聖霊力(HolySpirit)を、如何にしてキープして満たせるかが、神様からの祈り以上の奇跡や大切な人々を救い出す為のキーポイントだと、教え説いています。

また聖書は、日々のBibleのみことばを蓄えつつ、絶えず、Jesusの十字架を仰ぎ見ながら 悔い改め続けるように祈りつつ、神様から与えられた聖霊力のアップを求め続ける姿勢と生き様が 重要だと教え説くのです。聖書はクリスチャンにも神の祝福や人生の刈り取りに大差が生じてしまうのは、この聖霊力による大差が原因していると教え説くからです。聖霊の満たしを 祈り求め続ける姿勢が重要です。

ヤコブの手紙2:23『「アブラハムは神を信じ、彼の信仰が神に義とみなされた」という聖書のみことばの預言が実現し、彼はみことばに従うことで、神の友とまで、認められていったのです。』

また聖書は、神の御子Jesusの十字架の贖罪信仰を持てた あなたは、すでに神様に良しとされて救われており、あとは、如何にしても全てのみことばを信じて、具体的に人生に表せるかだけにかかっていると、預言します。聖書は、それさえできれば、どんな神の奇跡や願いの応答も引き出せる人生の成功者、永遠の勝利者になれると、約束してくれたのです。あなたにできなくとも、あなたの内なる聖霊はそれを可能にして下さる助け主なのです。そして聖書は、もし、あなたが 日々のBibleのみことばを 具体的に人生に適用し続けようと祈り努めるのならば、あなたは神の親友に引き上げられていき、あなたの想像をはるかに超えた不思議な祝福まで刈り取れると約束するのです。人は皆、期待を裏切る罪人ですが、あなたの神様とそのみことばは期待以上の約束を 果たすお方なのです。すべてはあなたの信仰次第です。肝にめいじあいましょう。

近い将来、あなたは日々のBibleのみことばを 思考して行動することを 人生の目的となって聖霊に満たされていき、あなたの想像をはるかに超えた神の感動的な奇跡や天国行きの救霊者を刈り取れると期待します。なぜなら、これが 聖書のみことばに人生を注ぎだす人々に与えられた、神の約束と預言だからです。AMEN

(祈り) 主なる神様、皆を神の聖霊とJesusのLoveで満たし、日々のBibleのみことばを 思考と行動に移すことを 人生の目的となれるように助け導いて下さい。

そうすれは 皆、想像をはるかに超えた神様からの奇跡や天国行きの救霊者も獲得できる、永遠の幸福人生になり変われるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「