• sgbc-devotion

ヤコブの手紙3:1~4

Bible said,

『神は愛です』

『力を落としてはなりません。あなたがたの働きには報いが伴っているからです。』

『あなたの罪は赦された』

『主は絶えず、あなたを導く』

2017年7月23日(日)

ディボーション聖句

ヤコブの手紙3:1~4

1 私の兄弟姉妹たち。多くの者が教師になってはいけません。ご承知のように、私たち教師は、格別きびしいさばきを受けるのです。 2 私たちはみな、多くの点で失敗をするものです。もし、ことばで失敗をしない人がいたら、その人は、からだ全体もりっぱに制御できる完全な人です。 3 馬を御するために、くつわをその口にかけると、馬のからだ全体を引き回すことができます。 4 また、船を見なさい。あのように大きな物が、強い風に押されているときでも、ごく小さなかじによって、かじを取る人の思いどおりの所へ持って行かれるのです。

[聖句メッセージ]

本日から、ヤコブの手紙は3章に入ります。

それでは聖書から、あなたの創造主なる神様からのアドバイスに真心を傾けてみましょう。あなたは、更に聖書の約束と預言を手に入れられます。

・ルカの福音書6:39

主イエスは言われた。『イエスはまた一つのたとえを話された。「いったい、盲人に盲人の手引きができるでしょうか。ふたりとも穴に落ち込まないでしょうか。弟子は師以上には出られません。しかし十分訓練を受けた者はみな、自分の師ぐらいにはなるのです。』

1節 (1 私の兄弟姉妹たち。多くの者が教師になってはいけません。ご承知のように、私たち教師は、格別きびしいさばきを受けるのです。)

「多くの者が人生の教師になってはいけません」とは、聖書は、神様から牧師の召命を受けていない人や聖書のみことばを聞いてもあまり響かず、真理を行動に起こせない人々は、人生を教え導く教師や助言者にはならない方がいいと、忠告します。なぜなら聖書は、神の特別な召命を受けていない人が、人生を教え説けば共倒れしかねないと、忠告するからです。

あなたは神の召命や真理をよく知らないままで、他人の人生に口を出し過ぎることはありませんか?

なぜなら聖書は、神の召命を受けていない人や真理をよく知らない人たちが他人の人生に口を出し過ぎると神の裁きを受けると、忠告するからです。肝に命じましょう。

2節 (2 私たちはみな、多くの点で失敗をするものです。もし、ことばで失敗をしない人がいたら、その人は、からだ全体もりっぱに制御できる完全な人です。)

また聖書は、よく知らない他人の人生を、聖書のみことば(真理)以外の根拠のない無責任な言葉で教え諭せば、神の厳しい裁きも有り得ると忠告しています。安易に、他人の大切な人生の選択肢に口を出したり、無責任な意見を強要して押し付ける事のないように気をつけることも重要なのです。神の聖職者の召命や真理をよく知らないのなら、ただ祈りつつ慰めてあげて下さい。これが神のアドバイスだからです。

またJesusは、父なる神様が人生の教師としての賜物を与えた聖職者たちを選び出し、約3年間、彼らをしっかり聖書教育されてから、神の国に帰られました。人生と死の真理を教える教師、助言者になるには、ある程度の訓練と時間が必要なのです。

しかし聖書は、毎週聖日礼拝を守っている神の子たちや日々のBible&メッセージに真心を傾けられる人は皆、他人の人生を祈り教え導けるレベルに達すると、約束します。Jesusは、毎週の聖日礼拝、日々のBible&メッセージ(ディボーションLIFE)を大切に生きる人は皆、神の認める人生の助言者に成長できると、約束したのです。胸に書き記して下さい。

3~4節 (3 馬を御するために、くつわをその口にかけると、馬のからだ全体を引き回すことができます。4 また、船を見なさい。あのように大きな物が、強い風に押されているときでも、ごく小さなかじによって、かじを取る人の思いどおりの所へ持って行かれるのです。)

「馬は、口にくつわをつけられて、引っ張られます。」また「人生の舵取りは、人の語る言葉にかかっている」と、聖書は、人は皆、語る言葉で人生で成功したり、失敗したり。また、神を敵に回したり、神の祝福や奇跡を刈り取れたり。そして、語る言葉で天国に行けたり、地獄に行く羽目になると、忠告します。あなたの語る言葉で、人生の幸、不幸が決まると、はっきり忠告するのです。言葉は何よりも大切なのです。

以下は、ダビデ王と神様との会話である、詩編のみことばです。

・詩篇120:1~4

「苦しみのうちに、私が主に呼ばわると、主は私に答えられた。主よ。私を偽りのくちびる、欺きの舌から、救い出してください。欺きの舌よ。おまえに何が与えられ、おまえに何が加えられるのか。勇士の鋭い矢、それに、えにしだの熱い炭火だ。」

ダビデ王は敬虔な信仰者であった為、過去は貧しい羊飼いであったのに、一国の王様にまで上り詰めた模範的な信仰を持った王様でした。

またダビデ王は、誰よりも神への賛美歌(聖なる言霊)を大切に愛した神の子だったのです。

そしてダビデ王は、ある時、自らの言葉使いの罪悪と過ちが、自らの人生に試練と苦難を招いている事に気付いたのでした。

聖書は、人生の徳を高められる言葉遣いと、あなたの人生に必要以上の試練と災いを招く言葉遣いを見極められる、神の言霊の書。聖書は、日々のBible&メッセージを吸収する人たちの言霊は、神の祝福を刈り取れるまでに成長出来ると約束したのです。

あなたの言霊力が、日々のBible&メッセージで、あなたと周囲の人生の徳を高められる程に成長できると、期待します。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たして、聖書のみことばをしっかり吸収させ、発する言葉を祝福して下さい。 そうすれば、皆の発する言霊で、神の祝福を呼び込めるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り