• sgbc-devotion

第一ペテロの手紙1:12~13

GOD said,

『あなたの罪は赦された』

『わたしのしもべは栄える』

『いつも、喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事に感謝しなさい』

2017年5月12日(金)

ディボーション聖句

第一ペテロの手紙1:12~13 12 彼らは福音を語ることが、自分たちのためではなく、あなたがたが救われるための奉仕であるとの神の啓示を受けました。そして今や、それらのことは、天から送られた聖霊によってあなたがたに福音を語った人々を通して、あなたがたに告げ知らされたのです。それは天の御使いたちもはっきり見たいと願っていることなのです。 13 ですから、あなたがたは、心を引き締め、身を慎み、イエス・キリストの現れのときあなたがたにもたらされる恵みを、ひたすら待ち望みなさい。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。 ・マタイの福音書22:37~40

「イエスは彼に言われた。『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』これがたいせつな第一の戒めです。『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』という第二の戒めも、それと同じようにたいせつです。律法全体と預言者とが、この二つの戒めにかかっているのです。」 12節 (12 彼らは福音を語ることが、自分たちのためではなく、あなたがたが救われるための奉仕であるとの神の啓示を受けました。そして今や、それらのことは、天から送られた聖霊によってあなたがたに福音を語った人々を通して、あなたがたに告げ知らされたのです。それは天の御使いたちもはっきり見たいと願っていることなのです。)

「彼ら」とは、世界人類の救霊のために福音宣教をしてくれた使徒やクリスチャンたちです。このように聖書は、世界人類の救霊のために福音宣教をしてくれた聖職者やクリスチャンたちが、神のみことばに従順に従う神愛と、あなたを含む世界人類を救おうとする隣人愛を大切に生きてくれたので、今や世界人口の三分の一以上の人々が洗礼を受けて救われたと教え説きます。聖書はこの福音宣教による生き様を、何よりも素晴らしい愛と勇気だと称賛しているのです。

あなたは、聖書が人生で何よりも大切な使命とは福音宣教だと教え説いていることをご存知でしたか? 神愛と隣人愛に基づく福音宣教を人生の第一の使命に掲げる人は皆、どんな祈祷課題も叶えられるほど、永遠にいく倍も報われると約束するのです。この聖書の教える人生と死の黄金律をしっかり、胸に書き記して下さい。 ・第二テモテの手紙4:2

「みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。寛容を尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また勧めなさい。」 このように聖書は、永遠なる裁きや死後の苦しみを逃れられたあなたには、周囲の人々に福音宣教をして救おとする愛の使命と、人生と死の真理であるみことばを教え伝える義務があると、教え説きます。この人生の使命を第一に生き続けられれば、何をしても、絶対報われる人生になれると約束するのです。内なる聖霊の満たしを祈り求めましょう。なぜなら聖書は、聖霊に満たされれば、あなたの生きる使命の優先順位が変えられていき、絶対報われる成功的な人生を築けると預言するからです。 ・エペソの手紙4:12

「教会は、聖徒たちを整えて奉仕の働きをさせ、キリストのからだを建て上げるためにあります。」 また聖書は、神の教会とは神様に選ばれし「神の子」たちに聖書のみことばを教えることで、人生と死の真理を教え諭し、個々の人格と聖霊力を養い育てる神教育の場所であると、教え説きます。また教会とは、この世界と神の国との太いパイプ役を務めたり、この世界で神様のカラダの役割を担う奉仕活動や、救霊活動をする為の愛の共同体だと教え説くのです。

あなたは、これらの教会の役割りやクリスチャンの奉仕活動の意味を忘れていませんか? 聖書は各自が与えられた人生での恵み、才能を出し合って、神の教会に貢献する人は皆、天に宝を積むことになり、必ずいく倍も報われる人生のチャンスを受けられると約束するからです。教会奉仕、献金、献品など、主なる神様に期待して喜んで、天に宝を積む愛の人は皆、絶対にいく倍も報われると約束するのです。聖霊の満たしを祈り求めましょう。あなたは、正しく天に宝を積める愛の人として用いられていき、結果、100倍もの恩恵も手にいれられるからです(マルコの福音書4:20)。 13節 (13 ですから、あなたがたは、心を引き締め、身を慎み、イエス・キリストの現れのときあなたがたにもたらされる恵みを、ひたすら待ち望みなさい。)

そして聖書は、日々の暮らしや平和な生活の恵みに慣れ切って、極度な平和ボケにおちいったり、マンネリ化のつまらない人生(クリスチャンLIFE)を築かぬようにと忠告しています。聖書は、日々のBible&メッセージから身を引き締めて、更にあなたに与えられる神の預言や使命に心の耳を傾けながら、近い将来、あなたに起こる主の御業に期待しながら、主とそのみことばを待ち望みながら生きるようにと、教え諭しているのです。なぜなら聖書は、平和ボケの暮らしやマンネリズムな生活は疲れ果てたり、退屈になるばかりで、いつの日か、人生の落とし穴に陥ると忠告しており、主なる神様のみことばと恵みを絶えず求め続ける者たちは、飢え渇かない人生力と聖霊力が注がれると、預言するからなのです。

あなたの生活は平和ボケ、マンネリズムに陥っていませんか? 聖書は、主のみことばに期待しながら、主を待ち望み続ける人生の恵みは満ち溢れていき、多くの隣人に与えてもあり余るほどに祝福されると約束するからです。 あなたの内なる聖霊の満たしを祈り求めましょう。やがて、あなたは周囲の人々に数多くの恵みと神の知恵を与えても、有り余るほどに祝福される人生になり変われるからです。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たして霊の目を開かせ、各自が与えられた才能や恵みを用いて、しっかり、天に宝を積める者たちとして下さい。 そうすれば皆、周囲の人々に与え続けても、有り余るほどの神の恵みや聖霊力を手に入れられるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。 AMEN!!

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り