• sgbc-devotion

第一コリントの手紙4:3~5

Jesus said,

「何も思い煩わなくてもいい」

「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」

2017年11月11日(土)

ディボーション聖句

第一コリントの手紙4:3~5 3 しかし、私にとっては、あなたがたによる判定、あるいは、およそ人間による判決を受けることは、非常に小さなことです。事実、私は自分で自分をさばくことさえしません。 4 私にはやましいことは少しもありませんが、だからといって、それで無罪とされるのではありません。私をさばく方は主です。 5 ですから、あなたがたは、主が来られるまでは、何についても、先走ったさばきをしてはいけません。主は、やみの中に隠れた事も明るみに出し、心の中のはかりごとも明らかにされます。そのとき、神から各人に対する称賛が届くのです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

・ローマ信徒への手紙8:1~2

『こういうわけで、今やキリスト・イエスにある者は罪に定められることがない。なぜなら、キリスト・イエスにあるいのちの御霊の法則は、罪と死との法則からあなたを解放したからである。』

3節 (3 しかし、私にとっては、あなたがたによる判定、あるいは、およそ人間による判決を受けることは、非常に小さなことです。事実、私は自分で自分をさばくことさえしません。)

このように聖書は、イエスキリストの十字架による贖罪信仰を信じて、日々のみことばで祈り悔い改め続ける人は皆、永遠に父なる神様の裁きから免れると約束します。ですから、不完全な一人の人間に過ぎない使徒パウロは、自分自身の罪悪や過ちを必要以上に責めることをせず、主イエスの十字架に感謝しながら悔い改め続けることで、自らの罪悪感やネガティブ思考から解放され、永遠なる自由かつ幸福人生を勝ち取れたのでした。主イエスの十字架を仰ぎ見続けて、日々、Bibleのみことばで悔い改め続ける人は皆、絶対、永遠にいく倍も報われるのです。これぞ福音の奥義です。しっかり胸に書き記してください。

・創世記26:12

『みことばに従ったイサクは、その地に種を蒔き、その年に百倍の収穫を見た。主が彼を祝福してくださったのである。』

・マルコ福音書4:20

Jesusは言った『良い地に蒔かれる人とは、みことばを聞いて悟り行う人で、そういう人は三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。』

3~4節 (3 しかし、私にとっては、あなたがたによる判定、あるいは、およそ人間による判決を受けることは、非常に小さなことです。事実、私は自分で自分をさばくことさえしません。4 私にはやましいことは少しもありませんが、だからといって、それで無罪とされるのではありません。私をさばく方は主です。)

『私には、やましい事はない』と使徒パウロは言っていますが、この使徒パウロは、生活のための労働(天幕作り・簡易住居作り)、神の働きによる奉仕(教会牧師)、救霊のための愛に基づいた人間関係作りなど、社会的責任と神の使命の責任と義務をいつもバランスを調整しながら生活していました。聖書は、これが神の国と神の義を第一にする模範的な生活であり、そういうクリスチャンには神様からの感動的な奇跡とJesusのような聖霊力や、まことの幸福かつ自由人生が任されると約束するのです。

あなたはパウロたちのように、神の国と神の義を第一に考えるバランスある生活習慣を築こうと尽力していますか?

それとも、神の国と神の義よりも、この国や関わる組織と、俺様(自我)や人様の義を第一にし過ぎて、神の祈り以上の祝福や永遠の友(救霊者獲得)を手放していませんか?

なぜなら聖書は、使徒パウロの生活習慣と人間関係はクリスチャンの模範としてだけではなく、神の認める義人、伝説的な正義の人、永遠かつ世界的偉人となれる要素がしっかり備わっていたと教え説くからです。

また、あなたの生活習慣と人間関係のあり方やバランスは、Jesusや使徒パウロのようなバランスを模範としていますか?

それとも、周囲に影響され過ぎてクリスチャンとしての自覚や使命感が弱まり、社会や組織の一つのコマのように、小さくこり固まってしまっていませんか?

なぜなら聖書は、もしあなたに祈り以上の神の奇跡や、永遠に揺るがない幸福かつ自由人生が必要ならば、日々のBibleのみことばから生活習慣と人間関係のバランスを修正し続けることが問われると忠告するからです。

5節 (5 ですから、あなたがたは、主が来られるまでは、何についても、先走ったさばきをしてはいけません。主は、やみの中に隠れた事も明るみに出し、心の中のはかりごとも明らかにされます。そのとき、神から各人に対する称賛が届くのです。)

この聖句の当時、神様の御怒りはみことばを軽視していた形式的な信仰者と、当時のユダヤ人の律法学者(口先だけの宗教監督者と学者)や裏表のある偽善的な権力者たちに向かっていました。なぜなら、当時の律法学者と権力者たちは自分勝手な欲望の為の営利活動ばかりに熱心で、隣人を救う愛や神の教会を立てあげる天に宝を積む奉仕活動を軽視していたため、結果、神の国と神の義を大切にする生活バランスが崩れており、結果、霊的に盲目になって、見えない敵の奴隷下に移されていたからでした。このように聖書は、いくら立派な神信仰があったとしても、聖書の真理に伴う生活習慣と人間関係を築けなければ、圧倒的な勝利、大成功は長続きしないと忠告するのです。肝に命じましょう。Bibleは神の奥義であるみことばを通して、生活習慣と人間関係のあり方を最善なかたちに造り変えられる、人生と人間関係の取り扱い説明書。聖書はJesusや使徒パウロたちのように、日々のBibleのみことばで生活習慣と人間関係を築こうとする人は皆、永遠に、すべての必要が満たされ続けると約束したのです。

今日からあなたの生活習慣と人間関係のあり方が日々のBibleのみことばにより造り変えられていき、永遠に、何をしても全ての必要が満たされ続けると期待します。あなたの内なる聖霊は、あなたの生活習慣と人間関係のあり方を造り変える為の救い主だからです。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、生活習慣と人間関係のあり方を日々のみことばで造り変えられるように助け導いてください。

そうすれば、皆のすべての必要が永遠に、不思議に満たされ続けるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り