• sgbc-devotion

ローマ信徒への手紙1:8~10

2018年3月2日(金) ディボーション聖句

ローマ人への手紙1:8~10 8

まず第一に、あなたがたすべてのために、私はイエス・キリストによって私の神に感謝します。それは、あなたがたの信仰が全世界に言い伝えられているからです。

9

私が御子イエスの福音を宣べ伝えつつ 霊をもって仕えている神がわたしたちに証ししてくださることですが、私はあなたがたのことを思わぬ時はなく、

10

いつも祈りのたびごとに、神のみこころによって、何とかして、今度はついに道が開かれて、あなたがたのところに行けるようにと願っています。 [聖句メッセージ]

昨日の続きです。

このローマ人への手紙は「全ての道はローマに通ず」とまで 言われた世界史上最高の権力と文化、優雅さを誇った、古代ローマ帝国の首都ローマのクリスチャンたちに、使徒パウロが神のみことばを書き送ったみことばになります。

8節,今日の聖句は、何よりも第一に、世界人類の創造主の御子であり、死後の救い、永遠の「天国人生」の道を切り開いて下さった、主イエスに感謝する事から書き綴っています。

尚 使徒パウロやローマの教会の仲間たちは、当時の世界最強国・古代ローマ帝国の宗教、法律、常識を、聖書の真理に塗り替える奇跡を起こす神の働きをしたにも関わらず、いつも、神の御子Jesusとそのみことばに栄光を返す謙遜な信仰心と愛の関係性を 保ち続けていたのです。

あなたは、あなたの死の滅びから救い導いて下さったJesusへの感謝と従順さや その教会のJesusFamilyたちとの御霊の一致や愛の関係生を保ち続けていますか?

なぜなら聖書は、使徒パウロとローマ教会の一部の神の家族たちのように、何よりもJesusへの感謝と従順さや、神の教会との使命と愛の一致を 大切に生き続ければ、初代教会のように周囲や都市まで変えられるリバイバルが起こると、約束するからです。あなたの救い主Jesusと使徒パウロは何よりも重要なのは、神愛、聖書信仰、神の家族愛に根付いた御霊の一致と使命の一致だと 力説したのです。またJesusや使徒パウロは、真理から外れた自分の気持ちや自身のしたいことばかり大切にし過ぎたり、神の教会の働きを統括する使命から孤立し過ぎれば、クリスチャンも大したことはできないと力説したのです。肝にめいじあいましょう。

あなたは自分の気持ちと自分の意見や思考ばかり気にし過ぎて、結果、神の奇跡や説得力の表れない窮屈な宗教生活を 強いられていませんか?

神愛、聖書信仰、神の家族愛から離れたかたくな、強がり、無関心、非情な心では神の祝福を任された使徒パウロとローマ教会のクリスチャンのような恵みは皆無だからです。

また聖書は、もし あなたの人生が満たされていないのなら、その責任は神様、社会、他人のせいではなく、あなたの信仰のあり方と動機や、あなたの人生と他人の捉え方に問題があると教え説くからです。あなたの救い主Jesusは、常に満たされた幸福感や自由を獲得するには神の御前とみことばに謙遜に向き合う姿勢が何よりも重要だと教え説いたのです。Jesusは神を恐れて真理にひたむきになる人は自由を獲得でき、みことばに人生の舵取りを任せれば、永遠の幸福人生を勝ち取れると約束してくれたのです。目をさましあいましょう。

では、人生での全ての祝福を手に入れたと言われている、ソロモン王のみことばを 取りあげてみましょう。

伝道者の書12:13~14『結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ。神のみことばの命令を守れ。これが人間にとってすべてである。神は、善であれ悪であれ、あなたのすべての隠れたことについて、すべてのわざを裁かれるからだ。 』

箴言9:10『主を恐れることは、全ての知恵の初め、 聖なるお方を知ることは全ての悟りである。』

聖書は、人は皆、この世の人生で、たとえどんなに大きな神の恵みや数多くの賜物(才能、富、影響力)を獲得したとしても、やがて肉体は死に、全てのものを手放して 神の御前に立つジャッジの時が やってくると、忠告します。聖書はこの世の人生(命)とは、やがて消え去る霧に過ぎず、いつか それぞれ肉体を失って、神様にジャッジされて、永遠の二つの国(天国と地獄)に分かれると、教え説くのです。しかしあなたは、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護を受け入れ続けて、日々、悔い改める人生を生き、永遠の世界・天国に招かれていく神の子だと、信じます。

8節,当時、古代ローマ帝国の教会の神の家族たちは、Jesusの宣教命令に忠実で ひとつになれていた為、結果、数多くのローマ市民が救われていき、急激に古代ローマ帝国はキリスト信仰を 国家の指定する宗教、法律、常識にまでに、仕上がっていきました。

そして、Jesusの宣教命令に忠実であったクリスチャンたちが 多く存在していた古代ローマ帝国は、聖書の預言通り、その後も神様の特別な援護と後押しを受けられ、次から次へと領土、植民地を増やす無敵な大国となっていき、Jesus信仰は、急激にヨーロッパから世界中に広まっていったのです。このように聖書は、あなたの主に敵などなく、Jesusからの福音宣教命令に忠実なクリスチャンには敗北もなく、聖書のみことばは必ず、成就すると約束するのです。しっかり 胸に書き記して下さい。

申命記28:7~8『主は、あなたに立ち向かって来る敵を、あなたの前で敗走させる。彼らは、一つの道からあなたを攻撃するが、やがては、あなたの前から七つの道に逃げ去ろう。そして主は、あなたのために、あなたの穀物倉とあなたのすべての手のわざを祝福してくださることを定めておられる。あなたの神、主があなたに与えようとしておられる地で、あなたは祝福されるのだ。地上のすべての国々の民は、あなたに主の名がつけられているのを見て、あなたを恐れよう。』

出エジプト記12:13主は約束された。『わたしが異教の国を撃つとき、滅ぼす者の災いは、わたしを信じる あなたたちに及ばない。』

Bibleの預言と世界史が証明していますが...神愛と真理を生き様にしている まことのJesus信仰者たちには敗北はなく、あなたの神様はJesusの命令通りに福音宣教の愛の使命に人生を賭けるクリスチャンたちには災いさえも起こせないと、約束しています。今日の聖句の使徒パウロと勇敢なローマ教会の仲間たちのように、Jesusからのみことばの使命と愛の福音宣教を生き様や夢に掲げている、まことのクリスチャンには無限の可能性が秘められていると、約束するのです。

また聖書は、実際 クリスチャンにも様々な人々がいますが、あなたの神様は個々のクリスチャンたちの生きる使命と方向性や夢の動機を深く探られて、神の祝福や祈りの応答を振り分けられていると、教え説きます。もし、あなたに神様の祝福や祈り以上の応答が必要ならば、Bible&メッセージから生きる目的と使命や方向性、夢の動機、教会生活のあり方や人間関係のあり方を 吟味しつつ、祈り修正し続けることが問われるのです。

イザヤ書52:13主は約束された。『見よ。わたしのしもべは栄える。彼らは高められ、上げられ、非常に高くなる。』

マタイ福音書6:33主イエスは約束した。『だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、あなたのすべての必要は与えられます。』

9~10節,使徒パウロは、今日の聖句のローマ教会のクリスチャンたちのように、何よりも神の国拡大の為にJesusの福音を証し伝える事を 第一に考えながら生活全般と教会に向き合い、神の家族たちとのJesus信仰の使命による一致や祈りの和を忍耐して築き続けられれば、人生の全必要は満たされることを 立証しました。このように聖書は、Jesusや使徒パウロのみことばと生き様を模範にした人生の目的と使命や、教会生活と人間関係さえ築ければ、人生は永遠に安泰だと立証したのです。

あなたは十字架の贖罪があるからと怠惰になり、Jesusや使徒パウロからのみことばや生き様を目指していないのに、神の祝福や祈り以上の幸福が与えられると 勘違いすることはありませんか?

Jesusや使徒パウロたちの教えた 聖書のみことばから外れた信仰生活では、無意味なご利益宗教か、自己満足な新興宗教になり下がるのです。まことの信仰を生み出すのに、何よりも大切なことは真理から与えられる 生きる目的、動機、使命、方向性が問われるのです。目をさましあいましょう。

ヨハネ福音書1:12『主イエスを受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。』

ガラテヤの手紙3:26『あなたがたはみな、キリスト・イエスに対する信仰によって、もう神の子どもです。』

マタイのの福音書7:11主イエスは言った。『あなたがたは、悪い者ではあっても、自分の子どもには良い物を与えることを知っているのです。とすれば、なおのこと、天におられるあなたがたの父なる神が、どうして、求める神の子たちに良いものを下さらないことがありましょう。』

このように聖書は、神の御子Jesus信仰を持つことを 父なる神様にゆるされた あなたは、もうすでに「神の子」として取り扱われていると、約束します。あなたの父なる神様は、神の子のあなたを教育する為に時々辛い試練を与えたり、愛の鞭を与えて 的外れや品格を教育されますが、あなたが神の子である以上、あなたに良いものしか与えようとしないお方です。それを 決して忘れずに、何が起きても、喜んで向上していこうと 建設的に悔い改め続ける姿勢と生き様が重要です。主は建設的にあなたの道を造られるお方ですが、サタンや罪悪はあなたの道を破壊的に閉ざす存在だからです。主のご性質、サタンと罪悪の性質を しっかり胸に記して下さい。今日の聖句も...使徒パウロが ローマ教会のクリスチャンとのしばらく閉ざされていた道を 主に祈り 回復して頂けた為に、結果、再会してリバイバルが起きたのです。

あなたが 神様から与えられる本物の真理、目的、使命、スケールの大きな清い夢を獲得でき、すべての良いものを刈り取れる為に必要な建設的な人生になり変われると期待します。あなたの内なる聖霊とみことばは その為の救い主だからです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆が いつも Jesus&Bibleのみことばと恵みに感謝しながら、それぞれがJesusや使徒パウロたちのみことばと生き様を 人生の模範、目的、使命となれるように気づかせて下さい。

そうすれば、皆の人生の目的、使命、方向性、夢の動機が修正されて、周囲の大切な人々を救い導けたり、何をしても建設的に道が開かれ、また、全必要も満たされ続けるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「