• sgbc-devotion

第二ペテロの手紙1:14~15

Bible said,

『神は愛です』

『力を落としてはなりません。あなたがたの働きには報いが伴っているからです。』

『あなたの罪は赦された』

『主は絶えず、あなたを導く』

2017年6月19日(月)

ディボーション聖句

第二ペテロの手紙1:14~15 14 それは、私たちの主イエス・キリストも、私にはっきりお示しになったとおり、私がこの幕屋を脱ぎ捨てるのが間近に迫っているのを知っているからです。 15 また、私の去った後に、あなたがたがいつでもこれらのことを思い起こせるよう、私は努めたいのです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

それでは聖書から、神の言霊に満ちたBible&メッセージに心の耳を傾けてみましょう。あなたが心を一新にするのなら、必ず神の御声と奇跡は届けられます。なぜなら、それが聖書の約束だからです。

14節 (14 それは、私たちの主イエス・キリストも、私にはっきりお示しになったとおり、私がこの幕屋を脱ぎ捨てるのが間近に迫っているのを知っているからです。)

この手紙を書いた使徒ペテロは、イエスキリストを信じた直後から、自身の思考や社会常識よりも、神の言霊に満ちたBible&Jesusのみことばを選択して、従い続けました。その結果、ペテロの人生は、聖書の預言通りに多くの人々の魂を救ったり、沢山の人々の心体の病を癒し、この世の名声と神様からの栄誉をも受け取れたと、教え説くのです。

あなたは信仰があると言いながら、神のみことばとJesusの教会礼拝よりも自分の思考や経済活動を人生の主としてしまい、全く説得力のない自己満足なクリスチャンLIFEを築いていませんか?

聖書は、Bible&Jesusよりも自分の都合や価値観を主眼にする人に、神の奇跡や救霊の実は起こり得ないと忠告するからです。あなたの主である神様は、最近のあなたの何が主である生活習慣を築いているかを見分けて、神の祝福と恩恵を振り分けるのです。

まことの幸福と自由を感じ取れない生活、喜びのないクリスチチャンLIFEを強いられているのなら、使徒ペテロのように目をさますしかないのです。

また聖書は、すべてはあなたの生き様、信仰次第だと教え説くのです。肝に命じて下さい。

・イザヤ書40:30~31

「若者も疲れ、たゆみ、若い男もつまずき倒れる。しかし、主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない」

15節 (15 また、私の去った後に、あなたがたがいつでもこれらのことを思い起こせるよう、私は努めたいのです。)

使徒ペテロはこの手紙を書いた老年期も、決して衰えず第一線で活躍しており、次世代に神の福音と愛の尊さを教え伝える使命を全うして生きていました。聖書は、神のみことばとJesusの福音宣教に生きようとする人は皆、いくつになっても、パワフルな神の奇跡を表せると、約束するのです。

・イザヤ書40:30~31

「若者も疲れ、たゆみ、若い男もつまずき倒れる。しかし、主を待ち望む者は、いつも新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。そういう人は走ってもたゆまず、歩いても疲れない。」

このように聖書はこの世界での生活や経済活動にばかり捕らわれて生きる人は皆、たとえ、元気な若者であったとしても、多忙な仕事、不信仰や挫折感に苦しみもがき、神の使命やまことの夢と幸福を表せる余裕やチャンスを失うと、はっきり忠告します。

しかし聖書は、使徒ペテロのように、いくつになろうが、永遠にブレない真理と神の使命やまことの夢に生き続けられれば、いつも神の聖霊に支えられるので、一生涯、仕事、人間関係、神の使命(救霊、教会奉仕活動)などのバランスがよく、力強い歩みが続けられると預言したのです。

あなたは、仕事、愛に根付いた人間関係、教会礼拝、天に宝を積む奉仕活動、救霊活動、祈祷など、バランス良い生活習慣を築いていませんか?

また、バランスを微調整しなくとも、今のままで、人生は何とかなると過信していませんか?

なぜなら聖書は、真理に背き続けて微調整しなければ、絶対に何とかなる訳がないと断罪するからです。何とか報われる人生だけがすべてではありませんが、永遠の神の子とされたあなたは絶対に報われる人生を選択した方が得策なのです。

14節 (14 それは、私たちの主イエス・キリストも、私にはっきりお示しになったとおり、私がこの幕屋を脱ぎ捨てるのが間近に迫っているのを知っているからです。)

「幕屋を脱ぎ捨てる」とは、「神の子」たちは近い将来、この世界の人生の旅を終えて、約束の新天地・天国行きの時が近づいているという意味になります。

・第二テモテ4:6~8

「私が世を去る時はすでに来ました。私は勇敢に戦い、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。今からは、義の栄冠が私のために用意されているだけです。かの日には、正しい審判者である主が、それを私に授けてくださるのです。私だけでなく、主の現れを慕っている者には、だれにでも授けてくださるのです。」

使徒ペテロは、将来、終わりを告げてしまうこの人生にばかり捕われ過ぎず、いつも、真理や神のみことばからのインスピレーションを耳を傾ける余裕と、神との大切な時間を造り出す賢さが重要だと、教え説いています。そして聖書は、ペテロは神のご計画と摂理を掴み取れたために、永遠に報われる人生を築けたと教え説くのです。

あなたは人生と死の真理や摂理から、目と耳を背け過ぎて、将来が不安な人生や満たされていないクリスチャンLIFEを生きていませんか?

なぜなら聖書は、どんなに、聖書(永遠の真理と摂理)のみことば、教会、主なる神様から目や耳を背けても、言い訳をしても、未来の刈り取りや死後の神様のジャッジの時は、必ずやって来ると教え説くからです。早かれ、遅かれ、あなたも目をさますしかないのです。

しかし、あなたの霊の目や耳は開かれていき、人生と死の真理と摂理であるみことばを重要視して、絶対に報われる人生を築けることを期待します。あなたの内なる聖霊は、そのための救い主だからです。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たして霊の目を開き、人生と死の真理と摂理であるみことばを第一にした、バランス良い生活習慣と人間関係を築けるようにして下さい。 そうすれば皆、絶対に報われる永遠の人生を築けるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り