• sgbc-devotion

第一コリントの手紙14:22~25

Bible said,

『主の教えを喜びとし、昼も夜もその教えを口ずさむ人は、何をしても栄える』

『心を尽くして主に拠り頼め。自分の悟りにたよるな』

『幸いなことよ。神の知恵を見いだす人は』

2017年12月30日(土)

ディボーション聖句

第一コリントの手紙14:22〜25

22 異言は信者のためのしるしではなく、不信者のためのしるしです。けれども、預言は不信者でなく、信者のためのしるしです。

23 ですから、もし教会全体が一か所に集まって、みなが異言を話すとしたら、初心の者とか信者でない者とかが入って来たとき、彼らはあなたがたを、気が狂っていると言わないでしょうか。

24 しかし、もしみなが預言をするなら、信者でない者や初心の者が入って来たとき、その人はみなの者によって罪を示されます。みなにさばかれ、

25 心の秘密があらわにされます。そうして、神が確かにあなたがたの中におられると言って、ひれ伏して神を拝むでしょう。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

22節 (22 異言は信者のためのしるしではなく、不信者のためのしるしです。けれども、預言は不信者でなく、信者のためのしるしです。)

聖書で「異言」とは、世界言語では理解できない、特殊な神の国の言葉であり、異言の内容は神への賛美と神の国の言語の祈り方だと、教え説いています。尚、聖書は異言を解き明かせる人は、ごく少数であると教え説いており、この異言に対しては、あまりこだわりを持って追求しない方が良いと教え説いています。ですから「異言」については、頭の片隅に入れておけば良いのです。

・第1テサロニケの手紙5:19~20

『与えられた聖霊を消してはなりません。預言をないがしろにしてはいけません。』

そして聖書は、神の子といえども、主イエスのみことばを具体的に実践適用しようとすることや、周囲の人々に福音を宣べ伝えようとする使命をないがしろにし過ぎては、人生や死後、神を知らない人々と同様な損益を招くことになると、忠告します。聖書は神の祝福と聖霊の後押しを継続するには、この二つの使命だけは必要不可欠だと、忠告したのです。しっかり胸に書き記してください。日々のみことばの預言や命令を侮らず、これら二つの使命さえ追求して生き続ければ良いだけなのです。

22~23節 (22 異言は信者のためのしるしではなく、不信者のためのしるしです。けれども、預言は不信者でなく、信者のためのしるしです。23 ですから、もし教会全体が一か所に集まって、みなが異言を話すとしたら、初心の者とか信者でない者とかが入って来たとき、彼らはあなたがたを、気が狂っていると言わないでしょうか。)

しかし聖書は、このコリント教会の人々の多くは、神様に与えられた才能と様々な恵みに酔いしれて勘違いしてしまい、日々のBible&メッセージの命令や預言をないがしろにしていた不信者たちのように真理に背く言葉や自己満足な異言を語り続けていたので、結果、彼らは神の感動的な祈りの奇跡と偉大な恩恵を手放してしまったと、教え説きます。聖書は、日々のBibleの命令や使命を軽視する人は皆、たとえ天国に行けたとしても、不信者と変わらない程度の神の恵みで人生を終えると預言するのです。全てはあなたの姿勢と生き方次第なのです。肝に命じましょう。

23節 (23 ですから、もし教会全体が一か所に集まって、みなが異言を話すとしたら、初心の者とか信者でない者とかが入って来たとき、彼らはあなたがたを、気が狂っていると言わないでしょうか。)

またBibleは、教会のJesus Familyたちが、みことばに背く発言や異言などを押し通せば、何のために集まった集団なのか訳のわからない宗教集団になり下がり、結果、神の感動的な御業や救霊者(洗礼者)も刈り取れない、虚しいご利益宗教になり変わると忠告します。

神の永遠なる使命である救霊(福音宣教)、真理、天に宝を積む奉仕や献金活動など、神の国第一主義から的が外れれば、殆ど意味のない、ご利益宗教程度に成り下がると忠告するのです。あなたは、無意味で、虚しいご利益宗教をする為にわざわざJesusに救われて、聖書のみことばを受けているのではありません。目をさましましょう。

あなたは、虚しいご利益宗教の罠に陥ったことはありませんか?

教会のJesus Familyたちと、叱咤激励し合ってその罠に陥らぬよう目をさましましょう。

・マタイ福音書5:18~19

Jesusは言った。『まことに、あなたがたに告げます。天地が滅びうせない限り、聖書の律法の中の一点一画でも決してすたれることはありません。全部が成就されます。だから、聖書の戒めのうち最も小さいものの一つでも、これを破ったり、また破るように人に教えたりする者は、天の御国で、最も小さい者と呼ばれます。しかし、それを守り、また守るように教える者は、天の御国で、偉大な者と呼ばれます。』

・マタイ福音書10:41

Jesusは言った『みことばの預言者を預言者だと信じて受け入れる者は、預言者の受ける報いを受けられます。』

・ルカ福音書24:25

『するとイエスは言われた。「ああ、愚かな人たち。みことばの預言者たちの言ったすべてを信じない、心の鈍い人たち。』

24~25節 (24 しかし、もしみなが預言をするなら、信者でない者や初心の者が入って来たとき、その人はみなの者によって罪を示されます。みなにさばかれ、25 心の秘密があらわにされます。そうして、神が確かにあなたがたの中におられると言って、ひれ伏して神を拝むでしょう。)

このようにBibleで、あなたの神様は主イエスの教会から教え語られるBible&メッセージの預言や祈りを通して人々を救い導き、またあなたを聖霊に満ちた「神の子」として成長させてくださると、約束しています。教会とは、神の御子Jesusが造られた神の国公認の唯一の教育機関。教会とは、唯一、完全な人生を生きたと言われるJesusのような神の聖霊力と知恵を増し加えられる神の役割を果たす神のカラダの一部だと、教え説くのです。聖書の教える教会の定義をしっかり胸に書き記してください。

・ヨハネの黙示録2:17

『耳のある者は御霊が諸教会に言われることを聞きなさい。わたしは勝利を得る者に隠れたマナを与える。』

25節 (25 心の秘密があらわにされます。そうして、神が確かにあなたがたの中におられると言って、ひれ伏して神を拝むでしょう。)

そして聖書は、あなたの神様はあなたの人生を永遠に助け導いて、あらゆる点で富ませ、またあなたの周囲の人々を救うため、隠された秘密の神の知恵や聖霊力を教え授けるために、わざわざ神のカラダなる教会に招待したと教え説きます。Bible&メッセージをスポンジのように吸収しながら、堅く信じ続ける神の子たちは、必ず神の感動的な祈りの奇跡や人生と死の秘密と奥義を引き出せるのです。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし神のカラダなる教会から語られるBible&メッセージに本気で耳を傾けて、真理に根付いた生活を目指しながら福音宣教を大切に生きられるようにしてください。

そうすれば皆、Jesusに似ていき、祈り通りの奇跡や不可能を可能にできる聖霊力を引き出せる人生になり変われるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り