• sgbc-devotion

第一ヨハネの手紙2:27~29

Jesus said,

『あなたの罪は赦された』

『あなたの信じた通りになるように』

2017年4月10日(月)

ディボーション聖句

第一ヨハネの手紙2:27~29 27 あなたがたの場合は、キリストから受けたそそぎの油があなたがたのうちにとどまっています。それで、だれからも教えを受ける必要がありません。彼の油がすべてのことについてあなたがたを教えるように、その教えは真理であって偽りではありません。また、その油があなたがたに教えたとおりに、あなたがたはキリストのうちにとどまるのです。 28 そこで、子どもたちよ。キリストのうちにとどまっていなさい。それは、キリストが現れるとき、私たちが信頼を持ち、その来臨のときに、御前で恥じ入るということのないためです。 29 もしあなたがたが、神は正しい方であると知っているなら、義を行う者がみな神から生まれたこともわかるはずです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きから、創造主なる神様のLove Callに心の耳を傾けてみましょう。更にあなたは、内なる聖霊(Holy Spirit)を意識して、必要な神の知恵と約束を手にいれられます。なぜなら、それこそが、心を尽くして神のみことばに心を傾けられる人々に与えられる神の約束だからです。

・ルカ福音書11:13

「あなたがたも、悪い者ではあっても、自分の子どもには良い物を与えることを知っているのです。とすれば、なおのこと、天の父なる神様が 祈り求める人たちに、どうして聖霊を下さらないことがありましょう。」

・ヨハネの黙示録2:17

「耳のある者は、神の御霊が諸教会に言われることを聞きなさい。主は勝利を得る者に隠れたみことばのマナを与えるからだ。」

27節 (27 あなたがたの場合は、キリストから受けたそそぎの油があなたがたのうちにとどまっています。それで、だれからも教えを受ける必要がありません。彼の油がすべてのことについてあなたがたを教えるように、その教えは真理であって偽りではありません。また、その油があなたがたに教えたとおりに、あなたがたはキリストのうちにとどまるのです。)

「キリストからの受けたそそぎの油があなたがたの内にとどまっている」とは、Jesusの十字架信仰を受け入れたあなたは間違いなく、あなたの全ての問題を解決できるみことばを解き明かせる聖霊(神の霊感)力が注がれていると教え説きます。

聖書は、もしあなたが、たとえどんな過ちを犯したとしても、主イエスの十字架信仰ゆえに、全ての罪悪と過ちはゆるされることになり、神の教会から語られるみことばと祈祷力さえ備わるのなら、人生の助け主で、不可能を可能にできる神の霊感と直感(聖霊力)が働いてくれると、約束してくれます。ですからあなたは、何があっても気力を落とさず、神のカラダなる教会に繋がり続けられれば良いだけだと教え説くのです。この神の国の保証する黄金律を胸に書き記して下さい。主のみことばと神のカラダなる教会に期待する者は、必ず成長し、大きな恩恵を勝ち取れるからです。

・ローマ書8:25~26

「もし、まだ見ていないものを望んでいるのなら、私たちは、忍耐をもって熱心に待ちます。聖霊も同じようにして、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、どのように祈ったらよいかわからないのですが、聖霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。」

そして聖書は、以下のような思考と想像力こそが、山をも動かせる信仰に繋がると約束してくれます。

「近い将来、私は必ず、堅固な成功的人生を勝ち取る為のみことばの約束と預言を受け取れる。そして、私は100%効かれる祈祷力を内なる聖霊と神のカラダなる教会を通して与えられるはずだ!」

これらの聖書の黄金律を堅く信じて、Jesusの十字架を仰ぎ見ながら教会で天に宝を積み続け、ただ忍耐して待ち望む者は皆、必ず神の御声と祈り以上の応答を刈り取れるのです。このまことのクリスチャンLIFEをしっかり、胸に書き記して下さい。

あなたは、Jesusの教えたこれらの聖書の黄金律、まことのクリスチャンLIFEを築こうとしていますか?

それとも、的外れな虚しいご利益宗教に走っていませんか?

なぜなら聖書は これらの点が非常に重要であり、神の聖霊力と報いの大差が生じると預言するからです。

28~29節 (28 そこで、子どもたちよ。キリストのうちにとどまっていなさい。それは、キリストが現れるとき、私たちが信頼を持ち、その来臨のときに、御前で恥じ入るということのないためです。29 もしあなたがたが、神は正しい方であると知っているなら、義を行う者がみな神から生まれたこともわかるはずです。)

また聖書は、人生は人間が思う程には長くなく、また人生の大チャンスもそうはないと忠告します。その為、いつ内なる聖霊と神の教会から人生を勝ち取れるBIGチャンスの御声や祈りが語られるのか。また、自分の生活習慣は本当にJesusの教えるみことばにとどまっているのか、日々与えられる信仰のみことばで善悪を見極め続けるようにと、忠告しているのです。

あなたの霊の目は醒めており、現在、Jesusのみことば(真理)にとどまっていると言えますか?それとも、周囲や環境に流され過ぎてしまって、何よりも重要な神の御声やとりなしの祈りを聞き逃していませんか?

しかし、今日からあなたはJesusの忠告に耳を傾けられるようになり、内なる聖霊と神のカラダなる教会にしっかりと繋がって、何よりも重要な神の約束ととりなしの祈りを手に入れられる神の子(キリスト者)になり変われることを期待します。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たして、聖書の黄金律とJesusの忠告で霊の目を開かせ、まことのクリスチャンLIFEを築かせて下さい。 そうすれば皆、何よりの人生の武器となれる神のみことばの約束と預言や、神のカラダなる教会のとりなしの祈りを手に入れられるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。 AMEN!!!

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り