• sgbc-devotion

第二ペテロの手紙2:20~22

Jesus said,

『求めなさい。そうすれば与えられます』

『あなたの信じた通りになるように』『平和をつくる者は幸いです。その人たちは神の子どもと呼ばれるから』

2017年6月27日(火)

ディボーション聖句

第二ペテロの手紙2:20~22 20 主であり救い主であるイエス・キリストを知ることによって世の汚れからのがれ、その後再びそれに巻き込まれて征服されるなら、そのような人たちの終わりの状態は、初めの状態よりももっと悪いものとなります。 21 神の義の道を知っていながら、自分に伝えられたその聖なるみことばの命令にそむくよりは、それを知らなかったほうが、彼らにとってよかったのです。 22 彼らに起こったことは、「犬は自分の吐いた物に戻る」とか、「豚は身を洗って、またどろの中にころがる」とかいう、ことわざどおりです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

それでは聖書から、創造主なる神様にゆるされた「神の子」たちに与えられたメッセージと忠告に真心を傾けてみましょう。あなたは、自分自身がこの国で、どれほど特別な神の使命を受けた存在なのか。また父なる神様からの熱い視線が注がれているのか悟るようになり、何をしても永遠に報われる人生を築けるようになれることを期待します。聖書は、神のみことばの命令を素直に受け入れた「神の子」たちだけが、永遠にいく倍も報われると預言するからです。

20節 (20 主であり救い主であるイエス・キリストを知ることによって世の汚れからのがれ、その後再びそれに巻き込まれて征服されるなら、そのような人たちの終わりの状態は、初めの状態よりももっと悪いものとなります。)

聖書は、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護を受け入れたあなたは、聖書の約束通り、人生での全ての罪悪と過ちからゆるされた「神の子」として認められており、たとえ死んでも、永遠のチャンス(人生)を手に入れられると約束します(天国行きの内定)。聖書は、人は皆、自身の足りなさ(罪悪)や、この世界の不完全さ、不条理や過ちに気づいて、神の御子Jesusの十字架上の血潮にすがれば、創造主なる神様との清いパイプ、神の国のコネクションが生じて、永遠の死と死後の苦しみから救われると教え説くのです。この特別な神の福音をしっかり胸に書き記して下さい。あなたは、たとえ何が起きたとしても、主イエスの十字架を胸の中心に置きながら、日々のBibleメッセージに耳を傾けて祈りつつ、アクションしようとし続ければ、永遠に報われるからです。なぜなら、それこそが聖書の教える永遠に報われる黄金律だからです。

・詩篇1:1~3

「幸いなことよ。悪者のはかりごとに歩まず、罪人の道に立たず、あざける者の座に着かなかった、その人。まことに、その人は主のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ。その人は、水路のそばに植わった木のようだ。時が来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える」

21節 (21 神の義の道を知っていながら、自分に伝えられたその聖なるみことばの命令にそむくよりは、それを知らなかったほうが、彼らにとってよかったのです。)

しかし聖書は、確固たる聖書の黄金律と神の命令を知りながらも、真理の道から外れたり、神のカラダなる教会の群れから離れ続ければ、何をしても報われる人生や祈り以上の応答を手放すことになると、忠告します。神様は、神の子たちの日々の心のあり方、方向性や生活習慣を見極めて、神の祝福と祈りの応答を振り分けられるお方だと、教え説くのです。

あなたは聖書の教える黄金律のみことばと真理や、神のカラダとなる教会から外れてしまって、神様が約束した、何をしても報われる人生や祈り以上の応答のチャンスを手放していませんか?

なぜなら聖書は、父なる神様からの聖書の黄金律や神のみことばの命令を知った上で、聖書のみことばや神の教会から離れてしまうと、祈り以上の神の奇跡や何をしても報われる人生はなし得ず、神に裁かれて滅び行く人々の人生と大差がない人生で終わってしまうと、忠告するからです。聖書は神のみことば(真理)に伴う言動と行動がなければ、神の聖霊力と信仰力は死んだも同然であり、全く役に立たなくなる可能性もあると忠告するのです。肝に命じて下さい。

・マタイの福音書7:19

主イエスは言われた。「わたしに向かって、『主よ、主よ』と言う者がみな天の御国に入るのではなく、天におられるわたしの父のみこころを行う者が入るのです。」

22節 (22 彼らに起こったことは、「犬は自分の吐いた物に戻る」とか、「豚は身を洗って、またどろの中にころがる」とかいう、ことわざどおりです。)

このように聖書は、はっきりと、ただ神様に祈りすがるだけでは、神の絶対的な祝福や恩恵は受け取れないと、忠告するのです。

あなたの日々の思考と生活習慣や人間関係のあり方は、祈り以上の応答や神の祝福を受け取れる状態ですか?

聖書は、近い将来、あなたが神の祝福と幸運や祈りの応答を受け取れる状態なのか、それとも、神の奇跡や祈りの応答が手に入れられない状態なのか。はっきりと見極められる神の摂理の書。日々のBible&メッセージから悔い改めようとベストを尽くす人たちだけが、神の特別な奇跡や祈り以上の応答を手にするのです。肝に命じて生きましょう。人生は長いようで長くはなく、また、この世界での人生はただ一度きり。聖書は本当になりたい自分、まことのあなたらしい人生を築くには、永遠なる真理である聖書のみことばと神の聖霊の手助けが必要不可欠だと、忠告するのです。

しかしあなたの内なる聖霊は、あなたの思考と信仰のあり方、生活習慣や人間関係のあり方を調整して、悔い改めさせる為の救い主。決してあきらめず、小さなことから忠実に悔い改めようと尽力する人たちは、必ず何をしても報われる人生を築けるのです。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、日々のBible&メッセージから、何を考え直して、悔い改めるべきか教え諭して、助け導いて下さい。 そうすれば皆、神の御心を行えるようになって、何をしても自分らしく、絶対に報われる人生を築くチャンスに恵まれるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。 AMEN!!!

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り