• sgbc-devotion

第一コリントの手紙13:8~13

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」

2017年12月26日(火)

ディボーション聖句

第一コリントの手紙13:8~13

8 愛は決して絶えることがありません。預言の賜物ならばすたれます。異言ならばやみます。知識ならばすたれます。

9 というのは、私たちの知っているところは一部分であり、預言することも一部分だからです。

10 完全なものが現れたら、不完全なものはすたれます。

11 私が子どもであったときには、子どもとして話し、子どもとして考え、子どもとして論じましたが、おとなになったときには、子どものことをやめました。

12 今、私たちは鏡にぼんやり映るものを見ていますが、その時には顔と顔とを合わせて見ることになります。今、私は一部分しか知りませんが、その時には、私が完全に知られているのと同じように、私も完全に知ることになります。

13 こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。

[聖句メッセージ]

本日で、第一コリントの手紙13章は終わりです。

8~9節 (8 愛は決して絶えることがありません。預言の賜物ならばすたれます。異言ならばやみます。知識ならばすたれます。9 というのは、私たちの知っているところは一部分であり、預言することも一部分だからです。)

このようにBibleは、神様が与えた預言力、異言などの霊的な特殊能力や様々な才能は生きている間だけは役に立ちますが、肉体の死とともに、何の意味も持たなくなると忠告します。ですから、現在のあなたの霊的能力や様々な才能が乏しく感じても、全く落ち込む必要はないと教え説くのです。

聖書は、人は皆、どんなに能力や才能に長けていたとしても、また、それらの能力や才能が乏しく感じられても、大差などないと教え説いています。聖書は、人生で最も大切なのは主イエスの永遠なる救い(天国行き)を手に入れることと、人生と死の真理やまことの愛を悟ることであり、いかにして、福音を宣べ伝えられるかどうかにかかっていると教え説いたのです。人生で何より大切なのは、神愛、隣人愛を大切に生きることであり、そのためには福音宣教する愛の使命が必要不可欠だと教え説くのです。

あなたの大切にしていることと、神の教える大切なことに大きな相違点はありませんか?

なぜなら聖書は、神の教えてくれた大切な真理、愛から的外れに生き過ぎれば、人生や死後、必ず立ちいかなくなると忠告するからです。しかし聖書は、日々のBible&メッセージからあなたの神様との相違点を探し出して、祈りつつ修正し続ければ、必ず報われると約束するのです。あなたには希望があります。

また聖書は、人は皆、肉体の死を迎えると神の御元に連れて行かれ、人生で、何を大切に思考して、何を大切にして生きてきたのか。必ず、申し開きすることになり、神様からジャッジされると忠告しています。この神の忠告を聞き入れるか、聞き流すかはあなた次第です。しかし聖書は、肉体の死後、神の御元に連れて行かれてから気づいても、あとの祭りだと忠告するのです。しかし、生きてさえいれば手遅れなどないのです。なぜなら、あなたの神様はあなたを救い出せる信仰、愛、希望だけは、絶対に取り去られないからです。

・箴言10:7

『主を呼び求める正しい者の呼び名は、永遠にほめたたえられ、主を求めない悪者の名は、やがて朽ち果てる。』

・マタイ福音書6:19~20

Jesusは言った。『自分の宝を地上にたくわえるのはやめなさい。そこでは虫とさびで、きず物になり、また盗人が穴をあけて盗みます。自分の宝は、天にたくわえなさい。そこでは、虫もさびもつかず、盗人が穴をあけて盗むこともありません。』

・第一ペテロの手紙1:4

『また、主イエスの十字架の愛は、あなたがたに朽ちることも汚れることも、消えて行くこともない資産と永遠のいのちを受け継ぐようにしてくださいました。これはあなたがたのために、天にたくわえられているのです。』

9~10節 (9 というのは、私たちの知っているところは一部分であり、預言することも一部分だからです。10 完全なものが現れたら、不完全なものはすたれます。)

そしてBibleは、この世界での人間の役職、名誉、名声、人気、権力、財産、美貌、学識は、全て、もうじきあなたの前から消えてなくなるものであり、大した問題ではないと教え説きます。これらのものは、すべて、肉体の人生を終えれば、全く無意味になる不完全なことだと、教え説くのです。

あなたは、役職、財産、学識、人気、名声、美貌、権力などにぶら下がって生きていたり、それらの有無で幸、不幸を判断し過ぎていませんか?

なぜなら聖書は、以上の不完全な物事を人生の喜び、幸、不幸の価値基準にし過ぎる人は皆、愚かで、哀れな人生だと忠告するからです。日々のBible&メッセージから、揺るがぬ人生と死の真理を蓄えて霊の目をさまして生きることが重要です。なぜなら人は皆、必ず衰えていき、自らの健康とその肉体までも失って神の御前に連れて行かれ、永遠のジャッジを受けることになるからです。肝に銘じましょう。

しかしBibleは、主イエスの十字架の贖罪信仰と神の永遠なるみことば(人生と死の真理)を大切に生きるあなたは、肉体の死後、必ず天国に連れて行かれ、永遠にほめたたえられると約束してくれます。日々、主イエスの十字架上の愛による救いとみことばを仰ぎ見続けて生き抜けば良いだけだと、教え説くのです。

10~11節 (10 完全なものが現れたら、不完全なものはすたれます。11 私が子どもであったときには、子どもとして話し、子どもとして考え、子どもとして論じましたが、おとなになったときには、子どものことをやめました。)

そしてBibleは、神の祝福とまことの幸福人生を勝ち取るのに重要なことは、神のみことばを素直な幼児のように、純粋に信じて受け入れることであり、人生と死の真理であるみことばを生き様にしていたJesusを模範に生きられれば、完全な大人に成長していくと約束してくれます。

あなたは、素直な幼児のように人生と死の真理であるみことばを受け入れる謙遜さを大切にしながら、完全な神の御子Jesusを模範とする幸福人生を目指せていますか?

なぜなら聖書はみことばに素直になって、完全な御子Jesusを模範とする人生さえ築ければ、完全な大人になり、何をしても神の祝福と成功を勝ち取れると約束するからです。

・ガラテヤの手紙4:8~9

『主イエスを知らなかった当時、あなたがたは本来は神でない、偽りの神々の奴隷でした。ところが、今では本物の神を知っているのに、いや、むしろ神に知られているのに、どうしてあの無力、無価値の幼稚な教えに逆戻りして、再び新たにその偽りの神の奴隷になろうとするのですか。』

また聖書は、もしあなたが神に敵対する偽物や見えない敵の奴隷に逆戻りしたくないのなら、日々のBible&メッセージをしっかり蓄えながら、身勝手で幼稚なみことばに反する考え方と生き方を捨て去り、真理に根付いた大人な思考と生活習慣に移行して生きようとする姿勢が重要だと教え説きます。

・マタイ福音書5:18

Jesusは約束した。『まことに、あなたがたに告げます。天地が滅びうせない限り、聖書の律法の中の一点一画でも決してすたれることはありません。全部の御ことばが成就されます。』

10節 (10 完全なものが現れたら、不完全なものはすたれます。)

そして聖書は、神の愛とみことばだけは完全であり、すべて必ず成就すると預言します。だからこそ、こうしてこの愛する日本にいるあなたにもBible&メッセージは送り届けられたと教え説くのです。

・エレミヤ書29:12~14

あなたの主は言われた『あなたがたがわたしを呼び求めて歩き、いつもわたしに祈るなら、わたしはあなたがたに聞こう。そして、もし、あなたがたが心を尽くしてわたしを捜し求めるなら、わたしを見つけるだろう。わたしはあなたがたに見つけられる。――主の御告げ――そうすれば、わたしは、あなたがたの繁栄と平安を元どおりにし、わたしがあなたがたを追い散らした先のすべての国々と、すべての場所から、あなたがたを集め祝福する。――主の御告げ――わたしはあなたがたを引いて行った先から、あなたがたをもとの状態に帰らせる。」』

12節 (12 今、私たちは鏡にぼんやり映るものを見ていますが、その時には顔と顔とを合わせて見ることになります。今、私は一部分しか知りませんが、その時には、私が完全に知られているのと同じように、私も完全に知ることになります。)

またBibleは、昨日までのあなたが主イエスからの永遠なる救いや聖書のみことばの確信がなく、ただ、ぼんやりと感じる程度の信仰生活であったとしても、もし今日から本気で真理に基づく生活習慣にパラダイムシフトさえするならば、必ずあなたは神の偉大なる奇跡とその御姿を確信できると約束してくれます。聖書のみことばを素直に信じて、それを即行動と言動に移せる人たちは皆、永遠にいく倍も報われると約束するのです。胸に書き記してください。

・ヨハネの黙示録2:17

『耳のある者は神の御霊が諸教会に言われることを聞きなさい。わたしは勝利を得る者に隠れたマナを与える。』

そしてBibleは、Bibleから語られるみことばを確信した人たちこそが、真の永遠の勝ち組になれると教え説いています。聖書のみことばを堅く信じて耳を傾けられる者たちだげが、肉体の死後、永遠の微笑を獲得できるのです。

13節 (13 こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。)

最後に、今日の聖句は、もしあなたがBible&Jesusのみことばを完全に受け入れようと決心して、日々のBible&メッセージの預言と約束を祈り求め続けられる信仰心と希望を大切に生きられるのなら、神の愛はあなたに傾き続け、あなたの人生に神の似姿と必要な全ての奇跡が与えられると、約束してくれます。本気で神とそのみことばを求め、探し、祈り叩き続ける姿勢を貫く人は皆、必ずいく倍も報われ続けるのです。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、永遠のいのちの糧となるみことばから、真の信仰と希望と愛力を吸収させ悟らせてください。

そうすれば、皆の人生に神の感動的な奇跡が表れ続け、まことの人生の勝利者となれるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り