• sgbc-devotion

ローマ信徒への手紙1:25~27

2018年3月7日(水) ディボーション聖句

ローマ人への手紙1:25~27 25

それは、彼らが神の真理を偽りと取り代え、造り主の代わりに造られた物を拝み、これに仕えたからです。造り主こそ、とこしえにほめたたえられる方です。アーメン。

25

こういうわけで、神は彼らを恥ずべき情欲に引き渡されました。すなわち、女は自然の用を不自然なものに代え、

26

同じように、男も、女の自然な用を捨てて男どうしで情欲に燃え、男が男と恥ずべきことを行うようになり、こうしてその誤りに対する当然の報いを自分の身に受けているのです。 [聖句メッセージ]

昨日の続きです。

では、聖句をあげてから説明します。

創世記1:1『初めに、創造主なる神が天と地を創造した。』

創世記1:27『そして神は、人をご自身のかたちに似せて創造された。神のかたちとして人を創造し、男と女とに創造された。』

25節, このようにBibleで教える主なる神様とは、世間で耳にする神々とは違って、天地万物、全人類の全てを造られた創造主なる神様であると、教え説いています。Bibleの教える神様は、あなたや目にするすべての万物の作者だと、教え説くのです。

そして聖書は、人は皆、創造主なる神様に似せて造られており、神の誇る最高傑作でもあると教え説いています。

あなたは 自身が神様が造られた傑作であることを忘れて、他人と比べて自己嫌悪になったり、嫉妬したりしてしまうことはありませんか?

なぜなら聖書は、人間にはそれぞれに個性があり違いがありますが、人間が思う程の大差などなく、すべての人々が神様の傑作であると教え説くからです。神様の霊感で書かれた聖書から、神様に造られたあなた自身の偉大なる可能性や、神様の創造の意図を探し出せば、必ず、あなたの人生は最高なものとなれると、約束するのです。目をさまして 聖書に向き合いあいましょう。

また聖書は、あなたは、神の御子Jesusの十字架による贖罪信仰を信じて すでに「神の子」として数えられており、現在のあなたは創造主なる神様の宝でもあると、教え説きます。この父なる神様からあなたに与えられた、まことのアイデンティティに気がつくことも重要なのです。これらの真理と自らの可能性を 聖書から探り出しながら、あなた自身の人生と神様の意図を 大切に考えながら生き続ければ良いだけです。しっかり 胸に書き記して下さい。

申命記5:7~10創造主なる神様は言われた。『あなたには、わたしのほかに、ほかの神々があってはならない。あなたは、自分のために、偶像の神を造ってはならない。上の天にあるものでも、下の地にあるものでも、地の下の水の中にあるものでも、どんな形をも造ってはならない。それらを拝んではならない。それらに仕えてはならない。あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神、わたしを憎む者には、父の咎を子に報い、三代、四代にまで及ぼし、わたしを愛し、わたしの命令を守る者には、恵みを千代にまで施すからである。』

また聖書は、人は皆、創造主なる神様以外の物事に頼り過ぎたり、偶像を拝んでしまうと、それらに支配されることになり、結果、永遠なる幸福感を手放してしまうと、教え説きます。まことの神様とその真理以外の物事には永遠などなく、すべて朽ち果てたり、変わり続ける不完全なものばかりだと、忠告するのです。

あなたは、やがて朽ち果てる物事に必要以上の期待や希望をふくらませることがありませんか?

なぜなら聖書は創造主なる神様への愛と信仰やその真理だけが、永遠の希望を生み出せると教え説くからです。神の救い主Jesusとそのみことばを 堅く信じて生き続ける人は皆、ただ それだけで、父なり神様の永遠なる養子とされることになり、創造主なる神様以外に期待して崇拝し続ければ、まことのあなたらしさや、永遠の希望を見失うと忠告しているのです。しかしあなたは、永遠の救い主Jesusとその真理に期待し続ける人生になって、永遠の祝福と希望を手にすると期待します。あなたの内なる聖霊はその為の救い主だからです。

25~26節,『情欲』とは、男女間の肉体的な欲望。色情、色欲による、恋愛的共依存。また、誰もが持っている世俗的な欲望を意味します。

出エシプト記23:21~22創造主なる神様は言われた。『あなたは、神の使いに心を留め、みことばに聞き従いなさい。決して、その者たちにそむいてはならない。わたし 神の名がその者のうちにあるので、その者は、あなたがたのそむきの罪を赦さないからである。しかし、あなたが、もしみことばに確かに聞き従い、わたしが告げることをことごとく行うなら、わたし(神)はあなたの敵には敵となり、あなたの仇には仇となろう。』

また聖書は、人は皆、神のみことばを知りながら、真理に反する価値観や物事ばかりを大切にし過ぎたり、他人に依存し過ぎてしまえば、世俗的な虚しい欲望と快楽や恋愛依存の虜となっていき、結果 恥と苦しみの人生を強いられてしまうと 忠告します。しかし聖書は、そうならない為に、日々 Bibleを読みつつ、心霊と生活のバランスを 悔い改めて調整しながら、毎日を大切に生き続ければ報われると 約束するのです。あなたの救い主Jesusは、あなたを行き過ぎた物欲、情欲、快楽や貪欲の奴隷から開放させて、真の愛と自由を教え諭す為にも、あえて 恥と苦しみの十字架につかれたのです。聖書はJesusの十字架信仰と聖書のみことばにとどまる人は皆、行き過ぎた依存や見えない敵と貪欲の支配から解放されていき、まことの自由と永遠ね幸福を勝ち取れると約束するのです。

ヨハネ福音書8:31~32『そこでイエスは、信じた人たちに言われた。「もしあなたがたが、わたしの御ことばにとどまるなら、あなたがたは本当に神の子です。そして、あなたがたは御言葉から真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。」』

ヨハネ福音書8:36『ですから、もし御子イエスがあなたがたを自由にするなら、あなたがたはほんとうに自由になれるのです。』

あなたは 神の御子Jesusの十字架力とそのみことばの恩恵だけで、真の自由と永遠の自分らしさを 手に入れて救われるはずなのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、日々のBibleのみことばから揺るがぬ真理と希望を掴ませ、行き過ぎた情欲と快楽や貪欲の支配から自由に開放させて下さい。

そうすれば皆、本物の自由と永遠の自分らしさを手に入れて 永遠に報われ続けるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「