• sgbc-devotion

第二コリントの手紙11:14~15

Jesus said,

『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』

『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』

2018年2月18日(日)

ディボーション聖句

第二コリントの手紙11:14~15

13 彼らは、にせ者であり、人を欺く働き人であって、神の使者に変装しているのです。

14 しかし、驚くには及びません。サタンさえ光の御使いに変装するのです。

15 ですから、サタンの手下どもが正義のしもべに変装したとしても、格別、驚くことはありません。彼らの最後はそのしわざにふさわしい生き方となっていくからです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

では、聖句をあげてから説明します。

・箴言13:20

『聖書のみことばの知恵のある者とともに歩む者はまことの知恵を得る。しかし、みことばに背く愚かな者の友となる者は害を受ける。』

・箴言18:20

『滅びに至らせる友人たちもいれば、命を救う兄弟姉妹のような友もいるのだ。』

・第一コリントの手紙15:33〜34

「思い違いをしてはいけません。友だちが良くなければ、良い習慣が損なわれます。だから目をさまして、正しい生活を送り、罪をやめなさい。神についての正しい知識を持っていない人たちがいます。私はあなたがたをはずかしめるために、こう言っているのです。」

・第2コリントの手紙6:13〜15

「私は自分の子どもに対するように言います。それに報いて、あなたがたのほうでも心を広くしなさい。不信者と、つり合わぬくびきをいっしょにつけてはいけません。正義と不法とに、どんなつながりがあるでしょう。光と暗やみとに、どんな交わりがあるでしょう。キリストと異教とに、何の調和があるでしょう。信者と不信者とに、何のかかわりがあるでしょう。」

14節 (14 しかし、驚くには及びません。サタンさえ光の御使いに変装するのです。)

このようにBibleは、人間関係について言及しています。聖書は、あなたがいくら素晴らしい信仰を持ったとしても、誰と親しく付き合うかで、神の祝福や成功を手に入れられたり、神の祝福を失ってしまうという、目に見えない真理、真実があることを教え諭しています。聖書とは、あなたの人生に悪運を招く友人関係なのか、はたまた、あなたに神の幸運と祝福を与えられる兄弟姉妹関係なのかを見抜いて判断できる、神様の視点に置ける人間関係判別書。聖書から真理を武装して、周囲の人間関係の本質、価値観を見極めながら人間関係形成を築く人は皆、神の祝福と幸運や後ろ盾を獲得できると約束するのです。なぜなら聖書は、神の永続的な祝福と幸運を手に入れるのに重要なのは、真理に基づく人間関係の基準と在り方が重要なポイントだと、教え説くからです。

あなたの周囲の重要な友人、人間関係は真理に基づいた基準で判別しながら、その関係性や距離感を築いていますか?

それとも、真理に反する人間関係形成に片寄り過ぎてしまい、将来の神の祝福と幸運を手放す悪循環な関係性を築いていませんか?

なぜなら聖書は、真理に基づく関係性と距離感を微調整することが神の祝福と幸福人生を獲得できる重要な手立てだと、教え説くからです。

聖書は、人間同士、どんなに好意を抱ける関係性であっても、神の祝福と幸運を手放して、共倒れする関係も多々あると、教え説くのです。あなたが大切なご家族や友人の人間関係を心配したり、時には反対するように、あなたの父なる神様も、同じような真理と現実を教え説いているだけなのです。

また聖書は、誰と親しく付き合うかで日々の言動や行動に影響が現れるので、その結果、神の祝福と幸運が現れる人間関係もあれば、敵の誘惑や悪運に陥る人間関係もあると、はっきり忠告してくれます。しかしあなたは、Bibleの忠告をしっかり聞き入れ、神の揺るがぬ祝福とまことの幸福を手に入れられる人間関係形成を築けることを期待します。なぜなら、あなたの内なる聖霊とみことばとは、その為の神の知恵、預言だからです。

・ヨハネの福音書4:1~11

『さて、イエスは、サタン・悪魔の試みを受けるため、御霊に導かれて荒野に上って行かれた。そして、四十日四十夜断食したあとで、空腹を覚えられた。すると、試みるサタンが近づいて来て言った。「あなたが神の子なら、この石がパンになるように、命じなさい。」イエスは答えて言われた。「人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つの御ことばによる』と書いてある。」すると、悪魔はイエスを聖なる都に連れて行き、神殿の頂に立たせて、言った。「あなたが神の子なら、下に身を投げてみなさい。『神は御使いたちに命じて、その手にあなたをささえさせ、あなたの足が石に打ち当たることのないようにされる』と書いてありますから。」イエスは言われた。「あなたの神である主を試みてはならない』とも書いてある。」今度は悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、この世のすべての国々とその栄華を見せて、言った。「もしひれ伏して私を拝むなら、これを全部あなたに差し上げましょう。」イエスは言われた。「引き下がれ、サタン。『あなたの神である主を拝み、主にだけ仕えよ』と書いてある。」するとサタン悪魔はイエスを離れて行き、見よ、神の国の御使いたちが近づいて来て仕えた。』

・第一ヨハネの手紙5:19

『私たちは神からの者であり、世界全体は悪い霊の支配下にあることを知っています。』

13~14節 (13 彼らは、にせ者であり、人を欺く働き人であって、神の使者に変装しているのです。14 しかし、驚くには及びません。サタンさえ光の御使いに変装するのです。)

またBibleは、この世界の現状は、遠い昔に神の国の権威を任されていた堕落した天使「サタン」たちとその誘惑と煩悩(罪、偽善)に取り憑かれている人々が、この世界を支配してしまっていると教え説きます。この世界の大多数は神様とその真理よりも、自欲による成功や富を追いかけまわして、豊かな人生の本質や福音を見失っていると忠告するのです。

あなたは、本当に満ち足りた人生を歩めそうですか?

これらの神様の忠告で目をさまして、神様とその真理を選択して、永遠に満ち足りた幸福人生を獲得するのか、または、自欲に毒された成功やこの世界の流れに身を任せ過ぎて、社会や欲望に振り回される虚しい人生の最後を遂げるかは、本人次第だと教え説くのです。

また聖書は、この世界は絶対的な真理や隣人愛を軽視する、見えない敵や偽善的な権力者たちが支配しているために、いつまでも不条理や行き過ぎた格差社会(貧困による餓死者など)問題や戦争(争い)も絶えないと教え説きます。

あなたは、どう考えますか?

見えない霊的な世界のことは、世界一権威のある書物と言われる'Bible'を受け入れた方が得策なのです。なぜなら聖書は、あなたの見えない敵(サタン、悪霊)は周囲にいつも存在しており、世界の大部分を支配して、あなたの心の隙を狙っていると忠告するからです。しかし聖書は、Jesusのお名前を呼び、地獄の門でさえうち壊せる神の教会にしっかり繋がって、みことばで悔い改め続ければ、それだけで、永遠に報われると約束するのです。あなたには希望があります。

そしてBibleは、悲しい現実ですが、今も殆どの人々が見えない敵(サタン・悪霊)に支配されている施政者や権力者たちの支配下にあるため、世界中の助けるべき子どもの餓死者や貧困者たちがなくならず、また、救霊活動に無関心な愛に冷えた信仰者も多数増えており、多くの救われるべき命と魂が見殺しにされていると、教え説きます。聖書は先進国の裕福な国々の権力者と政治は現状を見て助けるどころか、かえって、自欲に満ちた経済至上主義に目がくらんで、国民たちの心霊や未来を破滅に追い込んでいると、教え説くのです。あなたはどう考えますか?

そして聖書は、人は皆、所詮、他人の命や幸せには無関心な罪性が宿っているため、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護による贖罪信仰が必要不可欠であり、周囲を救えなくても、神のみことばで悔い改め続けながら、せめて福音宣教する最低限の愛の姿勢と生き様が問われると、忠告するのです。

あなたはこの神の教える戒めと真理をどう考えますか?

以下は、神の恵みと、世界人類の全欲望と成功を手に入れたと言われているソロモン王の旧約聖書のみことばです。

・伝道者の書12:13~14

『結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。ただ神を恐れよ。神のみことばの命令を守れ。これが人間にとってすべてである。神は、善であれ悪であれ、すべての隠れたことについて、すべてのわざをいつか必ず、裁かれるからだ。』

・第一ヨハネの手紙2:17

『この世と人の欲は滅び去ります。しかし、神のみことばを行う者は、永遠にながらえます。』

・第一テモテの手紙6:9

『金持ちや有力者になりたがる人たちは、人生の誘惑とわなと、また人を滅びと破滅に投げ入れる、愚かで、有害な多くの欲とに陥ります。』

・第二ペテロの手紙2:4

『神は、罪を犯した御使いや悪人を、容赦せず、地獄に引き渡し、さばきの時まで暗やみの穴の中に閉じ込めてしまわれます。』

14節 (14 しかし、驚くには及びません。サタンさえ光の御使いに変装するのです。)

このようにBibleとは、世界人類を創造された神様の聖霊が書いた全人生と死の取扱説明書だと言われています。

そして聖書は、Jesus&Bibleのみことば(真理)による生き様なくしては、絶対的にブレない幸福人生などなし得ず、天国行きもあり得ないと教え説くのです。人は皆、不完全であり、神の御子Jesusの贖罪信仰と悔い改める姿勢と生き様なくしては、神様との和解などなし得ないと、教え諭してくれたのです。

また聖書は、あなたと大切なご家族を守り、助け、癒し、救い出せるのに、必要なのは経済力、他人力、国の政治などは大した役に立てず、あなたと大切なご家族を永遠に救い導けるのは、あなた自身の神信仰と主イエスの十字架力に頼る生き様しかなし得ないと、教え説いています。そして聖書は、その現実と真理を素直に受け留めながら、Bible&メッセージから自分自身の救いを完成させることが何よりも重要課題だと、教え説くのです。肝に命じあいましょう。

・申命記31:6

主なる神は言われる『強くあれ。雄々しくあれ。人々を恐れてはならない。おののいてはならない。あなたの神、主ご自身が、あなたとともに進まれるからだ。主はあなたを見放さず、あなたを見捨てない。』

14節 (14 しかし、驚くには及びません。サタンさえ光の御使いに変装するのです。)

またBibleは、どんな時でもあなたを理解して、助け、癒し、永遠に救い出せる、絶対に見捨てないお方は、ただ主イエスの十字架信仰しかなし得ないと断言します。神の御子Jesusにすがって悔い改め続ける人は皆、必ず、十字架により贖罪されて救われるのです。

・ヨハネの福音書3:16

主イエスは言った。『神は、実に、そのひとり子イエスをお与えになったほどに、この世を愛された。それは御子イエスを信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。』

あなたが、見えない敵の攻撃と罠や罪悪を退けて、永遠の祝福と希望に変えられる主イエスの十字架信仰と徳を高められる人間関係をしっかり築けられることを期待します。あなたの内なる聖霊とみことばは、そのための道しるべだからです。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たして、真理を武装しながら人生の徳と幸福を高められる人間関係のあり方と距離感を悟らせ、神の国拡大の使命を大切にしながら、日々悔い改め続けられる人生を築けるように助け導いてください。

そうすれば、皆の人生に負のスパイラルを呼び込んでいた生活習慣や人間関係が改善されていくからです。主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.