• sgbc-devotion

第一コリントの手紙10:1~8

Jesus said,

『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』

『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』

2017年12月9日(土)

ディボーション聖句

第一コリントの手紙10:1~8

1 そこで、兄弟姉妹たち。私はあなたがたにぜひ次のことを知ってもらいたいのです。私たちの父祖たちはみな、雲の下におり、みな海を通って行きました。

2 そしてみな、雲と海とで、モーセにつくバプテスマを受け、

3 みな同じ御霊の食べ物を食べ、

4 みな同じ御霊の飲み物を飲みました。というのは、彼らについて来た御霊の岩から飲んだからです。その岩とはキリストです。

5 にもかかわらず、彼らの大部分は神のみこころにかなわず、荒野で滅ぼされました。

6 これらのことが起こったのは、私たちへの戒めのためです。それは、彼らがむさぼったように私たちが罪悪をむさぼることのないためです。

7 あなたがたは、彼らの中のある人たちにならって、神以外を重んじる偶像崇拝者となってはいけません。聖書には、「民が、すわっては飲み食いし、立っては踊った」と書いてあります。

8 また、私たちは、彼らのある人たちが姦淫をしたのにならって姦淫をすることはないようにしましょう。彼らは姦淫のゆえに一日に二万三千人死にました。

[聖句メッセージ]

本日から、第一コリント人への手紙は10章です。

では、聖句をあげてから説明します。

・出エジプト記14:21~30

『敵国エジプトから逃げ出して来た、神の民達は海の前にやって来た。そこで、預言者モーセが祈り、手を海の上に差し伸ばすと、主は一晩中強い東風で海を退かせ、海を陸地とされた。それで海水は分かれて道となった。そこで、イスラエル人は海の真ん中のかわいた地を、進んで行った。水は彼らのために右と左で壁となった。エジプト人は追いかけて来て、パロ王の馬も戦車も騎兵も、神の民達を追いかけて行き、みな、水が分かれた海の中に入って行った。しばらく経って、朝になると主は火と雲の柱のうちからエジプトの陣営を見おろし、エジプト軍の陣営をかき乱された。その戦車の車輪をはずして、進むのを困難にされた。それでエジプト人は言った。「もう、あきらめよう。そして、神の民イスラエル人の前から逃げよう。主なる神が彼らのために、わたしたちエジプトと戦っておられるのだから。」このとき主はモーセに仰せられた。「あなたの手を海の上に差し伸べ、水がエジプト人と、その戦車、その騎兵の上に返るようにせよ。」そして、御言葉に従ったモーセが、再び手を海の上に差し伸べたとき、夜明け前に、海の中の道がもとの状態に戻った。エジプト人は海水が迫って来るので逃げたが、もう、すでに間に合わなかった。わたしたちの主は、敵国エジプト人達を海の真ん中に投げ込まれた。海水はもとに戻り、あとを追って海に入った、パロ王の全軍勢の戦車と騎兵をおおった。残された者はひとりもいなかった。しかし、神の民イスラエル人は海の真ん中のかわいた地を堂々と歩き、水は彼らのために、右と左で壁となり続けたのである。こうして、主は神の民イスラエル人たちを救われたのだ。』

1~4節 (1 そこで、兄弟姉妹たち。私はあなたがたにぜひ次のことを知ってもらいたいのです。私たちの父祖たちはみな、雲の下におり、みな海を通って行きました。2 そしてみな、雲と海とで、モーセにつくバプテスマを受け、3 みな同じ御霊の食べ物を食べ、4 みな同じ御霊の飲み物を飲みました。というのは、彼らについて来た御霊の岩から飲んだからです。その岩とはキリストです。)

このように聖書は、神のみことばを堅く信じて、父なる神を敬愛することで、日々の生活や人間関係のあり方を悔い改め続ける人は皆、人生に勝利して成功できると、約束します。あなたの神様は、みことばに生き続ける神の子たちだけは、人生のピンチさえも、永遠のチャンスになり変われると保証してくれたのです。

あなたは、父なる神様を敬愛する証しとして、日々のみことばで、素直に悔い改め続けていますか?

それとも、あなたはみことばを聞く時、熱心に悔い改めるどころか、その場だけ反省する偽善者になってしまったり、または、見えない敵の誘惑や周囲の人々に影響され過ぎる虚しい二重生活を強いられていませんか?

なぜなら聖書は、モーセの時代のように、日々のみことばを聞いて、素直に悔い改め続けようと尽力している人たちだけが、将来や死後の問題と不安から解放されると、忠告するからです。将来の希望、自由、死後の安泰は、あなたの選択次第なのです。しっかり胸に書き記してください。

そして聖書は、もしあなたが中途半端な聖書信仰を悔い改めようとするのなら、モーセの時代の神の子たちのように、自然をも揺り動かす程の無敵な神様の援軍と奇跡を受けられ、あなたの全ての問題や見えない敵は必ず退けられると、約束してくれます。この絶好の神の約束のチャンスを素直に生かすか、殺すかはあなたの聖書信仰とLIFEスタイル次第だと忠告するのです。モーセの時代の人々も、神のみことばに忠実な、素直な神の子たちだけが、約束の地にたどり着くことができました。歴史は繰り返すのです。肝に銘じましょう。

・詩篇119:98

『主のみことばは、私を私の全ての敵よりも賢くさせます。それは永遠に、主を信じる私たちのものだからです。』

また聖書は、あなたの創造主なる神様はただおひとりだけであり、聖書のみことばの約束と預言は、決して裏切ることはないと約束してくれます。ただ安心して、神のみことばに全人生の舵取りを任せれば、ただ、それだけで永遠に報われるのです。

・マタイ福音書28:19~20

Jesusは言った。『それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々に福音を伝えなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべての御言葉を守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。』

・ヨハネの黙示録3:13

『耳のある者は御霊が諸教会に言われることを聞きなさい。』

2~4節 (2 そしてみな、雲と海とで、モーセにつくバプテスマを受け、3 みな同じ御霊の食べ物を食べ、4 みな同じ御霊の飲み物を飲みました。というのは、彼らについて来た御霊の岩から飲んだからです。その岩とはキリストです。)

以下は、Bibleの教える神の祈り以上の奇跡と永遠なる幸福人生を勝ち取れる、二つの黄金律です。

一番目

Jesusの命令通り、今日からあなたが心を一新にして、何よりも周囲の人々に福音宣教する隣人愛を大切にする生活習慣と人間関係にパラダイムシフトして、周囲の人々に聖霊のバプテスマ(洗礼)を授けられるように、教会のJesus Familyたちと一致団結して、ベストを尽くせば、神様はあなたのすべての必要を保証してくださる。

二番目

また聖書は、いつも神の聖霊とその幸運を味方に惹きつけるためには、神の御霊が教会から語られるBible&メッセージをしっかり武装しながら、神の通り良き管に徹する生活力が重要だと、教え説きます。なぜなら聖書は、神のカラダなる教会に繋がっていない身勝手な人やみことばの行いの伴わない人は、的外れな神の子たちであり、そういう人々には、永続的な大きな良い実は刈り取れないと、ハッキリ忠告しているからです。しかし、神のカラダなる教会と御霊の一致を計ろうとする神の子たちは、必ず、いく倍も報われる人生のチャンスを刈り取れるのです。このように聖書の黄金律は、実にシンプルです。胸に書き記してください。

5〜7節 (5 にもかかわらず、彼らの大部分は神のみこころにかなわず、荒野で滅ぼされました。6 これらのことが起こったのは、私たちへの戒めのためです。それは、彼らがむさぼったように私たちが罪悪をむさぼることのないためです。7 あなたがたは、彼らの中のある人たちにならって、神以外を重んじる偶像崇拝者となってはいけません。聖書には、「民が、すわっては飲み食いし、立っては踊った」と書いてあります。)

また聖書は、出エジプトの時代も、日々のBible&メッセージの真理を素直に受け留めて、神の家族達といつも同じみことばで一致団結していた神の子たちは、段々と、神の国の圧倒的な権威と聖霊力を増し加えていくことになり、結果、全ての神の約束と恩恵を手に入れられていたと教え説きます。しかし聖書は、神の御霊がモーセを通して神の家族たちに語られていた日々のBible&メッセージから反れていった身勝手な人々は皆、的外れな信仰に孤立していき、結果、その人生の半ばで力尽きたり、滅んで行ったと忠告するのです。Jesusの教会とは神のカラダとなる働きや霊的なパワーを任された、神の国の権威に満ちた愛の共同体。神の教会から語られる同じみことばによる使命と判断力から外れ過ぎないように、お互いに励まし合って、繋がり合うことも重要なのです。しっかり胸に書き記してください。

・ローマ信徒への手紙2:11

『なぜなら、神にはえこひいきなどはないからです。』

7〜8節 (7 あなたがたは、彼らの中のある人たちにならって、神以外を重んじる偶像崇拝者となってはいけません。聖書には、「民が、すわっては飲み食いし、立っては踊った」と書いてあります。8 また、私たちは、彼らのある人たちが姦淫をしたのにならって姦淫をすることはないようにしましょう。彼らは姦淫のゆえに一日に二万三千人死にました。)

またBibleは、主なる神様のみことばと聖霊様以外の自力や他力に信頼し過ぎる人は皆、結果、いつの日か、必要以上の不運と罪悪をむさぼることに繋がり、自滅していくと、はっきり忠告しています。世界人類の永遠の真理であり、永遠なる人生と死の黄金律であるみことば以外に頼り過ぎては、人生の半ばか、死後に必ず、大崩れすると忠告するのです。信じて悔い改めるか、信じずに、我を押し通して悔いを残すかはあなた次第。なぜなら、Bible&Jesusの預言と真理は、必ず成就するからです。今日の聖句は、あなたの父なる神様からの愛に満ちた、真実の戒めです。目をさましましょう。

・イザヤ書40:29〜31

『あなたの主は、疲れた者には力を与え、精力のない者には活気をつけられる。主を知らない若者は疲れ、たゆみ、若い男もつまずき倒れる。しかし、主を待ち望む者は新しく力を得、いつも鷲のように翼をかって上ることができる。そういう人は走ってもたゆまず、歩いても、決して疲れない。』

あなたの人生と教会に表れる、神の圧倒的な奇跡を表せる教会力と、不可能さえ可能にできる聖書信仰力に期待します。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆が関わる教会から語られるBible&メッセージで、神様からのみことばの使命の一致と御霊の一致を得られるように助け導いてください。

それさえできれば、皆と皆のJesus Familyたちに神の圧倒的な奇跡を引き出せる祈祷力や、不可能を可能にできる聖霊力が任され、永遠に報われる幸福人生になり変われるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り