• sgbc-devotion

第一ヨハネの手紙3:17~20

Bible said,

『神は愛です』

『あなたの罪は赦された』

『主の名を呼ぶ者は、みな救われる』

『主に不可能はありません』

2017年4月17日(月)

ディボーション聖句

第一ヨハネの手紙 3:17~20 17 世の富を持ちながら、兄弟姉妹が困っているのを見ても、あわれみの心を閉ざすような者に、どうして神の愛がとどまっているでしょう。 18 神の子どもたちよ。私たちは、ことばや口先だけで愛することをせず、行いと真実をもって愛そうではありませんか。 19 それによって、私たちは、自分が真理に属するものであることを知り、そして、神の御前に心を安らかにされるのです。 20 たとい自分の心が責めてもです。なぜなら、神は私たちの心よりも大きく、そして何もかもご存じだからです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きから、まことの神様があなたに求めていることを探っていきましょう。今日からあなたは、更に神の御心を知って愛を施す者となり、今まで以上に数多くの良い実を結べる人生になり変われることを期待します。

17節 (17 世の富を持ちながら、兄弟姉妹が困っているのを見ても、あわれみの心を閉ざすような者に、どうして神の愛がとどまっているでしょう。)

聖書は、人生での全ての恵み(個々の才能、健康、財産、役職地位、物質)は、神からの一時的な授かりもので、個人の栄光や快楽の為だけに用いるものではなく、本来は神愛と隣人愛に貢献する為の恵みだと、教え説きます。

聖書は、これらの人生での恵みは人生を賭けて追いかけ回したり、自慢に走れば、やがて虚しい人生を築くことになり、それらの恵みを使って神愛と隣人愛に投じられた時に、初めて、誇り高い幸福的人生を築けると教え説くのです。

また聖書は、人生でのすべての恵み(個々の才能、健康、財産、役職地位、物質)は、いつの日か、すべて手放して死ぬことになり、人は皆、肉体の死後、神の御元に連れて行かれて人生をどう生きたのか、神のジャッジ(審判)を受けることになると忠告するからです。

・ルカの福音書6:38

主イエスは言われた。「与えなさい。そうすれば、自分も与えられます。人々は量りをよくして、押しつけ、揺すり入れ、あふれるまでにして、ふところに入れてくれるでしょう。あなたがたは、人を量る量りで、自分も量り返してもらうからです。」

・使徒の働き3:5~8

「ペテロは、生まれつき歩けない、物乞いの人に『金銀は私にはない。しかし、私にあるものを上げよう。ナザレのイエス・キリストの名によって、歩きなさい』と御言葉を命じ、彼の右手を取って立たせた。するとたちまち、彼の足とくるぶしが強くなり、おどり上がってまっすぐに立ち、歩きだした。」

このように聖書は、もしあなたが神のみことば(真理)と隣人愛を大切に生きて、真心から施せる人生になり変われるのならば、あなたの人生は、必ず、心霊体共に満たされていくと約束します。出来る限り、神の愛の働きの奉仕をしたり、人生の艱難や飢えで苦しむ人々に施せる人は皆、いく倍も報われる人生になり変われると、教え説くのです。

ただ、聖書は日本のように飢える人々が少ない国では金銭を援助しようとする場合、隣人にとって、本当に生きたお金となるのかどうか、見極める事も重要だと教え説きます。また聖書は、金銭を分け与えたくとも与えられない人は、真心からの祈りや真理に伴う励まし(福音宣教)を送り続ければ良いと、教え説くのです。なぜなら聖書は、貧しい人々に食物や金銭を与えることで命を長らえさせる事が出来たとしても、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護による福音を知らずに死んで滅んでしまえば、ほとんど意味がないと、教え説くからなのです。聖書は、衣食住に恵まれて長生きするだけの人生よりも、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護による永遠の救いを受ける人生の方が、永遠の幸福につながると教え説くからです。肝に命じて下さい。

18~20節 (18 神の子どもたちよ。私たちは、ことばや口先だけで愛することをせず、行いと真実をもって愛そうではありませんか。19 それによって、私たちは、自分が真理に属するものであることを知り、そして、神の御前に心を安らかにされるのです。20 たとい自分の心が責めてもです。なぜなら、神は私たちの心よりも大きく、そして何もかもご存じだからです。)

また聖書は、神様のご招待で同じ教会に集められたJesus Familyたちとは、まことの神の家族愛と絆を育てながら生活することが何よりも重要だと教え説きます。神の造られた教会制度で、何よりも重要なのは宗教的な活動ではなく、真理と真実に基づいた兄弟姉妹愛と信頼関係を築くことだと教え説くのです。教会は、神のみことばと兄弟姉妹愛を核とできなければ、虚しいご利益宗教の集いに過ぎないと忠告するからです。

あなたは教会のJesus Familyたちと、真理と真実に基づいた深い絆と信頼関係を築くことを大切に生きていますか?

それとも、父なる神様に見放されてしまったパリサイ派たちのように、Jesusと弟子たちの深い信頼関係とは程遠い、宗教的つながり程度にとどまる自己満足をしていませんか?

なぜなら聖書は、真心から出来る限りの深い信頼関係を築こうとする神の家族たちと、宗教的つながり程度の教会関係者たちでは、神の偉大なる恩恵や救霊の実に大差が生じると、忠告するからです。あなたの神様はあなたの心の深みを探られて、報いを振り分けられるのです。肝に命じて下さい。

あなたがJesusたちのような、兄弟姉妹愛と深い信頼関係を築ける教会生活を送るようになり、Jesusのような神の奇跡や救霊の実を引き出せる人生になり変われることを期待します。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を神の愛と聖霊で満たして、Jesusと弟子たちのような真の神様の御力みなぎる愛の共同体「教会」を築けるようにして下さい。 そうすれば皆、 Jesusたちのような神の感動的な奇跡や救霊の実を数多く刈り取れるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。 AMEN!!!

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り