• sgbc-devotion

第二コリントの手紙7:5~7

Jesus said,

『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』

『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』

2018年2月4日(日)

ディボーション聖句

第二コリントの手紙7:5~7

5 マケドニヤに着いたとき、私たちの身には少しの安らぎもなく、さまざまの苦しみに会って、外には戦い、うちには恐れがありました。

6 しかし、気落ちした者を慰めてくださる神様は、テトスが来たことによって、私たちを慰めてくださいました。

7 ただテトスが来たことばかりでなく、彼があなたがたから受けた慰めによっても、私たちは慰められたのです。あなたがたが私を慕っていること、嘆き悲しんでいること、また私に対して熱意を持っていてくれることを知らされて、私はますます喜びにあふれました。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

5節 (5 マケドニヤに着いたとき、私たちの身には少しの安らぎもなく、さまざまの苦しみに会って、外には戦い、うちには恐れがありました。)

マケドニアとは、ギリシャのマケドニア州という都市名です。

使徒パウロは、当初の予定ではローマ帝国の属州「シリア」という都市に行き、そこで親しいJesus Familyたちと合流してから、共にJesus福音宣教をするはずでした。しかし、使徒パウロに対する他宗教のユダヤ人権力者たちの追跡による暴力や迫害がひどかったので、今回は仕方なくギリシャのマケドニア州に逃げるしか道がなかったのです。

そしてこの時、使徒パウロはマケドニア行きの船に乗船するまで、約3ヶ月もの間、毎日のように暴力、暴言などの嫌がらせを受けたため、全く平安を失って気落ちしていたのです。

このように聖書は、使徒パウロのように神の感動的な祈りの奇跡や、周囲の人々を救って洗礼に導ける聖霊力を培ったとしても、また、いつも神の祝福を受けられる程の模範的なクリスチャンLIFEを築けたとしても、見えない敵(悪魔、サタン)と嫉妬する敵対者の攻撃は訪れると、預言します。

聖書は、神の感動的な祈りの奇跡や救霊できるリバイバルの賜物を任されるクリスチャンたちの方がむしろ、その分、大きな試練や敵の攻撃を受けやすいと、預言するのです。神様からの試練や敵の執拗な攻撃とは、実は神の感動的な祈りの奇跡や救霊できるリバイバルが起こる前兆にもなります。また聖書は、あなたの見えない敵、サタンは攻撃しなくても自滅する程度のクリスチャンなら放って置くことがあると、教え説くのです。ですから、人生での試練や見えない敵の異常な攻撃とは、必ずしも悪い前兆とは言えないのです。元気を出してください。

あなたは、福音宣教やみことばに人生を傾けているはずなのに、神様からの苦しい試練や敵の執拗な攻撃を受けたことはありませんか?

なぜなら聖書は、そういう状況下の試練や攻撃ならば、近い将来、あなたにも神の感動的な祈りの奇跡や大切な人を洗礼に導けるリバイバルも起こり得ると、預言するからです。

また聖書は、もしあなたが真理(みことば)と福音宣教さえ大切に生きられているのなら、人生での試練や敵の攻撃とは神の裁きやムチではないので、安心するように励ましてくれます。そういう状況下ならば、たとえ何が起きても、弱った心霊体を奮い立たせて、Jesus信仰とみことばの約束を堅く握りしめながら前進し続ければ、脱出の道も開かれ、永遠にいく倍も報われると教え説くからです。

しかし同時に、聖書は真理や福音宣教の働きから外れた人たちの苦しい試練や敵の執拗な攻撃は、明らかに神様からの愛のムチやジャッジによるものだと、忠告します。そういう生活習慣や人間関係を続けてしまっているのなら、早急に目をさまして、一刻も早く悔い改めれば良いのです。

あなたの最近の試練や敵の攻撃は、どちらに当てはまりますか?

それに気づいて、みことばで対処するのが、神の特別な祝福と援護を引き出せるJesusの教えた人生の黄金律だからです。

そしてBibleは、神の国の清いビッグな夢、ビジョンを持つ者も、必ず、人生で大きな試みや敵の執拗な攻撃に遭遇すると、預言します。しかし聖書は、そういう人は、決してあきらめずに神の国の清いビッグな夢やビジョンを大切に持ち続けて、日々のBible&メッセージを通して自らの心霊の状態を探りながら、教会のJesus Familyたちと一致団結し続ければ、祈り以上の応答や必要な奇跡を手に入れられると、約束します。神の国拡大のための清くてビッグな夢とビジョンに生き続ける神の子たちは、いつか、国、都市に神のリバイバルを表せる程の器に変えられていくチャンスに恵まれるのです。しっかり胸に書き記してください。

6節 (6 しかし、気落ちした者を慰めてくださる神様は、テトスが来たことによって、私たちを慰めてくださいました。)

そしてこの時、神様はいつもみことばと、福音宣教の働きに忠実であった使徒パウロへの執拗な敵の攻撃を哀れみ、特別に勇気づけようと、信仰の弟テトスと再会させたのでした。神様は、パウロの救霊の情熱と神の国拡大の夢やビジョンを失わせないために、同じ教会の忠実で、特に親しい信仰の弟であったテトスをマゲドニアで再会させて勇気づけて、回復させたのです。尚、使徒パウロとテトスは、特別に会う約束をしていた訳ではなく、ただ神の不思議なご計画で奇跡的に再会できたのでした。

このように聖書は、日々のBible&メッセージや福音宣教の働きに忠実な神の子たちや、神の国拡大の清い夢やビジョンのために人生を賭けている人たちには、神の特別な奇跡や助け手が送られると、約束します。神のみことばからの使命と神の教会に与えられた夢、ビジョンに人生を賭けられる神の子たちには、神の特別な奇跡や人生を賭けて助け合える協力者、揺るがぬ戦友たちが起こされると、約束するのです。神のみことばと神の国拡大の夢に人生を賭けられる神の子たちは、永遠なる最高の友、徳を高められる人間関係に恵まれるのです。

そして使徒パウロは、共に命懸けでJesusの福音宣教をしていた戦友テトスからの祈りとみことばに励まされて、再び、爆発的な聖霊力や強靭な精神力と体力を回復したのです。聖書は、使徒パウロたちのように、神の教会から語られるBible&メッセージに心を傾けつつ、神の国拡大の使命やビジョンに生きるあなたに耐えられない試練など、あり得ないと約束しています。しっかり胸に書き記してください。

・第1コリントの手紙10:13

『あなたがたの会った試練はみな人の知らないものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを、耐えられないほどの試練に会わせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます。』

またBibleは、神の教会に繋がって、日々のBible&メッセージに忠実に生きようとする「神の子」たちのピンチを、あなたの神様は絶対に放って置かないと約束してくれます。神の教会にしっかり繋がりながら神の使命を大切にする生活習慣や人間関係さえ築ければ、あなたの神様は絶対にあなたのピンチを救い出すと、約束して下さったのです。神の教会の中心に繋がり、日々のBible&メッセージを生活の糧とすることで神の国の使命やビジョンを大切に生きられれば、必ず努力や苦しみが報われる幸福人生を勝ち取れると約束したのです。

・ヨハネの福音書13:34~35

主イエスは命じた。『教会にいるあなたがたに新しい戒めを与えましょう。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。もし互いの間に愛があるなら、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、すべての人が認めるのです。』

7節 (7 ただテトスが来たことばかりでなく、彼があなたがたから受けた慰めによっても、私たちは慰められたのです。あなたがたが私を慕っていること、嘆き悲しんでいること、また私に対して熱意を持っていてくれることを知らされて、私はますます喜びにあふれました。)

また、神の御子Jesusは、もしあなたが聖霊に満たされて神の十字架力を悟り、本気で情熱的に主イエスの福音を宣べ伝え、それを周囲に守るように教えられるようになれると、いつか必ず、あなたは教会外で様々な誤解や迫害を受けることもあると、預言します。これらはJesusのような神の爆発的な祈りの奇跡やリバイバルを任される人たちへの預言となるのです。しっかり胸に書き記してください。

しかし同時に。Jesusは周囲の誤解や敵の迫害に動じず、またブレずに福音宣教や聖書教育さえし続ければ、不可能を可能にできるJesusのような祈祷力や、百倍の恩恵さえ任されるとも約束してくれたのです。この神の摂理と神の子の黄金律をしっかり胸に書き記してください。福音宣教を大切に生きるあなたへのピンチや敵の迫害は、実は人生をより良くつくり変えるための前兆、ビッグチャンス、大成功の前触れとなるからです。

・ローマ信徒への手紙8:18

『今の時のいろいろの苦しみは、将来私たちに啓示されようとしている栄光に比べれば、取るに足りないものと私は考えます。』

・第一ヨハネの手紙2:10(現代訳)

『同じ教会の兄弟姉妹を愛する者は、光の中にとどまり、つまずくことがありません。』

そして聖書は、福音宣教し続けるあなたの試練の先には神の偉大なる恩恵や祈りの成就が待っていると、約束してくれます。目先の試練と攻撃や患難ではなく、その先の神の偉大なる祝福と祈り以上の応答を楽しみに待ち続ける人は皆、絶対的にいく倍も報われるのです。

また聖書で、神の御子Jesusは、同じ神のカラダを形成し合っている教会の仲間たちと心一つに結び合って祈れる関係性さえ保ち続けるのならば、Jesusのような爆発的な祈祷力が任されたり、また人生での試練や困難が短くなったり、比較的、楽に試練わ乗り越えられるとも約束してくれました。神の永遠の家族となるJesus Family関係を大切に愛そうと尽力する人は皆、特別な恩恵や祈祷力が任されるのです。使徒パウロも、同じ教会で共に礼拝し続けてきた信仰の弟テトスの祈りと、みことばのおかげで早期的な回復、神の奇跡を勝ち取れたのです。

あなたも、Jesus公認の心一つで祈りあえる本物のJesus Family関係を教会内で築けると信じます。あなたと教会にいるJesus Familyたちの内なる聖霊は、同じ一つのご神格だからです。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆が教会内で共通の神の清い夢とビジョンを共有するようになって、心一つで祈れるJesus Family関係をしっかり築けるように助け導いてください。 そうすれば、皆の人生の試練や患難が極端に短くなったり、比較的に楽に試練や患難を乗り越えたり、Jesusのような爆発的な祈祷力も任されるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。 AMEN!!!

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.