• sgbc-devotion

第二ペテロの手紙3:7~9

GOD said,

『あなたの罪は赦された』

『わたしのしもべは栄える』

『いつも、喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事に感謝しなさい』

2017年6月30日(金)

ディボーション聖句

第二ペテロの手紙3:7~9 7 しかし、今の天と地は、同じみことばによって、火に焼かれるためにとっておかれ、不敬虔な者どものさばきと滅びとの日まで、保たれているのです。 8 しかし、愛する人たち。あなたがたは、この一事を見落としてはいけません。すなわち、主の御前では、一日は千年のようであり、千年は一日のようです。

9 主は、ある人たちがおそいと思っているように、その約束のことを遅らせておられるのではありません。かえって、あなたがたに対して忍耐深くあられるのであって、ひとりでも滅びることを望まず、すべての人が悔い改めに進むことを望んでおられるのです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

それでは聖書から、創造主なる神様から「神の子」たちへの深い預言について探っていきましょう。あなたは、聖書の教える死後の世界や終末論という理解しにくい事も、聖霊のインスピレーションを受けて悟り考えられるようになり、神の聖霊力奇跡力を増し加えられます。聖書は、あなたの人生は肉体の死後が本番であり、肉体の死後、永遠なる人生が始まると教え説くのです。

7節 (7 しかし、今の天と地は、同じみことばによって、火に焼かれるためにとっておかれ、不敬虔な者どものさばきと滅びとの日まで、保たれているのです。)

聖書は、目に見えるもの全てに終末があると、教え説きます。聖書は目に見える万物には死や最後の審判の日がやって来ると教え説くのです。

あなたは目に見える物事に終末があることや、近い将来、誰にでも死の時がやって来ることを念頭に入れながら、悔いなき人生、死の備えある賢い人生を築いていますか?

聖書は、死後の世界や死の備えについて書かれた、人生と死の真理の書物。死の備えができる人は皆、人生と死後にいく倍も報われるのです。

聖書は、世界人類は何よりも大切な神愛と隣人愛、人心と人命や正義と真理よりも、自分勝手な人生、争いごと、ごまかしによる偽善、罪悪を大切にしており、いつも私利私欲に満ちた経済至上主義の悪い社会を形成しているので、創造主なる神様は黙って見ておれず、創造主の責任を果たす為に、いつの日か世界人類を終末させると預言するのです。世界人類の一人一人は、いつの日か必ず創造主なる神様のジャッジを受けると、教え説くのです。肝に命じていきましょう。

8節 (8 しかし、愛する人たち。あなたがたは、この一事を見落としてはいけません。すなわち、主の御前では、一日は千年のようであり、千年は一日のようです。)

そして聖書で創造主なる神様は、一人でも多くの人々が神の子たちを通して語られる福音宣教のことばを通して悔い改めて救われるのを願っており、この世界人類を哀れみ、終末を遅らせて下さっていると教え説くのです。ですから聖書は、神の永遠なるゆるしを受け取れたあなたには、神の御子Jesusの十字架信仰による福音を宣教する使命があると、教え説くのです。そして聖書は、神の子であるあなたが福音宣教することを人生の第一の目的として掲げるならば、何をしても、永遠に神のみことば通りに報われると約束しているのです。

聖書の終末論だけに限らず、今や学問の世界でも、自然科学現象、病原菌ウィルス、強力兵器による戦争や環境破壊などが原因で、世界人類の終末論は社会常識としても現実味がある事実なのです。日々のBible&メッセージを通して、死と終末の準備ができるように祈り備えましょう。あなたは、死と終末に対して、最善の心構えと準備ができる者に変えられるからです。

9節 (9 主は、ある人たちがおそいと思っているように、その約束のことを遅らせておられるのではありません。かえって、あなたがたに対して忍耐深くあられるのであって、ひとりでも滅びることを望まず、すべての人が悔い改めに進むことを望んでおられるのです。)

また聖書は、創造主なる神様にとっては、この世界の千年の時間はまるで一日のようでもあり、もうすでに、いつ終末の事件が起きてもおかしくないと、忠告しています。昨今の天変地異や世界情勢など、何が起きるかは神のみぞ知ると教え説くのです。

また聖書は、この世界の終末の時は、まず世界を騒がす何らかの大患難(大事件)が起き、そしてハルマゲドン(最後の審判の日)がやって来ると預言しています。このハルマゲドン(聖なる戦い、最後の審判の日)とは、神の聖霊力を行使するクリスチャン(神の子い)たちと、悪霊に支配されている二心のご利益宗教者や邪悪な政治体制が、何らかの形で戦う意味があり、神のみことばに反して悪魔サタンに支配されている邪悪な人々と権力は、必ず滅ぼされ、最後に世界人類の終末を迎えるという、難解な預言になります。

しかしJesusは、以下のようにはっきり言われました。「聖書のみことば、すべて成就します。」全人生に死はつきものであり、この世界にも終末はやってくるのです。

・ヨハネ黙示録14:6

「最期の時、わたしは天のみ使いが中天を飛んでいるのを見た。彼は、地に住む者たちに、喜ばしいおとずれとして宣明する永遠の良いたよりを携えていた。」

一般的には、死や終末論を思うと悲観的になりがちです。しかし聖書は、神の御子Jesusの十字架信仰による贖罪(父なる神様との和解成立)を受け取れたあなたにとっての死と終末は、人生での苦しみ、病、痛み、裏切り、貧困、罪悪、永遠なる死との決別の時でもあり、極上の快楽と賛美の喜びに満ちた天の楽園人生、永遠の命の始まりだと約束するのです。

あなたは、一人でも多くの人々を死後と終末後の永遠の楽園人生に救い導く為に召されたのです。あなたを通して、救霊者、洗礼者が起こされることを期待します。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たして、日々のBible&メッセージから死後の世界観と終末論を悟らせ、天国を待ち望める信仰を増し加えてください。

そうすれば皆、まことのアイデンティティと、何をも恐れない勇気や不可能を可能にできる本物の神の子(天国民)としての権威を勝ち取れるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.