• sgbc-devotion

第一ペテロの手紙5:12~14

Jesus said,

『あなたの罪は赦された』

『いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。全てに感謝しなさい』

『あなたの信仰があなたを救った』

2017年6月15日(木)

ディボーション聖句

第一ペテロの手紙5:12~14 12 私の認めている忠実な兄弟シルワノによって、私はここに簡潔に書き送り、勧めをし、これが神の真の恵みであることをあかししました。この恵みの中にしっかりと立っていなさい。 13 バビロンにいる、あなたがたとともに選ばれた婦人がよろしくと言っています。また私の子マルコもよろしくと言っています。 14 愛の口づけをもって互いにあいさつをかわしなさい。キリストにあるあなたがたすべての者に、平安がありますように。

[聖句メッセージ]

本日で、第一ペテロの手紙は全て終わりです。

それでは聖書から、この世で唯一神のカラダの役割りを果たせると、聖書で教え説いているキリストの教会力について探っていきましょう。あなたは、更に神のカラダなる教会の一部として正しく機能するようになり、数多く天に宝を積んで、今まで以上に大きな奇跡や恩恵を手に入れられます。これが聖書の教える教会の黄金律だからです。

12節 (12 私の認めている忠実な兄弟シルワノによって、私はここに簡潔に書き送り、勧めをし、これが神の真の恵みであることをあかししました。この恵みの中にしっかりと立っていなさい。)

「シルワノ」とは、使徒パウロと共に伝道旅行をしたことのあるローマ人「使徒シラス」と同一人物であると言われています。

尚、この第1ペテロの手紙を書いた十二弟子のペテロは、創造主なる神様から、おもにユダヤ人の教会宣教の牧師として立てられており、また「シルワノ」と伝道旅行をした使徒パウロは、おもに異邦人(ユダヤ人以外)の教会宣教の中心的牧師として働いていました。

このように聖書は、あなたの創造主なる神様は、あなたにどの国のどこの教会で、何を奉仕して、どういう人達を救い導いたり、証しすれば良いのか。また、どのような仕事をして、どう生きていけばBestなのか。具体的な使命、夢、ビジョンを与えながら導かれるお方だと、教え説きます。あなたの住んでいる国と都市や、あなたが繋がった教会、あなたの関わる人間関係、仕事、学校のすべては神の導きとご計画の中にあったと教え説くのです。

あなたは、あなたの住んでいる場所と繋がった教会で、どんな活動や奉仕をすべきなのか。また、あなたの関わる人間関係で誰を救い導くべきなのか。そしてどのような使命を持ち、どんな人生を築くべきなのか、しっかり掴めていますか?

聖霊の満たしを祈り求めましょう。聖霊に満たされれば、あなたは、あなたの住む場所と繋がった教会や、あなたの関わる人間関係において、何をすべきか、具体的な使命とビジョンを手にいれ、数多くの神の恩恵や奇跡を刈り取れると、約束するからです。

聖書は、成功的人生を築くのに重要なのは、何のために生き、どのような使命やビジョンをもって、何をすべきなのか、具体的に掴み取ることだと教え説くからです。ただ仕方なく、いたずらに生き続けては、人生の試練と苦難や死の恐怖に押しつぶされることになると、忠告するのです。

12節 (12 私の認めている忠実な兄弟シルワノによって、私はここに簡潔に書き送り、勧めをし、これが神の真の恵みであることをあかししました。この恵みの中にしっかりと立っていなさい。)

「シラス」と呼ばれていた、この「シルワノ」は、ペテロとパウロという情熱的な二人の牧師に教え育てられた、真の聖書信仰者でした。シルワノの生き様は、説得力のあるクリスチャンLIFEを築いていたので、周囲の人々を救い導いたり、神の奇跡をも表せたのです。

・ヤコブ書2:9

「もし人をえこひいきするなら、あなたがたは罪を犯しており、律法によって違反者として責められます。」

また聖書で「シルワノ」は、ペテロ牧師とパウロ牧師の二人に教育されてきましたが、2人のリーダーのどちらか一方をえこひいきせず、二人の牧師から語られたBible&メッセージと預言を素直に受け入れて、教会奉仕に全力を尽くすことで天に宝を積み、結果、数多くの神の恩恵や祈り以上の応答を手に入れられたと、教え説くのです。

また「シルワノ」は、使徒パウロとの伝道旅行に参加したクリスチャンでしたが、彼は他に仕事を持ちながらも福音宣教と教会奉仕をうまく両立させていた、まことのクリスチャンでした。

あなたは人をえこひいきし過ぎたり、仕事と教会奉仕、福音宣教の時間配分や労力のバランスを崩していませんか?

なぜなら聖書は、何事も片寄り過ぎることは罪悪であり、神の特別な恩恵や永続的な祝福と救霊者を獲得するのに重要なのは、バランスの取れた生活習慣だと忠告するからです。

・ルカの福音書16:10

「小さい事に忠実な人は、大きい事を任されるが、小さい事に不忠実な人は、大きい事にも不忠実です。」

13節 (13 バビロンにいる、あなたがたとともに選ばれた婦人がよろしくと言っています。また私の子マルコもよろしくと言っています。)

「マルコ」はユダヤ人で、マルコ福音書の著者です。

また「マルコ」は、使徒パウロを教え育てたバルナバの血縁の親戚であり、使徒ペテロから聖書教育されたクリスチャンでした。

「バビロン」とはメソポタミア地方の古代都市で、ユーフラテス川をまたぐ市域。

聖書で、「バビロン」は歴史的にはキリスト教のルーツとなるユダヤ教文化に対抗した大都市として知られており、神信仰に敵対した為に、後に退廃して滅んでしまった都市とされています。

このように聖書は、世界史も物語っていますが、聖書のみことばと神信仰者たちに,意味なく敵対する国、都市、人々の結末は破滅的に終わると忠告します。あなたの父なる神様は、まことの聖書信仰者、クリスチャンの味方となり続けて下さると、約束するのです。聖書は、もしあなたが、まことの聖書信仰に生きようと決断するのなら、あなたの敵対者は退けられると約束するのです。聖書信仰を生き様にするクリスチャンは、無敵な神様の特別な権威とみことばの後ろ盾を勝ち取れるのです。しっかり胸に書き記して下さい。

14節 (14 愛の口づけをもって互いにあいさつをかわしなさい。キリストにあるあなたがたすべての者に、平安がありますように。)

また聖書は、同じ教会に導かれたJesus Familyたちは、誰よりも大切に愛し合うべき存在であり、父なる神様が繋ぎ合わせた永遠の神の家族たちだと、教え説きます。Jesusの教会で繋がったJesus Familyたちは、父なる神様公認の大切な神の家族であると教え説くのです。

・マタイの福音書18:20

「二人または三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです。」

そして聖書は、父なる神様に集められた同じ教会の神の家族たちが、真心から信頼し合って、心一つで祈り合えれば、父なる神様を深く感動させることになり、Jesusのような驚く程の奇跡や祈り以上の応答さえも引き出せると、約束します。Jesusのように見えない敵に打ち勝てる教会力や神の特別な権威と、感動的な奇跡を引き出すのに重要なのは、教会内の兄弟姉妹愛だと教え説くのです。これらの神の摂理と真理を胸に記して、兄弟姉妹孝行していきましょう。

あなたとあなたの繋がっている教会のJesus Familyたちが心一つに祈れるようになっていき、Jesusのような不可能を可能にできる祈祷力と感動的な愛の御業を引き出せることを期待します。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆をJesusの愛と聖霊力で満たし、皆が教会のJesus Familyたちと心一つで祈れる信頼関係と祈祷力を増し加えて下さい。 そうすれば、皆と教会のJesus FamilyたちがJesusのような不可能を可能に出来る祈祷力や、感動的な愛の御業を引き出せるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。 AMEN!!!

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り