• sgbc-devotion

第一テモテの手紙1:13~15

Bible said,

『恐れるな。わたしがあなたの神だから』

『あなたの罪は赦された』

2017年9月3日(日)

ディボーション聖句

第一テモテの手紙1:13~15

13 私(パウロ)は以前は、神をけがす者、迫害する者、暴力をふるう者でした。それでも、信じていないときに知らないでしたことなので、あわれみを受けたのです。

14 私たちの主の、この恵みは、キリスト・イエスにある信仰と愛とともに、ますます満ちあふれるようになりました。

15 「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた」というみことばは、まことであり、そのまま受け入れるに値するものです。私はその罪人のかしらでした。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

では使徒パウロの証しのみことばから、主イエスの十字架の偉大な恵みを再確認しましょう。

13~15節 (13 私(パウロ)は以前は、神をけがす者、迫害する者、暴力をふるう者でした。それでも、信じていないときに知らないでしたことなので、あわれみを受けたのです。14 私たちの主の、この恵みは、キリスト・イエスにある信仰と愛とともに、ますます満ちあふれるようになりました。15 「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた」というみことばは、まことであり、そのまま受け入れるに値するものです。私はその罪人のかしらでした。)

使徒パウロは、主イエスキリストの不思議な幻、聖書のみことば体験をする以前は、キリスト教の敵対グループのリーダーでした。またパウロは、Jesus信仰を持つ以前は、著名なユダヤ教の律法学者ガマリエルの弟子であり、ユダヤ教パリサイ派の熱心な信者でした。

パリサイ派とは、旧約聖書を厳格に信仰しているユダヤ教の宗派で、当時のユダヤ教の主流派でした。(現在でもユダヤ教の主流派となっています。)

尚、パリサイ派の信仰、礼拝スタイルは、ユダヤ教の律法学者(旧約聖書&法律学者)から聖書の律法の解釈を学び礼拝するというスタイルです。

また、ユダヤ教のパリサイ派の中心的な教理は、ユダヤ人は創造主なる神様に選ばれた特別な民族であり、その中でも、旧約聖書の律法を守り行う者たちだけが神様から祝福されて救われる、という教えでした。そして、パリサイ派の人々は旧約聖書の律法を守らない人々とはほとんど付き合わず、ある意味で、聖書の律法を守らない罪深い人々とユダヤ人以外の人たち(異邦人)を差別する程の信仰を貫いていたグループでした。使徒パウロは、昔、そのパリサイ派の若きエリート・リーダー(律法学者と政治家の卵)だったのに、生まれ変わったクリスチャンだったのです。

かつてはユダヤ教バリサイ派の信仰を持っていたパウロは、主イエスの十字架信仰さえ信じれば、人生での全ての罪悪や過ちが神様から赦されて、天国に行けるという教えを信じることができませんでした。パウロは、この世界の法治国家のように、神の定めた守るべき律法(旧約聖書)に背けば、人は皆、有罪であり、肉体の死後天国に行けずに、永遠の裁き(地獄行き)が確定して当たり前だと信じていたのです。

このように、以前のパウロは神の御子イエスの十字架上の身代わりの死と弁護による神のゆるし、父なる神様の無限なる愛による救い(福音)を信じる事ができず、神の定めた旧約聖書の律法を守らずに罪深く生きている人たちが主イエスの十字架信仰のおかげで神様にゆるされて「天国に行ける」と証しして喜んで礼拝している姿を見ると許せず、教会を迫害してつぶしたり、クリスチャンたちに暴力をふるっていたのです。

15節 (15 「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた」というみことばは、まことであり、そのまま受け入れるに値するものです。私はその罪人のかしらでした。)

しかしパウロはある時、目に見える訳のない死から復活したイエスキリストの姿と、そのBible&メッセージを聞かされ、彼は信仰のあり方と人生のスタイルが180°変えらた、偉大な神の証人(牧師)となったのです。

このように聖書は、Jesus信仰を信じられた人は皆、使徒パウロのように、あらかじめ神様から選ばれていた神の子たちであり、周囲の人々を救う伝道者でもあると、教え説きます。あなたは、Jesus信仰を信じて天国への招待を受けた選民で、周囲の人々に証し伝道する為に特別に選ばれた神の子だと、教え説くのです。あなたのアイデンティティをしっかり胸に書き記して下さい。

また使徒パウロは、主イエスのみことばに触れて、自らの誤った信仰生活と人生での罪悪や無知さを悔い改め、過去の自分自身を偽善者で、罪人のかしらであったと証ししたのです。

・ヨハネの黙示録3:19~23

主なる神様は言われた。「わたしは、愛する者をしかったり、懲らしめたりする。だから、熱心になって、みことばで悔い改めなさい。見よ。わたしは、戸の外に立ってたたく。だれでも、わたしのみことばを聞いて心を開くなら、わたしは、彼のところに入って、彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をするほどになる。そして、わたしは人生で勝利を得る者を、わたしの座に着かせよう。それは、わたしが勝利を得て、わたしの父なる神とともに父の御座に着いたのと同じである。だから、耳のある者は御霊が諸教会に言われることを聞きなさい。」

あなたもパウロのように、聖書のみことばを聞いて素直に悔い改めて、周囲の人々に証し伝道する神の使命を果たし、永遠に報われる勝利的人生を築ける「天国人」だと信じます。あなたの内なる聖霊は、そのための救い主だからです。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、パウロのようにみことばを聞いて、素直に悔い改め、周囲の人々に証し伝道できる生活習慣にパラダイムシフトさせて下さい。

そうすれば皆、何をしても神の祝福と幸運を受けられてうまくいき、永遠なる勝利的な人生と天国行きの確定も手に入れられるからです!主イエスのお名前で感謝して祈ります。

Amen!!!

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り