• sgbc-devotion

第一ヨハネの手紙1:8~10

Bible said,

『もし、あなたがたのうちふたりが、どんな事でも、地上で心を一つにして祈るなら、天の父は、それをかなえてくださいます。』

『あなたが主を呼ばわれると「わたしはここにいる」と主は仰せられる。』

2017年3月31日(金)

ディボーション聖句

第一ヨハネの手紙 1: 8~10

8 もし、自分に罪はないと言うなら、私たちは自分を欺いており、真理は私たちのうちにありません。

9 しかし、もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。

10 もし、自分は罪を犯してはいないと言うなら、私たちは神を偽り者とするのです。そういう人は神のみことばを ないがしろにする人なのです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

では、聖書の教える「罪」について探っていきましょう。あなたは、更に自分の的外れ(罪)な人生や誤りを自覚するようになって、Jesusの十字架力と神の聖霊力を手にいれられると信じます。Jesusの十字架力を真心から悟って、人生と生活習慣のズレを修正しようとする者だけが、神の聖霊力に満たされていき、数多くの神の御業や感動的な奇跡を任されるのです。

8節 (8 もし、自分に罪はないと言うなら、私たちは自分を欺いており、真理は私たちのうちにありません。)

聖書は、人は皆、不完全な「罪人」だと教え説きます。その「罪」とは、どういう意味なのか再確認してみましょう。

聖書の「罪人」というみことばには、原語のギリシャ訳聖書を調べると「的はずれな思考と的が外れた人生を歩む人」という意味があるのです。聖書の言う「人は皆は、罪人である」とは「人は皆、本来、歩むべき生き方ができずに、まことの人生の道や生きる目的(真理)から外れてしまっている」という意味になるのです。

あなたは自分自身の的外れな思考と生活習慣や人間関係のあり方に気づけていますか?

聖書は、まことの正しい価値観と本来の生きる目的や、人生と死の意味と真理を教え諭せる、全人生の取扱説明書。聖書は、日々のBible&メッセージから人生と死の真理を吸収して、生活習慣と人間関係を築いていけば、神の国や世界中どこに行っても成功的人生を築けると約束するのです。胸に書き記して下さい。

また聖書は、創造主なる神様は、世界人類で何よりも大切な物事とは「神愛と隣人愛」に基づく思考と生き様だと教え説きます。聖書は、人間は神の存在とそのみことばを敬愛して畏れることで、自分自身の思考や人生の誤りを省みながら、隣人愛を大切に生きようとする時、心霊体が健康体となっていき、それぞれが自分らしい揺るがぬ幸福を手に入れて、より多くの良い実を結べる成功的人生を勝ち取れると教え説きます。それが本来の人生のあり方、そして永遠に揺るがない人生の道(真理)だと教え説くのです。

現在のあなたは、何を一番大切にして生きていますか?

また、あなたは何のために生きており、どこに向かおうとしていますか?

聖書は 全人生に生きる目的と絶対的な使命を与えられる、全人生への神様のご計画書。聖書は、日々のBible&メッセージから人生と死の深い意味と真理さえ掴み取れれば、絶対的な使命とまことの夢が見つかることになり、神や誰もが認めるまことの勝利者(成功者)になれると約束するのです。胸に書き記して下さい。

また聖書は、人間は個々の欲望や政治経済の成果を成し遂げる為に生きているのではないと、はっきり忠告しています。聖書は、何より人生で大切なのは、生命と人生の恵みを与えてくださった創造主なる神様への敬愛心と、周囲への隣人愛であると教え説くからです。

そして聖書は、創造主なる神様の御心(真理)と隣人愛を軽視した行き過ぎた経済活動や、個々の貪欲は、一部の人間や関わる組織だけを富ませたり便利にするだけで、結局行き過ぎた格差社会(餓死、貧困、差別)や争い(闘派心、戦争)、冷酷な社会(人心と人命への無関心)を生み出す大きな要因になっていると教え説くのです。聖書は個々の欲望や政治経済活動だけが、人生の目的であってはならないと忠告しており、それらは人生の目的のホンの一部でしかないと忠告するのです。胸に書き記して下さい。

9節 (9 しかし、もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。)

そして聖書は、日々のBible&メッセージから、あなたの生きる目的やビジョンにズレが見つかる時は、人生の未来と肉体の死後の神のジャッジを刈り取る前に、神の御前(祈り)やJesus Familyたちに告白して、生きる目的と生活習慣のズレや優先順位を修正することが重要だと教え説きます。あなたの父なる神様は、悔いた、砕かれた心霊を大切に扱われるのです。

あなたの生きる目的とビジョンは、真理に沿った本物ですか?

また、あなたの生活習慣の優先順位は真理に沿ったものですか?

それとも、的外れな人生の目的やビジョンをいつまでも握り締めてしまったり、生活習慣の優先順位がズレてしまって、未来の神の祝福と幸運を手放そうとしていませんか?

これらの点を日々のBible&メッセージから吟味することも重要です。

・ヤコブ書5:16

『ですから、あなたがたは、互いに罪を言い表し、互いのために祈りなさい。いやされるためです。義人の祈りは働くと、大きな力があります。』

このように聖書は、まことの神様に認められて祝福を受けられる義人とは、自らの人生と生活習慣での罪悪や過ち(ズレ)を認めて言い表し、隣人愛に生活習慣を切り替えられる人だと教え説きます。聖書は、こういう人の祈りは数多く聞かれると預言するのです。

10節 (10 もし、自分は罪を犯してはいないと言うなら、私たちは神を偽り者とするのです。そういう人は神のみことばを ないがしろにする人なのです。)

また聖書は、自分はいつも聖書のみことばに忠実であり、隣人愛も大切に生きられているので、大した罪悪や真理によるズレは見当たらないと語る人は注意すべきだと忠告します。なぜならそういう人は、自分は神のように完全であると過信し過ぎており、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護を受けずとも、人生と死後も幸せになれると思い上がった神の敵対者になる可能性があると忠告するからなのです。聖書は全人生に個々の罪悪や過ちを見つけさせ、まことの善悪を教え諭せる全人生をジャッジできる神の書物。日々のBible&メッセージから自分の罪悪や過ちを探し出して、神の教会内や隣人を救うために証し(告白)できる人の祈りは、神の絶大なる祈りの応答を受けられるのです。

あなたは神の栄光(Jesusの十字架力)を表す為と、周囲の人々に真理を教え諭して救い導くためにも、自分の人生や生活習慣での罪悪や過ちをしっかり証しできていますか?

それとも、自分の罪悪や過ちを隠そうと、いつも自分の良いところばかり見つけて証しするご利益宗教の罠に陥っていませんか?

聖書は、自分の良いところばかり証しする人たちよりも、自分の人生や生活習慣の罪悪や過ちを教会のJesus Familyたちや求道者たちに、しっかり告白(証し)できる人たちの方が、不可能を可能にできるJesusの十字架力と祈祷力が圧倒的に強力だと教え説くからです。胸に書き記して下さい。私たちの弱さと恥や苦しみの中にJesusの十字架力と奇跡力は隠されているからです。

あなたの人生での罪悪や過ちの告白によって、より多くの魂が不可能を可能にできるJesusの十字架力と祈祷力を手に入れられることを期待します。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆がBible&メッセージからまことの善悪や人生での的外れを見つけ出して、Jesusの十字架の御前と隣人愛のために、恐れずに証しできるようにしてください。

そうすれば皆、Jesusの不可能を可能にできる十字架力と圧倒的な祈祷力を手に入れられるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り