• sgbc-devotion

ユダの手紙1:9~10

GOD said,

『あなたの罪は赦された』

『わたしのしもべは栄える』

『いつも、喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事に感謝しなさい』

2017年3月23日(木)

ディボーション聖句

ユダの手紙1:9~10

9 御使いのかしらミカエルは、モーセのからだについて、悪魔と論じ、言い争ったとき、あえて相手をののしり、さばくようなことはせず、「主があなたを戒めてくださるように」と言いました。

10 しかし、この人たちは、自分には理解もできないことをそしり、わきまえのない動物のように、本能によって知るような事がらの中で滅びるのです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

9節 (9 御使いのかしらミカエルは、モーセのからだについて、悪魔と論じ、言い争ったとき、あえて相手をののしり、さばくようなことはせず、「主があなたを戒めてくださるように」と言いました。)

このように聖書は、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護を信じることで、神と和解できた「神の子」たちを守ろうとする天使や御使いが存在しており、その他に、世界人類を永遠の不幸と滅びに追いやろうとする、見えない敵(悪魔、悪霊)が存在していると、教え説きます。では、これらの目には見えない霊的真理について、探っていきましょう。そしてあなたは、更に目に見えない霊的真理(神の摂理)を知るようになり、今までの人生での悪循環と不運を幸運に変えられる神の恵みと祈りを手にいれられることを信じます。これが聖書の教える、人生の黄金律だからです。

9節 (9 御使いのかしらミカエルは、モーセのからだについて、悪魔と論じ、言い争ったとき、あえて相手をののしり、さばくようなことはせず、「主があなたを戒めてくださるように」と言いました。)

「御使い・ミカエル」とは、神様が人間を助けて仕える為に、神様が創造された天使たちのリーダー的存在だと、教え説きます。「ミカエル」は ヒブル語の原語で「誰が神様のようになれようか」という意味があり、こんにちの英語の名前「マイケル Michael」やフランス語の名前「ミシェル Michel」は、この天使ミカエルの名前が由来となっています。

・ダニエル書12:1

「その時、あなたの国の人々を守る大いなる君、ミカエルが立ち上がる。国が始まって以来、その時まで、かつてなかったほどの苦難の時が来る。しかし、その時、あなたの民で、あの書にしるされている者はすべて救われる」

このように聖書は、天使ミカエルは、父なる神様から特別な霊的権威と神の特別な権能を任された天使長(天使のリーダー)であり、特に各国の戦争、大飢饉、歴史的自然災害など、大きな苦難の国民たちを救う為に、大きな神の働きをする大天使だと、教え説きます。

聖書は、大地震による自然災害などの問題多き日本にも、この天使長ミカエルが派遣されることになり、これから多くの日本人たちがJesusを知って救われたり、世界中のクリスチャンたちから様々な援助を受けることになると預言するのです。大切な国、日本が大地震などの自然災害などから守られるように、本物の神の愛に満ちた国となるように祈ることも重要です。

・ルカの福音書10:17

「使徒達は、言った。『主イエス様、あなたのお名前を使うと、悪霊さえもわたしたちに屈服します』」

・ローマの手紙12:19~21

『愛する人たち。自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい。それは、こう書いてあるからです。「復讐はわたし・神のすることである。わたし・神が報いをする、と、主なる神様は言われる。」もしあなたの敵が飢えたなら、彼に食べさせなさい。渇いたなら、飲ませなさい。そうすることによって、あなたは彼の頭に燃える炭火を積むことになるのです。悪に負けてはいけません。かえって、善をもって悪に打ち勝ちなさい。』

10節 (10 しかし、この人たちは、自分には理解もできないことをそしり、わきまえのない動物のように、本能によって知るような事がらの中で滅びるのです。)

このように聖書は、あなたが平安を失って心騒ぐ時、いらだつ時、人を許せない時に、感情や本能に任せず、真心から神への讃美歌を歌って、主イエス(Jesus)のお名前で悪い流れを打ち消す(悪い霊を叱るような)祈りと宣言をできれば、全ての流れは必ず良くなると、約束してくれます。聖書は、主イエスのお名前を呼ぶ祈りは、この世界で他のどんな力よりも、厄除けと魔除けや癒しの効力があると、約束するからです。

また聖書は、あなたが他者に苦しめられたり裏切られた時、感情や本能に任せることをやめて、Bibleのみことばに信頼してJesusのお名前で祈り委ねれば、神様はあなたの味方になって、あなたの代わりに必ず報いて下さると約束してくれます。

聖書は、もしあなたが、日々のBible&メッセージを大切に自制しながら祈り続けるのなら、あなたの敵などいなくなると、約束するのです。あなたを苦しめた人々や苦手な人々を感情や本能に任せずに許すことを選択して、神様に祈り明け渡されることをお勧めします。そうすれば、あなたの神様はあなたの心霊を癒し、全ての人間関係の在り方を ベストに微調整して下さるからです。しっかり胸に書き記して下さい。

あなたの父なる神様は、感情や本能に任せることをやめて、Bible&メッセージを大切に自制しようとする人々とJesusのお名前を呼び続ける人々の味方になって下さるのです。

あなたが神様と天使を味方につけられる生活習慣になり変われることを期待します。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を天使に守らせ、見えない敵(悪魔,悪霊)の誘惑と攻撃に気づかせて下さい。 そして主よ、皆に日々のBible&メッセージを吸収させて、感情や本能に任せずに自制できるようにして下さい。 そうすれば皆、全ての問題や人間関係がより良くなり、万事がうまくいきだすからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。 AMEN!!!

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り