• sgbc-devotion

テトスの手紙3:1~3

Jesus said,

『あなたの罪は赦された』

『あなたの信じた通りになるように』

2017年8月25日(金)

ディボーション聖句

テトスの手紙3:1~3

1 あなたは神を知らない人々に注意を与えて、支配者たちと権威者たちに服従し、従順で、すべての良いわざを進んでする者とならせなさい。

2 また、だれをもそしらず、争わず、柔和で、すべての人に優しい態度を示す者とならせなさい。

3 私たちも以前は、神を知らない愚かな者であり、不従順で、迷った者であり、いろいろな欲情と快楽の奴隷になり、悪意とねたみの中に生活し、憎まれ者であり、互いに憎み合う者でした。」

[聖句メッセージ]

本日からテトスの手紙は3章に入ります。

主なる神様のアドバイスに心を傾けてみましょう。あなたの霊の目は開かれていき、更なる神の奇跡と後ろ盾を手に入れます。

1節 (1 あなたは神を知らない人々に注意を与えて、支配者たちと権威者たちに服従し、従順で、すべての良いわざを進んでする者とならせなさい。)

このように聖書は、神様のゆるしと救いを受け取れたクリスチャン労働者たちは、日々、経済的な数字や欲望に捕らわれ過ぎて、見えない敵(サタン)に振り回され人生と死の真理を知らずに、死後の滅びに向かっている同僚たちに、しっかりとした福音宣教や真理(聖書)教育をすることで注意してあげるようにと命じています。そして聖書は、神と和解できたクリスチャンは、同僚たちや雇用主たちに反抗せず、かえってしもべのように仕事に従事した方が、神の祝福や成功を勝ち取れることを生き様を持って教え諭すように命じているのです。聖書は、これらが職を持ったクリスチャン(神の子)の第一の義務、使命だと教え説くのです。

あなたは、同僚たちに福音宣教や聖書(真理)教育をする、神からの義務と使命をしっかり果たしながら仕事をしていますか?

それとも、神からの義務と使命を中途半端にして、仕事や同僚と向き合っていませんか?

・マタイの福音書6:33~34

主イエスは言われた。「だから、神の国と神の義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、あなたのすべての必要は与えられます。そうすれば、あすの心配は無用です。」

なぜならBible&Jesusは、職場で福音宣教や聖書(真理)教育もしっかりする人は、神からの義務と使命を第一に生活することになるので、すべての必要が満たされ、未来は心配要らないと約束するからです。しかし聖書は、神からの義務と使命を中途半端にしては、中途半端な必要しか満たされないと忠告するのです。肝に命じましょう。

2節 (2 また、だれをもそしらず、争わず、柔和で、すべての人に優しい態度を示す者とならせなさい。)

そして聖書は、人は皆、関わる全ての組織の権力や権威に対して不平や悪口を言うことを避け、柔和な心を大切にして、できる限り優しい態度で仕事や奉仕に従事した方が、神の祝福と幸福を勝ち取れると約束します。これが聖書の教えるあるゆる組織や共同体内で、神の祝福と恩恵を刈り取れる黄金律なのです。胸に書き記して下さい。

・マタイの福音書20:28

「人の子(主イエス)が来たのは、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、また、多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるためであるのと同じです。」

そして聖書は、あなたの救い主Jesusも天地万物の創造主で、絶対主権者の父なる神様の後継ぎの実子であったのに、世界人類の罪悪を贖罪して、人生の模範を示す為に、自らのプライドをかなぐり捨て、毎日見返りを要求せずに、奴隷のように他人に仕える愛の奉仕をし続けたのでした。

3節 (3 私たちも以前は、神を知らない愚かな者であり、不従順で、迷った者であり、いろいろな欲情と快楽の奴隷になり、悪意とねたみの中に生活し、憎まれ者であり、互いに憎み合う者でした。」)

この時、使徒パウロは自身と宣教チームの過去の罪悪と過ちを以下のように告白しました。「私たちは、現在は聖霊力と説得力に満ちている為に神の御業を数多く引き出せるクリスチャン宣教チームですが、主イエスの福音と聖霊を深く知る以前は、それぞれ、神のみことばを中途半端に信じて自分勝手な人生を歩んでいた為に、大した奇跡も起きない、迷い多きご利益宗教者たちでした。また以前は生活面でも性と酒などの快楽の奴隷的な生活をしており、いつも他人の悪口を言ったり、他人を嫉妬する性質があり、人を憎しみ、憎まれるような生活をして生きていたのです。」

・ヨハネの福音書12:24

主イエスは言われた。「まことに、まことに、あなたがたに告げます。一粒の麦がもし地に落ちて死ななければ、それは一つのままです。しかし、もし死ねば、豊かな実を結べます。」

このように聖書は、今までのあなたの信仰がどうであれ、今日、自己満足で身勝手な信仰生活を主イエスの十字架にすがって悔い改め、福音宣教と真理(聖書)教育の義務と使命を第一にする生活習慣と人間関係にパラダイムシフトするのならば、何をしても、何を考えても、あなたの内なる聖霊が豊かな良い実(奇跡)を結べる成功的人生に助け導いて下さると、約束してくれます。あなたの信仰による深い悔い改めと、それに伴って与えられる内なる聖霊の爆発的な奇跡に期待します。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、全ての人間関係でしっかり福音宣教や真理(聖書)教育ができるように、そして属する組織や共同体で、喜んでしもべのように仕事や奉仕ができるように、悔い改めさせて下さい。

そうすれば皆、内なる聖霊からの爆発的な奇跡、豊かな実を刈り取れるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り