• sgbc-devotion

第二コリントの手紙5:8~14

Jesus said,

『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』

『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』

2018年1月28日(日)

ディボーション聖句

第二コリントの手紙5:8~14 8 私たちはいつも心強いのです。そして、むしろ肉体を離れて、主のみもとにいるほうがよいと思っています。 9 そういうわけで、肉体の中にあろうと、肉体を離れていようと、私たちの念願とするところは、主に喜ばれることです。 10 なぜなら、私たちはみな、キリストのさばきの座に現れて、善であれ悪であれ、各自その肉体にあってした行為に応じて、必ず報いを受けることになるからです。 11 こういうわけで、私たちは、主を恐れることを知っているので、人々を説得しようと伝道し続けるのです。私たちの正しさは、神の御前に明らかです。しかし、あなたがたの良心にも明らかになることが、私の望みです。 12 私たちは、またも自分自身をあなたがたに推薦しようとするのではありません。ただ、私たちのことを誇る機会をあなたがたに与えて、心においてではなく、うわべのことで誇る人たちに答えることができるようにさせたいのです。 13 もし私たちが気が狂っているとすれば、それはただ神のためであり、もし正気であるとすれば、それはただあなたがたのためです。 14 というのは、キリストの愛が私たちを取り囲んでいるからです。私たちはこう考えました。ひとりの人がすべての人のために死んだ以上、すべての人が死んだのです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

では、聖句をあげてから説明します。

・マタイ福音書4:8~11

『悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、この世界のすべての国々とその栄華を見せて、言った。「もし、あなたがひれ伏して私を拝むなら、この世界の権力と英華を全部あなたに差し上げましょう。」イエスは言われた。「引き下がれ、サタン。『あなたの神である主を拝み、主にだけ仕えよ』と聖書に書いてある。」すると悪魔はイエスから離れて行き、見よ、神の御使いたちが近づいて来てイエスに仕えた。』

・第一ヨハネの手紙5:19

『私たちは神からの者であり、霊の目が開かれているので、この世界全体は悪霊の支配下にあることを知っています。』

8節 (8 私たちはいつも心強いのです。そして、むしろ肉体を離れて、主のみもとにいるほうがよいと思っています。)

このようにBibleは、この世界は堕落した天使「悪魔」と、神のみことばと真の愛を軽視する権力者たちの心霊に宿る『悪霊』や欲望に満ちた罪悪の支配下にあるので、いつまでも餓死者、戦争、格差社会、差別、争い、嘘、裏切り、不信仰者、偽善者が絶えないと教え説きます。そして聖書は、神の国で一番大切なのは人命、人心、純粋な神信仰や隣人愛であると教え諭していることに対して、この世界は見えない悪霊や罪悪が支配しているので、行き過ぎた弱肉強食の経済至上主義や一部の人々の身勝手な自由と欲望が支配しているので、いつまでも不条理が絶えないと、教え説くのです。

また聖書は、この世界の人生よりも、肉体の死後の天国人生の方が今の百倍以上美しく、比べ物にならない程に楽しく、絶対的に幸せに過ごせると教え説きます。勿論、信じるか、信じられないかはあなた次第です。しかし聖書は、Jesusのみことばを堅く信じる者たちだけが、神の赦しと永遠なる幸福人生を獲得できると、はっきり預言するのです。肝に命じましょう。

・第一コリントの手紙6:19~20

『あなたがたのからだは、あなたがたのうちに住まれる、神から受けた聖霊の宮であり、あなたがたは、もはや自分自身だけのものではないことを、知らないのですか。あなたがたは、代価を払って、主に買い取られたのです。ですから自分のからだをもって、神の栄光を現しなさい。』

・第一コリントの手紙10:31

『こういうわけで、あなたがたは、食べるにも、飲むにも、何をするにも、ただ神の栄光を現すためにしなさい。』

・ローマ信徒への手紙14:12

『私たち人間は、死後、おのおの自分の人生のことを神の御前に申し開きすることになります。』

9~11節 (9 そういうわけで、肉体の中にあろうと、肉体を離れていようと、私たちの念願とするところは、主に喜ばれることです。10 なぜなら、私たちはみな、キリストのさばきの座に現れて、善であれ悪であれ、各自その肉体にあってした行為に応じて、必ず報いを受けることになるからです。11 こういうわけで、私たちは、主を恐れることを知っているので、人々を説得しようと伝道し続けるのです。私たちの正しさは、神の御前に明らかです。しかし、あなたがたの良心にも明らかになることが、私の望みです。)

そしてBibleは、主イエスの十字架上の血潮と命で贖われて、永遠のチャンス(永遠の命)を受けられたあなたの死は、特別待遇で神の国(天国)に移されることになるので、もはやあなただけの人生とは言えないと教え説きます。聖書は神の子とされたあなたは、すでに「永遠の天国」にも国籍があるので、神の国のみことばや戒めを重視する義務があると教え説くのです。聖書は、神の御子Jesusの身代わりの死と弁護のおかげで、永遠の死と苦しみを免除されたあなたの人生は、肉体の死後の永遠なる天国から始まれるので、この世界の肉体の人生は神様の絶対的主権とそのみことばに託すようにと忠告するのです。

あなたは、死後の神の裁きを免れて天国に行けると信じながらも、神のみことばと戒めを軽視し過ぎたり、死後の天国人生の準備のために天に宝を積む奉仕などを怠り過ぎて、この世界の人生ばかり重視する破滅的な生活を強いられていませんか?

聖書は、全人生と死の取扱説明書と言われています。こららの点を聖書からしっかり見極めながら悔い改め続け、肉体の死後の永遠の人生のために備えて生き続けることも重要なのです。目をさましましょう。

・マタイ福音書18:7

主イエスは忠告した。『信仰のつまずきを与えるこの世界はわざわいだ。つまずきが起こるのは避けられないが、つまずきをもたらす者もわざわいだ。』

・第一コリントの手紙8:9

『あなたがたのこの自由が、信仰の弱い人たちのつまずきとならないように、ことばと行いには気をつけなさい。』

11〜13節 (11 こういうわけで、私たちは、主を恐れることを知っているので、人々を説得しようと伝道し続けるのです。私たちの正しさは、神の御前に明らかです。しかし、あなたがたの良心にも明らかになることが、私の望みです。12 私たちは、またも自分自身をあなたがたに推薦しようとするのではありません。ただ、私たちのことを誇る機会をあなたがたに与えて、心においてではなく、うわべのことで誇る人たちに答えることができるようにさせたいのです。13 もし私たちが気が狂っているとすれば、それはただ神のためであり、もし正気であるとすれば、それはただあなたがたのためです。)

そしてBibleは、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護のおかげで、神様にゆるされて、神の国の民とされた人々は、信仰の弱い人々や霊的に眠っている未信徒たちをつまずかせるような、神のみことばに背く言動や行動を慎むようにと、注意しています。

永遠の苦しみを免除されて、永遠なるチャンスを受けられた「神の子」たちは、主イエスの救いとみことばを宣べ伝えるための説得力あるLIFEスタイルと、情熱的なHoly Spiritを大切に生きる伝道活動も、最も重要だと教え説くのです。なぜなら聖書は、神の戒めであるみことばに基づいた説得力のあるLIFEスタイルと、隣人を救おうとする情熱的な伝道活動を重要視するたちにだけ、神の感動的な祈りの奇跡と、国々や歴史を変えるほどの百倍の恩恵を任されると、預言するからです。なによりも、誰よりも、神の戒めとJesusの福音宣教による隣人愛を大切に生き抜く神の子たちだけが、神の奇跡、都市、国々の歴史を揺り動かせると預言するのです。しっかり胸に書き記してください。

・使徒の働き14:3

『人々に迫害された、使徒パウロとバルナバは全く恐れずに、主によって大胆に御ことばを語り続けた。すると主は、彼らの手に御ことばのしるしと不思議な御業を行わせ、御ことばの成就を証明された。』

・第二テモテの手紙2:24~26

『主のしもべが争い好きであってはいけません。むしろ、すべての人に優しくし、よく教え、よく忍び、御ことばに反対する人たちを柔和な心で訓戒しなさい。もしかすると、神は彼らに悔い改めの心を与えて真理を悟らせてくださるでしょう。それで悪魔に捕らえられて思うままにされている、霊的に眠っている人々でも、目ざめて、そのわなと滅びをのがれる人も起こるかもしれません。』

13~14節 (13 もし私たちが気が狂っているとすれば、それはただ神のためであり、もし正気であるとすれば、それはただあなたがたのためです。14 というのは、キリストの愛が私たちを取り囲んでいるからです。私たちはこう考えました。ひとりの人がすべての人のために死んだ以上、すべての人が死んだのです。)

そしてBibleは、主イエスの十字架信仰による天国行き(福音)を宣べ伝えるために、正気を捨てて大胆になれる人たちにだけ、数多くの神のみことばのしるしと奇跡が味方すると約束します。神様の存在やそのみことばよりも、人目を気にし過ぎて躊躇する人、計算高い自己保身的な人々に神の偉大なる奇跡や周囲を救い導くリバイバルは、現れないと断言するのです。人生は長いようであっという間。目をさまして、現実と神のみことばの真実を直視することも重要なのです。

そしてBibleは、主イエスの救いのみことばを宣べ伝えるために、ただひたすら耐え忍び、優しく教え続けようとする神の認める愛の人たちには、悪魔に眠らされている人々を起こして救うJesusのような霊的権威や聖霊力が任されると、約束してくれます。そしてBibleは他人の魂を永遠に救う働きほど、最高な働きはないと教え説くのです。胸に書き記してください。

また聖書は、周囲の魂を救って洗礼を授ける、救霊の働きこそが神の国で一番尊敬されて、神様に一番評価される愛の働きだと教え説きます。そして聖書であなたは、主イエスの十字架による永遠の救いを周囲の人々に宣べ伝えて洗礼を授けるために選ばれたと教え説くのです。

あなたは、以上の神様に選ばれたご計画と使命をしっかり把握して生きられていますか?

それとも、以上の神様に選ばれたご計画や使命に気づけず、より良い実や祈り以上の奇跡を手放す悪循環なクリスチャンライフの罠に陥っていませんか?

なぜなら聖書は、以上の神のご計画や使命に目覚める者たちだけが、神の特別な御業や祈り以上の奇跡が任されると、忠告するからです。

あなたの生き様と人間関係に現れる、隣人の魂を救おうとするJesusのような愛の労と、それに伴って表れる神の感動的な奇跡に期待します。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、神様とそのみことばだけを恐れて、人目を恐れずに大胆にJesusの十字架の救いと証しを語れる者たちに造り変えてください。

そうすれば、皆に神の偉大なる奇跡や周囲の人々と都市、国をも変えられるほどの百倍の恩恵が任されるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り