• sgbc-devotion

第一コリントの手紙3:22~23

Bible said,

『力を落としてはなりません。あなたがたの働きには報いが伴っているからです。』

『あなたの罪は赦された。』

『主は絶えず、あなたを導く。』

2017年11月9日(木)

ディボーション聖句

第一コリントの手紙3:22~23

22 パウロであれ、アポロであれ、ケパであれ、また世界であれ、いのちであれ、死であれ、また現在のものであれ、未来のものであれ、すべてあなたがたのものです。

23 そして、あなたがたはキリストのものであり、キリストは神のものです。

[聖句メッセージ]

本日で、第一コリントの手紙3章は終わりです。

・第1コリントの手紙3:5~7

『アポロとは何でしょう。パウロとは何でしょう。あなたがたが信仰に入るために用いられたしもべであって、主がおのおのに授けられたとおりのことをしたのです。私が植えて、アポロが水を注ぎました。しかし、成長させたのは神です。それで、たいせつなのは、植える者でも水を注ぐ者でもありません。成長させてくださる神なのです。』

・箴言3:5

『心を尽くして主に拠り頼め。人間の悟りにたよるな。』

・箴言3:7

『自分を知恵のある者と思うな。主を恐れて、悪から離れよ。』

22節 (22 パウロであれ、アポロであれ、ケパであれ、また世界であれ、いのちであれ、死であれ、また現在のものであれ、未来のものであれ、すべてあなたがたのものです。)

このようにBibleは、使徒パウロは勇敢かつ偉大な牧師で、アポロは優秀な伝道者で、ゲパは模範的かつ情熱的なクリスチャンでしたが、彼らは皆、神のしもべであり、教会にリバイバルや奇跡を起こして、信徒たち一人一人を成長させているのは、まことの神様だけであると教え説きます。

聖書は、人間の悟りと才能には大差などなく、すべての人々には限界や限度があると、教え説いています。聖書は自分より素晴らしい信仰を持っている人々や、また賢く、より良く見える人々が現れて尊敬したとしても、そういう尊敬できる人々を神様のように崇めたり、みことば以外で支配され過ぎないようにと、忠告しているのです。

あなたは、周囲にいる権力者や有名人たちをBible&Jesusのみことばよりも特別視し過ぎたり、影響される傾向にありませんか?

なぜなら聖書は、この世界の権力者や有名人たちを特別視する人たちに、まことの神様の奇跡やリバイバルは任されないと、はっきり忠告するからです。聖書の教える神様とそのみことばよりも、人様意識と有名人たちの言葉に影響され過ぎる人は皆、やがて見えない敵(サタン)と罪人の支配下に置かれていき、虚しい哀れな人生に終わると忠告するのです。肝に命じましょう。

また聖書は、人は皆、たとえ多くの富、権力と名声や人気による数多くの恵みを受けられたとしても互いに敬愛し合うものであり、自分を特別な知者、勝ち組などと勝ち誇り過ぎることは愚かだと、忠告します。神の永遠なる救いや聖霊の追い風(幸運)を永続的に受け続けたいのならば、人を崇めず、また妬まず、さげすまない事も重要です。

・ヨブ記12:13

『この世界の知恵と権力とは神とともにあり、思慮と英知も、すべて神のものだ。』

・ヨブ記1:21

『私たちは、裸で母の胎から生まれて来た。また、裸で私たちは死に帰ることになる。主はすべてを与え、主はすべてを取られるお方。主の御名はほむべきかな。』

23節 (23 そして、あなたがたはキリストのものであり、キリストは神のものです。)

また聖書は、人は皆、やがて肉体の死を迎えなければならず、たとえ人が、どんなに大きな富や権力と名声を得られたとしても、やがてそれらすべてを神に明け渡して、死後の世界に向かわなければならないと、忠告します。たとえどんなに富んだとしても、また、どんな有名人、権力者になれたとしても、所詮すべては、人生でのいっときの出来事にしか過ぎないと忠告するのです。ですから聖書は、それら人生でのいっときの恵みに踊らされて有頂天になったり、またそれらに振り回されて自信をなくさないためにも、聖書から永遠の真理の視点をしっかり掴み取ることが重要だと、教え説くのです。

またBibleは、天地万物のすべてのものは、永遠の主権者であるあなたの父なる神様のものだと、ハッキリ教え説いています。ですから欲張り過ぎたり、貧しさや弱さを卑下する必要などないと、教え説くのです。なぜなら、天地万物のすべての恵みは、神様からの一時的な預かりものに過ぎないからです。また聖書は、この世界の恵み(欲望と快楽ごと)を追いかけ過ぎずに、適度に握り締めることが大切であり、それらのことよりも、肉体の死後の永遠なる天国人生の為に、しっかり天に宝を積みながら祈り備える生活習慣の方が重要だと、教え説いているのです。目先の人生のことばかり考え過ぎず、永遠なる視点で人生を考えることがまことの知者だと、教え説くのです。

23節 (23 そして、あなたがたはキリストのものであり、キリストは神のものです。)

そして聖書は、「神の子」とされたあなたは父なる神様の大切な宝物だと、教えています。それを胸に刻み、誇りとして生きてください。この真理と真実を何よりの誇りと生きることが何よりのあなたの幸運と強味となれるからです。Bibleは聖書信仰を大切に生きる「神の子」たちは、父なる神様からの特別待遇と百倍の報いを受けられると約束するからです。

あなたも、神信仰(聖書信仰)とJesusの十字架を信じて「神の子」とされたことが何よりの誇りとなる人生に変えられていき、今よりも、百倍以上の神の感動的な奇跡や、数多くの永遠の親友を獲得できると期待します。なぜなら聖書は、誰よりも神を愛し、何よりもJesusの十字架を誇りとして生き続ける人は皆、絶対そうなると約束するからです。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、人様意識や有名人たちの言葉よりも、何よりも、神様とそのみことばを絶対視して、生き続けられるように助け導いてください。

そうすれば皆、何をしても、永遠に報われ、今よりも百倍以上の恩恵を勝ち取れるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り