• sgbc-devotion

第一コリントの手紙7:19~24

GOD said,

『あなたは癒された』

『愛する人たち。自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい』

『神は愛です』

『主のしもべは栄える』

2017年11月29日(水)

ディボーション聖句

第一コリントの手紙7:19~24

19 割礼は取るに足らぬこと、無割礼も取るに足らぬことです。重要なのは神のみことばの命令を守ることです。

20 だから、割礼のことは気にせず、おのおの自分が召されたときの状態にとどまっていなさい。

21 奴隷の状態で召されたのなら、それを気にしてはいけません。しかし、もし自由の身になれるなら、むしろ奴隷にならず、自由になりなさい。

22 奴隷も、主にあって召された者は、主に属する自由人であり、同じように、自由人も、召された者はキリストに属する奴隷だからです。

23 あなたがたは、代価をもって買われたのです。だから人間の奴隷となってはいけません。

24 兄弟姉妹たち。おのおの召されたときのままの状態で、神の御前にいなさい。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

19節 (19 割礼は取るに足らぬこと、無割礼も取るに足らぬことです。重要なのは神のみことばの命令を守ることです。)

このようにBibleは、人は皆、特別な割礼を受けなくとも、Bible&Jesusのみことばを信じて、自らの罪悪と過ちを悔い改め続ければ、あなたの神様は本物の正しい人として認めてくださり、そういう人は皆、永遠に報われ、肉体の死後は、新たな天国人生に移されると約束してくれます。大切なのは割礼や洗礼などの儀式ではなくて、日々のBible&メッセージをいかにして、個々の生活に実践適用できるかだと、教え説くのです。これが聖書の教える、何をしても絶対に、永遠に報われ続ける成功的な人生の方程式なのです。胸に書き記してください。

・第一サムエル記16:7

『主は人が見るようには、人を見て評価しない。人はうわべを見るが、主は心を見られる。』

・マタイ福音書13:23

Jesusは約束した。『良い地に蒔かれる人とは、みことばを聞いて、それを悟り行なう人のことで、その人はほんとうに実を結び、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結びます。』

20~24節 (20 だから、割礼のことは気にせず、おのおの自分が召されたときの状態にとどまっていなさい。21 奴隷の状態で召されたのなら、それを気にしてはいけません。しかし、もし自由の身になれるなら、むしろ奴隷にならず、自由になりなさい。22 奴隷も、主にあって召された者は、主に属する自由人であり、同じように、自由人も、召された者はキリストに属する奴隷だからです。23 あなたがたは、代価をもって買われたのです。だから人間の奴隷となってはいけません。24 兄弟姉妹たち。おのおの召されたときのままの状態で、神の御前にいなさい。)

この『奴隷』とは、人間でありながら他人の所有物とされる人。「奴隷」とは、人間としての名誉・権利・自由を認められず、他人の所有物として取り扱われる身分を意味します。

また「奴隷」は、所有者の全的支配に服し、労働を強制され、譲渡・売買の対象ともされていました。古代社会はこの奴隷制が社会常識であり、当時の古代ローマ帝国にも多くの奴隷たちが存在していたのです。

・使徒の働き7:7

主なる神様は言われた。『わたしを信じる者を奴隷にする国民を、わたしが裁く。その後、わたしは奴隷たちを開放して、わたしを礼拝出来るようにする。』

このように聖書は、あなたの神様は奴隷制など、人種差別などを忌み嫌うお方であり、あなたの神様は人種差別をしている国々や、えこひいきする人々を罰したり、いつか必ず裁くことになると、預言します。聖書は、たとえどんなに数多くの富、権力や影響力を手に入れられたとしても、人を差別したり、特定の人たちをえこひいきしない心構えが重要だと、忠告するのです。肝に命じましょう。

あなたは特定の人々を軽視したり、また、人を差別、えこひいきする傾向はありませんか?

なぜなら聖書は、人を差別、えこひいきして付き合う人は皆、必ず神様からのマイナス的な報いや裁きを受ける羽目になると、忠告するからです。信じて気をつけるか、聞き流すかはあなた次第。しかし聖書は、もし、あなたに神の偉大なる祝福と永遠の幸福な人生が必要ならば、これらの点を特に気をつけることが重要だと教え説くのです。

尚、聖書のみことばを人生の使命として生きたリンカーン元大統領(米国の歴代大統領)やキング牧師たちなど、歴代の多くのクリスチャンたちが聖書のみことばに人生を賭けてくれたおかげで、世界中の奴隷制撤廃や人種差別禁止の世界常識が生じていったのです。まことのクリスチャンとは、神愛と隣人愛に基づくみことばを生き様にする神の子たちを言うのです。

23節 (23 あなたがたは、代価をもって買われたのです。だから人間の奴隷となってはいけません。)

そしてBibleは、人生で偉業を成し遂げたい人々や人生である程度の成果とまことの成功を勝ち取りたい人々は、むしろ奴隷のように、周囲や部下たちに仕えられる「サーバントリーダーシップ」の姿勢が重要だと、教え説きます。いつも上から目線の言葉だけで、部下たちと共に力を合わせて戦おうとしないリーダーに永続的な成功や偉業はなし得ないと、忠告するのです。Jesusや使徒パウロたちもみことばを宣べ伝えるだけでなく、自らがみことばを生き様とする神の奴隷に徹することで、隣人を救霊して、隣人たちにまことの生きる目的と模範を示されたのです。

また聖書は、人は皆、個人差や才能の違いはあれども、決して大差などなく、属する組織や誰かの個人的な奴隷(使いっぱしり)として生きるようには造られてはいないと教え説きます。

あなたは、神様から与えられた福音宣教の愛の使命や真理に基づいた生きる目的と模範を示すサーバントリーダーシップの働きを怠っていませんか?

また、あなたは神の使命と真理に基づくサーバントリーダーシップの働きをするどころか、あなたの属する営利組織や人間関係での都合の良い人や、ただの優しくていい人に成り下がっていませんか?

なぜなら聖書は、人は皆、属する営利組織や人間関係で真理に反する他人に都合のいい人生は、それらの束縛と支配から自由に生きるべきであり、人間や営利組織の都合の良い生き方はやめて、悔い改めるように注意しているからです。いくら、他人に都合の良い、優しい人であっても、神様や真理に反する人生では、いつか、必ず神様からの愛の鞭や裁きが下されると、忠告するのです。肝に命じてください。

・箴言26:28

『偽り者の舌は、みことばの真理を憎んで曲げ、他人にへつらう人は滅びを招く。』

・箴言29:5

『自分の友人にへつらう者は、自分の足もとを巣食われる。』

また聖書は、もしあなたに神の偉大なる恩恵や、祈り通りの奇跡が必要ならば、神の使命や天に宝を積む愛の奉仕を怠ってまで、あなたを雇用している雇用主・組織に大切な時間や労力を犠牲にし過ぎたり、または、真理から外れて付き合っている恋人や友人たちに影響、支配され過ぎないようにと、忠告しています。なぜなら聖書は権力や他人を恐れたり、人間関係に気をつかいすぎて真理から外れている人々や、自らの名誉、神の使命、自由、信仰を守れない人に、神の感動的な奇跡やまことの偉業は成し得ないと、断罪するからです。聖書は、あなたの属する組織や人間関係の後釜はいくらでもおりますが、あなたに与えられている神様のご計画と使命は、あなたにしか成し得ないと教え説くのです。神のみことばを聞いて霊の目を醒まして、やがて手放すしかない、この世界での物事や人間関係ばかりに時間や労力を費やし過ぎない人生設計と生活習慣が重要なのです。

あなたの人生(生活習慣、人間関係、ビジョン、方向性、優先順位)に神様のご計画と使命が表れていき、何をしても、永遠に報われる幸福人生に成り変われると期待します。まことの神様とそのみことばだけを恐れて生きる人は皆、絶対に報われ続けるからです。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、この世界での営利組織、人間関係、自欲などの奴隷にならず、神様のご計画とその使命のために、バランス良く、喜んで、時には奴隷のように隣人に仕えられるようにしてください。そして皆が、決して真理に反してまで、この世の価値観と属する組織や人間関係に支配され過ぎないように助け導いて下さい。お願いします。

そうすれば、皆、神様からの感動的な偉業と祈り通りの奇跡を手に入れられるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り