• sgbc-devotion

第一テモテの手紙3:14~16

Jesus said,

『主に不可能はありません』

『あなたの罪は赦された』

『真理はあなたを自由にします』

2017年9月14日(木)

ディボーション聖句

第一テモテ3:14〜16 14 私は、近いうちにあなたのところに行きたいと思いながらも、この手紙を書いています。 15 それは、たとい私がおそくなった場合でも、神の家でどのように行動すべきかを、あなたが知っておくためです。神の家とは生ける神の教会のことであり、その教会は、真理の柱また土台なのです。 16 確かに偉大なのはこの敬虔の奥義です。「キリストは肉において現れ、霊において義と宣言され、神の御使いたちに見られ、諸国民の間に宣べ伝えられ、世界中で信じられ、神の栄光のうちに上げられました。」

[聖句メッセージ]

本日で、第一テモテの手紙の3章は終わりです。

では聖書から、神の教会と神の奥義について探っていきましょう。

・第1コリントの手紙12:3

『聖霊が良しとしなければ、だれでも、「イエスは主です。Amen」と言うことはできません。』

・マタイの福音書22:14(現代訳)

「神様から招かれる人は沢山いますが、神様に選ばれる人、つまり神の好意を素直に受け取って、教会に来る人はごくわずかです。」

・エペソの手紙4:16

「キリストのからだである教会全体は、一人一人の部分がその力量にふさわしく働く力により、また、備えられたあらゆる結び目によって、しっかりと組み合わされ、結び合わされ、成長して、愛のうちに建てられるのです。」

・マタイの福音書16:18~19

主イエスは言われた。「わたしも言います。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。ハデス(地獄)の門もそれには打ち勝てません。わたしは、あなたの教会に天の御国のかぎを上げます。何でもあなたの教会が地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、それを地上で解くなら、それは天においても解かれています。」

14~16節 (14 私は、近いうちにあなたのところに行きたいと思いながらも、この手紙を書いています。15 それは、たとい私がおそくなった場合でも、神の家でどのように行動すべきかを、あなたが知っておくためです。神の家とは生ける神の教会のことであり、その教会は、真理の柱また土台なのです。16 確かに偉大なのはこの敬虔の奥義です。「キリストは肉において現れ、霊において義と宣言され、神の御使いたちに見られ、諸国民の間に宣べ伝えられ、世界中で信じられ、神の栄光のうちに上げられました。」)

このように聖書で「教会」とは、世界人類のまことの神様が住まわれている、この世界で唯一の神の家だと教え説きます。教会には、目に見えずとも神様が共にご臨在なされていると教え説くのです。

そして聖書であなたは、まことの神様の聖霊の御声と導きに気づいて、神のカラダとなる教会の一部になるために、永遠の救い(天国行き)と神の国の権威を受け取るチャンスに恵まれた、素直で幸運な神の子だと教え説くのです。信じるか、信じられないかはあなた次第です。しかし聖書は、神の招待とその選びに気づいて教会に来れる素直な人は、ごくわずかであり、貴重な神の子だとハッキリ教え説くのです。神の家である教会に繋がって、しっかりと天に宝を積み、神の特別な恩恵や永遠なる幸運を引き出せるか。心閉ざして、神の教会から距離を置き、神の子としての特権や永遠なる恩恵を手放すかは、本人の信じ方と生活習慣次第だと教え説くのです。

15~16節 (15 それは、たとい私がおそくなった場合でも、神の家でどのように行動すべきかを、あなたが知っておくためです。神の家とは生ける神の教会のことであり、その教会は、真理の柱また土台なのです。16 確かに偉大なのはこの敬虔の奥義です。「キリストは肉において現れ、霊において義と宣言され、神の御使いたちに見られ、諸国民の間に宣べ伝えられ、世界中で信じられ、神の栄光のうちに上げられました。」)

また聖書で「教会」とは、世界中の真理の柱で、まことの神様が設けられた世界人類の土台であり、絶対になくてはならない神の家だと教え説きます。確かに、今やJesusの教会のない国や都市は存在しないと言っても過言ではないのです。また、世界中の著名な社会学者たちは、もし、仮に教会やクリスチャンの影響力がなければ、とっくに世界は滅んでいたであろうと言われるほど、Jesusの愛とBibleの真理は世界中に大きな影響力を与えてきたのです。そして聖書は、神に選ばれしあなたは、決して揺らぐことのない永遠の真理の土台である神のカラダなる教会の一部として役割を果たすことで、堅固な幸福的な人生を築くために救われたと教え説くのです。これが聖書の教える神に救われたすべての人々の生きる使命だと、教え説くのです。

そして、あなたも霊の目をさましていき、神のカラダなる教会にしっかりと繋がって神のカラダの一部分の役割を果たすようになり、神の子としての特権と永遠なる幸福的人生を勝ち取れると信じます。あなたの内なる聖霊は、その為の救い主だからです。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を神の家であるJesusの教会に招待して導いて下さり、心から感謝します!

主よ、どうか皆が更に霊の目を開いて、世界の真理の柱であり、神の土台である教会にしっかりと繋がって、神のカラダの一部分の役割を果たせるように助け導いてください。

そうすれば、皆の全必要は満たされていき、永遠に報われる堅固な幸福的人生を勝ち取れるからです!主イエスのお名前で感謝して祈ります。

AMEN!!!

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り