• sgbc-devotion

ローマ信徒への手紙4:6~10

2018年3月22日(木) ディボーション聖句

ローマ信徒への手紙4:6~10 6

ダビデもまた、行いとは別の道で神によって義と認められる人の幸いを、こう言っています。

7

「不法を赦され、罪をおおわれた人たちは、幸いである。

8

主が罪を認めない人は幸いである。」

9

それでは、この幸いは、割礼のある者にだけ与えられるのでしょうか。それとも、割礼のない者にも与えられるのでしょうか。私たちは、「アブラハムには、その信仰が義とみなされた」と言っていますが、

10

どのようにして、その信仰が義とみなされたのでしょうか。割礼を受けてからでしょうか。まだ割礼を受けていないときにでしょうか。割礼を受けてからではなく、割礼を受けていないときにです。 [聖句メッセージ]

昨日の続きです。

6節,この『ダビデ』とは、10代の頃は信仰深い事だけが取り柄であった、ただの羊飼いの少年でした。しかし「ダビデ」少年は父なる神様にまっすぐな信仰深さを認められて、神の預言者サムエルからイスラエルの王位に就くという超常識的なみことばの預言を与えられ、彼はその預言を堅く信じて受け入れたために、結果、聖書のみことばの通りに、あれよあれよと奇跡的にイスラエルの王様にまで上り詰めた、まことの信仰者でした。

このようにBibleは、ダビデ少年のように、神の教会から語られるBibleの預言を 堅く信じる者には神の100倍の報いや奇跡が 起こり得ると、約束してくれます。神のドラマティックな奇跡や成功を勝ち取るのに重要なのは、神の教会から教えられるみことばと自分に与えられた可能性を 信じ続ける信仰心だと教え説くのです。すべてはあなたの信じ方と日々の信仰生活次第だと教え説くのです。しっかり胸に書き記して下さい。

ヘブル人の手紙11:6『信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。』

そして聖書は、ダビデのような神様からの感動的な奇跡や清いサクセスストーリーを実現するには、まっすぐな聖書信仰しかなし得ないと教え説いています。こうして、聖書信仰を手にしたあなたには神様からの偉大な可能性が与えられているのです。人生は長いようで、長くはありません。目をさましあいましょう。

まっすぐな旧約聖書信仰を持っていたダビデ王も、純真無垢な信仰を持ち続けられたので、彼は いつも神様を味方につけられ、聖霊の奇跡と圧倒的勝利を掴み取れたと、聖書は教え説いています。

尚、昔は ただの羊飼いの少年であったダビデでしたが...彼は母国イスラエルとペリシテ王国との戦争時、敵国ペリシテ軍の英雄で、無敵な大男ゴリアテ将軍を 信仰による勇気と聖霊からのみことばだけを堅く信じることで立ち向かい、ダビデはたった一投の投石でゴリアテを打ち殺した為、彼はイスラエルの英雄に躍り出た人でした。彼はど素人の軍人であったのに、絶対的なみことば信仰と母国を愛する思いだけで立ち向かって、神の後ろ盾を頂いた為に、たった一晩で神の民の英雄になり変われたのでした。そしてダビデは、以後、初代イスラエル王国のサウル王の直属の部下に出世して、後にサウル王が戦死してからは神の預言者サムエルの預言通り、全イスラエル王国を統治する名王となり変われたのです。このように聖書は、ダビデのように、神の国拡大と兄弟姉妹愛の為に、誰をも、そして何をも恐れない聖書信仰を働かせる人は皆、神の圧倒的な奇跡や清いサクセスストーリーを実現できると約束します。

あなたは、神の国拡大の清い夢と兄弟姉妹愛のビジョンの為に、何をも、誰をも恐れない聖書信仰を働かせる覚悟ができていますか?

なぜなら聖書は、恐れを持ち、聖書信仰と内なる聖霊を退ける人には神の圧倒的な奇跡や清いサクセスストーリーの証しは実現できないと、預言するからです。人生は唯一度きり、恐れは禁物なのです。

そして、このダビデ王は 旧約聖書の『サムエル記』および『列王記』に登場しており、『詩篇』の筆者として、現在でも世界中を教え励ます神の預言者として名を残しています。尚 ダビデ王はキリスト教だけでなく、ユダヤ教とイスラム教においても、神の重要な預言者の一人に位置づけられており、英語の男性名デビッド(David)は、彼の名から由来しています。このように聖書は、ダビデのように恐れ知らずの主のしもべたちは、非常に高くされていくと約束するのです。

7~8節,『不法を赦され、罪をおおわれた人たちは、幸いである。』『主が罪を認めない人は幸いである。』また聖書は、現在のあなたは、神の御子Jesusの十字架贖罪信仰のおかげで、全ての罪悪と過ちを赦されるチャンスに恵まれた幸いな人だと、教え説いています。ただ、神の御子Jesusの十字架の救いとみことばを堅く信じて、悔い改め続ければ、父なる神様はあなたを赦し続けて下さると約束するのです。あなたは、すでに幸いなはずなのです。

9~10節,『割礼』とは旧約聖書で命じている、信仰者のしるしとして、性器の包皮の一部を切除する儀式的な聖典。尚、クリスチャンは、霊的割礼となる「洗礼」が、この割礼と同等に位置づけられています。聖書は 割礼をうけなくとも洗礼を受ければ、永遠の救い主 聖霊を受けられると約束するのです。

ローマ信徒への手紙10:10~11『人は心で主イエスを信じて、神に義と認められ、口で信仰告白をして救われるのです。聖書はこう言っています。「主イエスに信頼する者は、失望させられることがない。」』

このように聖書は「割礼」など...あなたが 特別なことをしなくても、神の御子Jesusの十字架信仰さえ、口で告白しながら、自らの人生での罪悪と過ちを 悔い改めようとし続けるのならば、父なる神様はあなたの全てをゆるして、永遠に救い導いて下さると約束してくれます。Jesus信仰を受け入れられた あなたは、もうすでに、清い「神の子」とされるチャンスを獲得できたと、教え説くのです。

あなたが ダビデのように恐れ知らずの信仰者になっていき、神の国拡大の夢と清いサクセスストーリーの使命を実現できると期待します。あなたの内なる聖霊と教会の神の家族たちは、その為の助け手だからです。AMEN

(祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、ダビデ王のように、何をも、誰をも恐れない 揺るがぬ聖書信仰を 確信させて下さい。

そうすれば 皆、神様から与えられる神の国拡大の夢と清いサクセスストーリーを 神の家族たちと実現出来るからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「