• sgbc-devotion

ヤコブの手紙5:5~8

Bible said,

『目を覚まして祈っていなさい』

『あなたが主を呼ばわれると「わたしはここにいる」と主は仰せられる。』

2017年8月3日(水)

ディボーション聖句

ヤコブの手紙5:5~8

5 あなたがたは、地上でぜいたくに暮らし、快楽にふけり、殺される日にあたって自分の心を太らせました。

6 あなたがたは、正しい人を罪に定めて、殺しました。彼はあなたがたに抵抗しません。

7 こういうわけですから、兄弟姉妹たち。主が来られる時まで耐え忍びなさい。見なさい。農夫は、大地の貴重な実りを、秋の雨や春の雨が降るまで、耐え忍んで待っています。

8 あなたがたも耐え忍びなさい。心を強くしなさい。主の来られるのが近いからです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

では聖書から、様々な問題や不条理を抱えているこの格差世界で、どのような心構えを持って生き抜けば、神様の祝福を頂けるのか探っていきましょう。あなたはこの世界で、創造主なる神様から正しい義人として数えられます。

5節 (5 あなたがたは、地上でぜいたくに暮らし、快楽にふけり、殺される日にあたって自分の心を太らせました。)

このように聖書は、人心、人命を大切にする隣人愛や、神信仰(父なる神様への神愛と感謝)を軽んじて、社会的弱者たちを無視してまで好き放題に贅沢に生きようとする人々は、心が無駄に太って、人生や死後の破滅に向かってしまうと忠告します。

あなたは、周囲の人々の苦しみや死後の滅びを目の当たりにしているのに、日々の忙しい経済活動、自欲や快楽ごとに没頭し過ぎていませんか?

なぜなら聖書は、人は皆、経済活動と自欲や快楽ごとに没頭して生き続けると、他者の痛み、苦しみや死でさえも軽んじてしまって、その良心は殺されたかのようになり、神の裁きや永遠の滅びを刈り取ると忠告するからです。目を醒まして生きましょう。

6節 (6 あなたがたは、正しい人を罪に定めて、殺しました。彼はあなたがたに抵抗しません。)

世界人類の救い主Jesusは、何よりも大切な人心と人命(隣人愛)や神信仰よりも、経済活動と自らの欲望と快楽ごとに目が眩んだ人々の目をさまして救い出すために、ご自身は、完全な隣人愛と神愛だけの為に生きて、十字架上で身代わりの贖罪の死を成し遂げられました。ですから聖書は、神の御子Jesusを信じて、祈り悔い改めるのならば、人は皆、永遠の人生(神のゆるしと救い)を手に入れられると約束するのです。

7~8節 (7 こういうわけですから、兄弟姉妹たち。主が来られる時まで耐え忍びなさい。見なさい。農夫は、大地の貴重な実りを、秋の雨や春の雨が降るまで、耐え忍んで待っています。8 あなたがたも耐え忍びなさい。心を強くしなさい。主の来られるのが近いからです。)

また聖書は、世界人類が経済重視の社会形成や、個々の欲望、快楽ごと、贅沢、便利さよりも、人命、人心を重視する隣人愛と純粋な神信仰さえ追求できれば、世界中の餓死者や死後の滅び(神の裁き)を受ける人もいなくなると、教え説きます。しかし聖書は、経済的に恵まれた国の人々は自己中心的な罪深さと冷酷さが成長していくので、生活苦で抵抗せずに死んでいく人々や死後の滅びに向かう人々を平気で見殺しにしていると、忠告するのです。

あなたは世界中の多くの子ども(餓死者)たちが、この世界の不条理と不公平に全く抵抗できず、あきらめるように、寂しく、その尊い命の日を終わらせているのをご存知ですか?

また聖書は、現代の経済至上主義社会は、純粋な神信仰(良心)や、人心と人命の大切さ(隣人愛)を軽んじさせる原因となっており、そういう社会で影響されて生きている人々の多くが肉体の死後、神の裁きを受ける羽目になることをご存知でしたか?

なぜなら聖書は、神の裁きと見えない敵(サタン、悪霊、悪魔)の攻撃を免れるには、この経済至上主義の社会に影響され過ぎないように、Bible&Jesusのみことばで目をさまして悔い改め続けるしかないと、忠告するからです。

・第1テモテの手紙6:10

『金銭を愛することが、あらゆる悪の根だからです。ある人たちは、金を追い求めたために、信仰から迷い出て、非常な苦痛をもって自分の人生を刺し通してしまいました。』

・第1ヨハネの手紙5:16

『キリストを信じた私たちは神からの者であり、世界全体は悪い霊の支配下にあることを知っています。』

・第一コリントの手紙10:13

「あなたがたの会った試練はみな人の知らないものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを、耐えられないほどの試練に会わせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます。」

しかし聖書は、見えない敵の支配下にある経済重視の現実に押し潰されないように、日々忍耐してみことばを吸収して心を守り続ける人は皆、永遠にいく倍も報われると約束するのです。

AMEN

(祈り)

主なる神様、メールを送る一人一人を日々のみことばで目を開かせ、見えない敵が支配している経済至上主義と、自己中心的な快楽重視の生活志向から、人生と死の真理や隣人愛を大切に生きられるように悔い改めさせて下さい。

そうすれば皆、永遠に、絶対に報われる成功的人生を築けるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

Amen!!!

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.