• sgbc-devotion

テトスの手紙1:10~14

Jesus said,

『あなたの罪は赦された』

『あなたの信じた通りになるように』

2017年8月19日(土)

ディボーション聖句

テトスの手紙1:10~14 10 実は、教会にも反抗的な者、空論に走る者、人を惑わす者が多くいます。特に、割礼を受けた人々がそうです。 11 彼らの口を封じなければいけません。彼らは、不正な利を得るために、教えてはいけないことを教え、家々を破壊しています。 12 彼らと同国人であるひとりの預言者がこう言いました。「クレテ人は昔からのうそつき、悪いけだもの、なまけ者の食いしんぼう。」 13 この証言はほんとうなのです。ですからきびしく戒めて、人々の信仰を健全にし、 14 ユダヤ人の空想話や、真理から離れた人々の戒めには心を寄せないようにさせなさい。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

では聖書から、人間がどういう思考や価値観を持てば、更に神の御力を引き出して報われるのか。またこの困難な時代の中で、あなたの周囲の人々がどうすれば主イエスを信じて救われるのか、主のみことばに心を傾けてみましょう。あなたは、更に超常識的な神の御力を引き出せます。

10節 (10 実は、教会にも反抗的な者、空論に走る者、人を惑わす者が多くいます。特に、割礼を受けた人々がそうです。)

使徒パウロから牧会を任されていたテトスのクレテ島の教会は、聖書教育(人生と死の真理教育)や宣教活動するには困難なところでした。

尚、民俗学において島国という四方が海に囲まれている地形に住む島民や国民は、歴史的に見ても、大陸の強国の文化に多く影響はされるのですが、外交的な交流をするのに困難なため、島国育ちの人は閉鎖的だと言われています。いわゆる「島国根性」と閉鎖的に言われるのは、この類なのです。

このクレテ島の教会の信徒や島民たちも、Bible&Jesusのみことば力に驚いて信じることはできても、島独自の閉鎖的な思考や価値観が邪魔したので、神の聖霊力にみなぎるクリスチャンが生まれにくかったのでした。

あなたにはクレテ島の島民たちのように、神信仰において閉鎖的なところはありませんか?

なぜなら聖書は、神のみことばを聞いても閉鎖的な心霊のままでは、神の奥義や聖霊力を手放すので自滅すると、忠告するからです。小さな世界に閉じこもる閉鎖的な人には、神様のスケールは伝わりにくいのです。神の救い主Jesusは、あなたの期待を裏切りません。Bible&メッセージを読み聞きするときは開放的になることも重要なのです。

しかし、使徒パウロとテトスは、決してあきらめませんでした。そして、この二人のブレない信仰と使命感に神様が動かれて、この困難なクレテ島の島民たちの閉鎖的価値観は主のみことばと祈りで徐々に変えられていったのです。

あなたは教会の仲間たちの霊の目が眠っているからと嘆いたり、この国の現状が神の救いに程遠いからと伝道をあきらめて、手を抜いていませんか?

なぜなら聖書は、様々な困難な時代に直面すればする程、目に見えなくとも、主なる神様の多大なる慈愛と哀れみが注がれるので、神の感動的な御業やリバイバルも起こり得ると、預言するからです。教会の仲間たちの悪い現状を見て嘆く人、この国の周囲の現状を見て伝道をあきらめる人は、神の不可能を可能にできる信仰力と聖霊力を殺すことになるので、それらのマイナス思考は一切捨て去り、あなたの教会とこの国に、そしてあなたの周囲に起こる神の御業に期待するクリスチャンLIFEを歩み続けることが重要なのです。聖書のみことばを堅く信じ期待し続ける人は皆、絶対に報われるからです。肝に命じていきましょう。

11~14節 (11 彼らの口を封じなければいけません。彼らは、不正な利を得るために、教えてはいけないことを教え、家々を破壊しています。12 彼らと同国人であるひとりの預言者がこう言いました。「クレテ人は昔からのうそつき、悪いけだもの、なまけ者の食いしんぼう。」13 この証言はほんとうなのです。ですからきびしく戒めて、人々の信仰を健全にし、14 ユダヤ人の空想話や、真理から離れた人々の戒めには心を寄せないようにさせなさい。)

閉鎖的なクレテ島のクリスチャンの多くは、島外のよそ者である牧師とクリスチャンたちが語るBible&メッセージに反抗して従わずに、聖書を都合良く曲げたりして、自分勝手なご利益宗教や空想論を周囲に教えたりして、教会に悪影響を与えていました。

あなたは神の教会に反抗したり、聖書のみことばを都合良く曲げたりなどして、周囲の人々や教会に悪影響を与えていませんか?

なぜなら聖書は、神の教会に反抗したり、聖書のみことばを曲げて周囲の人々に悪影響を与える人は皆、神様を敵に回して、いつか必ず大崩れすると忠告するからです。肝に命じましょう。

・第二テモテの手紙3:16

「聖書は全てが神の霊感によって書かれている。」

・ヨハネの黙示録22:18~19

「私は、この聖書の預言のみことばを聞くすべての者にあかしする。もし、これにつけ加える者があれば、神はこの聖書に書いてある災害をその人に加えられる。また、この預言の聖書のみことばを少しでも取り除く者があれば、神は、この聖書に書いてあるいのちの木と聖なる都から、その人の受ける分を取り除かれる。」

13~14節 (13 この証言はほんとうなのです。ですからきびしく戒めて、人々の信仰を健全にし、14 ユダヤ人の空想話や、真理から離れた人々の戒めには心を寄せないようにさせなさい。)

また聖書は、神の永遠の赦しを受けられた人は皆、神の教会から語られる聖書のみことば(真理)に反抗する人たちや、自分の都合で聖書の教えを曲げている人々を見つけたら、厳しく戒めるように命じています。なぜなら聖書は、聖書のみことばに反抗する人や解釈を都合良く曲げる人々は、神の敵対者であり、周囲に悪影響しか与えない悪人、嘘つき、怠け者たちにカウントされて大崩れするので、目をさましてあげるようにと、忠告するからです。

しかし、あなたは神の教会と聖書のみことばに反抗して自滅していく人たちをしっかり戒めて助け導ける神の使命を行なって、神の偉大なる恩恵とリバイバルを任される幸運な人生を築けると信じます。あなたの内なる聖霊は、その使命の助け主だからです。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、神の教会と聖書のみことばの反抗者たちを混じり気のない主のみことば力でしっかり戒めて助け導けるようにして下さい。

そうすれば皆に、神の偉大なる恩恵とリバイバルが任されるからです。主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り