• sgbc-devotion

ローマ信徒への手紙1:16~19

2018年3月5日(月)

ディボーション聖句

ローマ人への手紙1:16〜19

16

私は福音を恥とは思いません。福音は、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、信じるすべての人にとって、救いを得させる神の力です。

17

なぜなら、福音のうちには神の義が啓示されていて、その義は、信仰に始まり信仰に進ませるからです。「義人は信仰によって生きる」と書いてあるとおりです。

18

というのは、不義をもって真理をはばんでいる人々のあらゆる不敬虔と不正に対して、神の怒りが天から啓示されているからです。

19

それゆえ、神について知られることは、彼らに明らかです。それは神が明らかにされたのです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

16節,『福音』とは、父なる神様から世界人類に与えられた、永遠の救い(天国人生)を告げ知らせる神の救いのみことば「GoodNews」。

また、神の御子Jesusの十字架によってもたらされた、世界人類の罪悪の赦しと、神の国と人生や死に関する喜ばしい聖書のみことばを 意味します。神の御子Jesusを信じて、真理を糧に悔い改め続けるあなたは、神の国での永遠なる人生が約束されており、生きながらにして永遠の真理を悟れるチャンスが与えられたことを 意味します。しっかり胸に書き記して下さい。

第一コリントの手紙1:16〜25『十字架のみことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、神の力です。それは、神が 聖書で、こう書いてあるからです。「わたしは知恵ある人たちの知恵を滅ぼし、賢い者たちの賢さをむなしくする。」事実、この世が人の知恵によって、神を知ることがないのは、神のご計画と知恵によるのです。それゆえ、神はみこころによって、人の語る宣教のことばの愚かさを通して、信じる人たちを救おうと定められたのです。敬虔なユダヤ人は神からのしるしを要求し、賢いギリシヤ人は知恵と論理を追求します。しかし、神に選ばれた 私たちは、十字架につけられたイエスキリストを、ただ宣べ伝えるのです。ユダヤ人にとってはつまずき、神を知らない異邦人にとっては愚かでしょうが、しかし、神様に召され、神を信じる者たちにとっては、イエスキリストは神の力、みことばは神の知恵なのです。なぜなら、神の愚かさは人よりも賢く、神の弱さは人よりも強いからです。』

16節,このように聖書は...Jesus&Bibleのみことばを聞かされて、幼子のように純粋に信じる全ての人々を永遠に救い導ける、神の知恵と救いそのものだと、教え説きます。聖書のみことばを信じる決断をするあなたは、それだけで、永遠に報われて救われると約束するのです。勿論、信じるか、信じられないかは あなた次第です。しかし聖書は、神のみことばは必ず成就すると、預言しています。

マタイの福音書5:18Jesusは約束した。『まことに、あなたがたに告げます。天地が滅びうせない限り、聖書のみことばの一点一画でも決してすたれることはありません。全部が成就されます。』

ヘブル人の手紙6:12『それは、あなたがたが、なまけずに、信仰と忍耐によって、聖書の約束のものを相続するあの人たちに、ならう者となるためです。』

ヘブル人の手紙10:36『あなたがたが神のみことばによる、みこころを行って、聖書の約束のものを 全て手に入れるために必要なのは忍耐です。』

17節,また聖書とは...神の御子Jesusを信じるあなたとまことの神様との永遠の契約書だと教え説きます。あなたの父なる神様は、聖書のみことばの預言、約束、契約を 絶対に守るお方だと教え説くのです。この真理を 胸に刻んで 忍耐し、真理を生き様に表現しようと祈り歩めれば、神様の約束と契約は 必ず成就するのです。難しく考え過ぎる必要はないのです。

17節,『義人は信仰によって生きる』とは...Bibleは...あなたの神様が認める まことの正しい人とは、神愛と隣人愛を重んじながら、聖書信仰(真理)に生きる人々だと教え説きます。なぜなら聖書は、人間がジャッジする正義は どれも不完全であり、神愛、隣人愛、真理を 第一に掲げて祈り続ける信仰心とその生き様さえ整えば、神様が認める義人になり得ると、教え説くのです。あなたの内なるHolySpritはその為の救い主なのです。この永遠の真理と神の知恵を しっかり胸に書き記して下さい。あなたはJesusの十字架に援護されながら、神の義人になり救われるはずだからです。

ヘブル人への手紙11:6「信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。」

18~19節,また聖書は...多くの人々は信仰があっても、自分勝手で不義理な罪深い性質を併せ持っていると教え説きます。だから聖書は...神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護を祈り求めて 悔い改め続けなければ、死後の救い(神の国行き)が難しいと忠告しているのです。しかし、主イエスの十字架に不義を祈り明け渡して、食い改め続ける信仰心を働かせれば良いと教え説くのです。

あなたには不義な点が 見当たりませんか?

Jesus&Bibleの忠告通りに、不義を見つけたなら十字架に祈り明け渡して 悔い改める使命に生きれば良いだけです。そして、あなたは神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護による贖罪信仰で、永遠のチャンスと恩恵を獲得できると信じます。

あなたの内なる聖霊は、不義を悔い改める力を与えて下さるからです。あなたの内なる聖霊に不可能はなし。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たして、Bibleのみことばから神様からの具体的な預言と約束や契約を 掴ませ、それらを成就させられる信仰を お与え下さい。

そうすれば皆、神様からの感動的な祝福と永遠の恩恵を 獲得できるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「