• sgbc-devotion

第一テモテの手紙1:16~17

Bible said,

『求めなさい。そうすれば聖霊は与えられます』

『あなたは地の塩。世の光です』

2017年9月4日(月)

ディボーション聖句

第一テモテ1:16〜17 16 しかし、そのような私(パウロ)があわれみを受けたのは、イエス・キリストが、今後彼を信じて永遠のいのちを得ようとしている人々の見本にしようと、まず私に対してこの上ない寛容を示してくださったからです。 17 どうか、世々の王、すなわち、滅びることなく、目に見えない唯一の神に、誉れと栄えとが世々限りなくありますように。アーメン。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

では聖書から、あなたの神様のご計画、福音について探っていきましょう。

16~17節 (16 しかし、そのような私(パウロ)があわれみを受けたのは、イエス・キリストが、今後彼を信じて永遠のいのちを得ようとしている人々の見本にしようと、まず私に対してこの上ない寛容を示してくださったからです。17 どうか、世々の王、すなわち、滅びることなく、目に見えない唯一の神に、誉れと栄えとが世々限りなくありますように。アーメン。)

使徒パウロは、かつては敬虔なユダヤ教徒であった為に、人は皆、神のみことば(人生で守るべき旧約聖書の律法)に背けば有罪であり、肉体の死後、永遠の苦しみの裁き(地獄行き)を受けて当たり前だと、確信していました。だから、以前のパウロは神の御子イエスの十字架上の身代わりの死と弁護を信じて祈りすがれば、神様の裁きを免れて、永遠のチャンスと神のゆるし(天国行き)を受けられるJesus信仰を信じられずに、Jesusの教会とそのクリスチャンたちに協力せず、迫害してしまって、神の大きな試練(むち)を招いてしまったのです。

しかし使徒パウロは、ある日、十字架上で処刑されたはずのイエスのよみがえった姿とそのみことばに出会わされて、Jesus信仰に回心して、神に選ばれし牧師、伝道者に生まれ変わったのです。

・エペソの手紙4:11

「こうして、イエスキリストご自身が、ある人を神の預言者、ある人を伝道者、ある人を牧師として、お立てになったのです。」

このように聖書は、教会の聖職者たちは神の特別な召命を受けていると、教え説きます。教会で奉仕している聖職者と聖徒たちは、神様の特別な選び(召命)と父なる神様との相思相愛関係がなければ、聖日礼拝に出席して奉仕することができないと、教え説くのです。

あなたは、父なる神様との相思相愛関係を築いていますか?

父なる神様のみことばと聖日礼拝を大切に生き続ければ、それだけで、父なる神様との相思相愛関係は深められていき、Jesusのような愛の御業や感動的な奇跡は任されるからです。

Jesus信仰に回心する以前のパウロは、社会的には家柄が良く、お金持ちで、敬虔なユダヤ教徒であった為に道徳心にも優れて学もあり、将来は律法学者(法律&宗教学者)か、有望な政治家になれる才能に長けた人でした。しかし彼は、Jesusの教会とクリスチャンたちに反抗して迫害した為に、神様を敵に回す試練を刈り取って悔い改めたのです。そして使徒パウロは、よみがえったイエスから、以下のようなメッセージと叱責を受けて、悔い改めたのです。

よみがえったイエスは、パウロに、人間がたとえどんなに道徳的に優れて、敬虔な正義に生きられたとしても、また、たとえどんなに家柄が良く、数多くの才能や財産を持っていたとしても、それらは人生でのいっときの恵みにしかならず、神の御前や肉体の死後には、全く何の役にも立たないことを教え悟されたのです。主イエスはパウロに、そんなものを数多く獲得できたとしても、神様を敵に回して永遠の苦しみを刈り取れば、全く無意味だと叱責を受けたのでした。使徒パウロは、よみがえったイエスにJesus信仰とそのみことばを軽んじて生き続ければ、人生と死後にひどい目を見ることを教え諭されたのです。

あなたは、かつてのパウロのように、Bible&Jesusのみことばを軽んじている所はありませんか?

なぜならBible&Jesusは、神のみことばを軽んじて生きる人の人生は災いだと、忠告したからです。生まれ変わった使徒パウロのように、Jesusを信じて神の祝福を永遠の味方に惹きつけられるのか。昔のパウロのように、Jesusのみことばを軽んじて、永遠に試練を受け続けるかは、あなたの選択次第だと忠告するのです。

・箴言1:7

「主を恐れることは人生の知識の初めである。愚か者は聖書の知恵と訓戒をさげすむ。」

箴言9:10

「主を恐れることがすべての知恵の初め。聖なるお方を知ることこそが人生を悟ることである。」

詩篇111:10

「主のみことばを恐れることは、すべての知恵の初め。このみことばを行う人はみな、良い明察を得られる。みことばを行う人に、主の誉れは永遠に堅く立つ。」

しかしあなたは、使徒パウロのように主を畏れて、聖書のみことばを行う人生に変えられていき、何をしても神様が味方する最高な幸福的人生を勝ち取れると信じます。なぜなら、あなたの内なる聖霊は、聖書のみことばを行う為の救い主だからです。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆の霊の目を開き、使徒パウロのように主を畏れて、みことばを行う人生をしっかり築けるように助け導いて下さい。 そうすれば皆、使徒パウロのように、何をしても神様が味方して下さる幸福的な人生や爆発的な聖霊力を獲得できるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

Amen!!!

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.