• sgbc-devotion

第一ヨハネの手紙3:14~16

✨⛪Happy Easter⛪✨

Jesus said,

『主に不可能はありません』

『あなたの病は癒された』

『あなたの罪は赦された』

『あなたの信じた通りになるように』

2017年4月16日(日)

ディボーション聖句

第一ヨハネの手紙3:14~16

14 私たちは、自分が死からいのちに移ったことを知っています。それは、兄弟姉妹を愛しているからです。兄弟姉妹たちを愛さない者は、死のうちにとどまっているのです。

15 兄弟姉妹を憎む者はみな、人殺しです。いうまでもなく、だれでも人を殺す者のうちに、永遠のいのちがとどまっていることはないのです。

16 キリストは、私たちのために、ご自分のいのちをお捨てになりました。それによって私たちに愛がわかったのです。ですから私たちは、兄弟姉妹のために、いのちを捨てるべきです。」

[聖句メッセージ]

昨日の続きから、まことのJesusの教会のあり方や、神の奇跡を揺り動かせるクリスチャンLIFEとは、どういう点が重要なのか探っていきましょう。

更にあなたは、まことの教会のあり方と神の奇跡を揺り動かせるクリスチャンLIFEを悟って、虚しい宗教から解放されていき、人知を遥かに超えた感動的な奇跡や堅固な神の援軍を手に入れられる人生になり変われることを期待します。

14節 (14 私たちは、自分が死からいのちに移ったことを知っています。それは、兄弟姉妹を愛しているからです。兄弟姉妹たちを愛さない者は、死のうちにとどまっているのです。)

このように聖書は、あなたと教会の兄弟姉妹たちは、主イエスの十字架上の身代わりの死と弁護による贖罪のおかげて、もうすでに神の子(天国人)とされており、永遠の苦しみと死後の滅びから救われていると約束してくれます。

そして聖書は、あなたとあなたが関わる教会の兄弟姉妹たちとは、父なる神様が選んでつなぎ合わせた永遠の神の家族だと、教え説くのです。信じるか、信じられないかはあなた次第。

しかし聖書は、あなたと教会の兄弟姉妹たちとは、同じ父なる神様が選別してつなぎ合わせた、肉体の死後も永遠にそばにいる 特別な家族(神の家族)たちだと、はっきり教え説くのです。

・ヨハネ福音書13:34~35

「教会にいるあなたがたに新しい戒めを与えましょう。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。もし互いの間に愛があるなら、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、すべての人が認めるのです。」

そして聖書は、神の聖霊力に満ちた、本物の教会形成に重要なのは、教会の兄弟姉妹たちをいかににして受け入れ、信頼し合えるかに懸かっていると教え説きます。まことの教会形成で、何よりも重要なのは神学と律法主義ではなく、Jesusの十字架信仰に基づく愛と信頼関係だと教え説くのです。

あなたは、Jesus信仰の本質から外れて、虚しい宗教生活を強いられていませんか?

聖書は、神様が集めた教会の兄弟姉妹たちが 主イエスの十字架と聖書のみことばを土台にしながら、深い絆と友愛関係を築いていくことこそが 、まことの神の御力溢れるクリスチャンLIFEだと教え説くからです。

14節 (14 私たちは、自分が死からいのちに移ったことを知っています。それは、兄弟姉妹を愛しているからです。兄弟姉妹たちを愛さない者は、死のうちにとどまっているのです。)

聖書は、教会の人間関係とは主イエスが与えた霊的家族関係であり、教会の兄弟姉妹たちを愛して信頼しようとする行為こそが、その紹介者である神様を絶対的に信頼して愛する行為そのものだと、教え説くのです。そしてJESUSは、ご自分のようにある意味バカになって、教会の兄弟姉妹たちを特別に扱うことで、深い友愛関係と絆を築き、同じ信仰とみことばで心一つに祈るれる共同体を目指すように教え説いたのです。

また聖書は、真心から教会の仲間達2~3人と同じビジョンで祈る祈りは、神の奇跡を呼び起こせると約束しています。この聖書の黄金律をしっかり胸に書き記して下さい。なぜなら聖書は、教会の仲間達と真の友愛関係を築けない人には大きな恵みは期待出来ないと忠告するからです。

God is Love.

神様は教会の兄弟姉妹愛を通して表れるからです。

・第一コリントの手紙12:13

「なぜなら、私たちはみな、ユダヤ人もギリシヤ人も、奴隷も自由人も、一つのからだとなるように、一つの御霊によってバプテスマを受け、そしてすべての者が一つの御霊を飲む者とされたからです。確かに、からだはただ一つの器官ではなく、多くの器官から成っています。」

・マタイの福音書18:18

「もし、あなたのことばを聞き入れないなら、ほかにひとりかふたりをいっしょに連れて行きなさい。ふたりか三人の証人の口によって、すべての事実が確認されるためです。それでもなお、言うことを聞き入れようとしないなら、教会に告げなさい。教会の言うことさえも聞こうとしないなら、彼を異邦人か取税人のように扱いなさい。まことに、あなたがたに告げます。何でもあなたがた教会が地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、あなたがた教会が地上で解くなら、それは天においても解かれているのです。」

15節 (15 兄弟姉妹を憎む者はみな、人殺しです。いうまでもなく、だれでも人を殺す者のうちに、永遠のいのちがとどまっていることはないのです。)

そして聖書は、主イエスが紹介して会わされた教会のJesus Familyたちは、同じ神のカラダなる教会の一部同志であり、特別な存在だと教え説きます。ですから聖書は、クリスチャン同志で憎しみ合って和解しようとしない人は、人生につまづくと警告するのです。同じ教会のJesus Familyたちと問題や誤解が生じた時、速やかに話し合って、祈り解決しようとすることこそがJesus信仰だからです。しかしJesusは、もし相手方に和解する気がないのなら言い争わず、祈り委ねて放って置き、共倒れしないようにも教え説かれたのです。

そして聖書は、もしあなたに大きな夢やビジョンがあるのならば、そして、助けたい知人や家族がいるのならば、共に礼拝してきた教会の神の家族たちから祈りの友を2~3人育てて、結束して祈るように教え勧めています。なぜなら聖書は、心を一つに祈れるJesus Family関係造りこそが、揺るがぬ幸福と願いを刈り取れる教会力に必要不可欠だと、教え説くからです。

16節 (16 キリストは、私たちのために、ご自分のいのちをお捨てになりました。それによって私たちに愛がわかったのです。ですから私たちは、兄弟姉妹のために、いのちを捨てるべきです。」)

また聖書は、教会のJesus Familyたちの為に、時間、労力、ネガテイブな感情を犠牲にできない、自分勝手で孤立するクリスチャンの祈祷力ほど弱々しく、説得力のない宗教生活はないと忠告します。しかし、同じ神のカラダを形成している教会のJesus Familyたちの祈祷力は、あなたの人生の最大な武器になり変われるのです。肝に命じて下さい。

・マタイ福音書18:19~20

「まことに、あなたがたにもう一度、告げます。もし、あなたがたのうちふたりが、どんな事でも、地上で心を一つにして祈るなら、天におられるわたしの父は、それをかなえてくださいます。ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです。」

近い将来あなたは、どんな願いも叶えられる祈りの友を2~3人育てられることを信じます。これが聖書の勧めであり、Jesusの約束だからです。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たして、神愛と兄弟姉妹愛に基づくJesus信仰を確立させ、過去に受けた全ての傷を癒し、心中にある憎しみ、怒り、ねたみなど、神様の祝福を妨げる、全ての思いから開放して下さい。お願いします! そうすれば皆、更に神様からの感動的な奇跡や良い実を引き出せるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。 AMEN!!!

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り